ピックアップ!5月前半に開催される城イベント・展覧会

5月に入ると肌寒くなるような日も徐々に少なくなり、温かな陽気の行楽日和が続きそうですね。令和という新時代を迎え、各城でも様々なイベントが催されるようです。首里城では「首里城公園GWスペシャル2019」という大型連休まっただ中にふさわしく様々な体験イベントが行われているほか、富山城では「描かれた富山ゆかりの武将たち」といった企画展も行われています。

首里城/沖縄県那覇市】首里城公園GWスペシャル2019

首里城、里之子くん
イベントでは、首里城オリジナルキャラクター「里之子くん」がお出迎え(国営沖縄記念公園 首里城公園提供)

たのしい!そうだったんだ!がいっぱい!

首里城公園にて、GWに大人から子供まで楽しめる様々な体験イベントが開催されます。沖縄の伝統工芸である紅型(びんがた)についての歴史や作業工程の解説を聞きながら進めていくオリジナルコースターづくりや、無料で参加できるぬりえ体験、ペーパークラフトの組み立て等も体験できます。さらに園内ではクイズラリーも開催。園内を散策しながらクイズに答えて、抽選会への参加券をゲットしましょう!

【首里城公園GWスペシャル2019】
開催日:2019年4月27日(土)〜2019年5月6日(月・振休)
開催時間:8:00〜19:00
開催場所:首里城公園
料金:参加無料(別途入館料[一般820円、高校生620円、小中学生310円、6歳以下無料])


大阪城(大坂城)/大阪府大阪市】ぶらりお城巡り

大阪城、歴史講座
歴史講座では、伏見城や大津城など、大阪・京都・滋賀の街道沿いにある城にスポットが当てられる(大阪城天守閣提供)

京街道の魅力を再発見!

大阪城天守閣と京阪ホールディングのコラボイベント。歴史講座である「ぶらりお城巡り」は城や街道の歴史が全6回にわたって解説されます。町歩きイベントである「歴史ガイドウォーク」では学芸員などを務める歴史案内人とともに、城郭や地域の文化などの魅力を感じることができます。


【ぶらりお城巡り】
開催日:2019年4月27日(土)〜2020年3月
開催時間:イベントごとに異なります。詳細はHPを確認して下さい。
開催場所:京阪電鉄なにわ橋駅アートエリアB1ほか
料金:「歴史講座」:参加無料「歴史ガイドウオーク」:参加費1000円

吉野ヶ里/佐賀県神埼郡】熱気球から遺跡展望

吉野ヶ里、熱気球
遺跡群を見渡す「ひみか号」

上空から弥生時代の遺跡を一望!

日本最大級の弥生時代の遺跡・吉野ヶ里遺跡を、熱気球「ひみか号」に乗って見学するイベントです。弥生時代の面影を大いに残す景色を一望できる、またとない機会をお見逃しなく!

【熱気球から遺跡展望】
開催日:2019年5月11日〜5月19日の土日
開催時間:9:00〜16:00
開催場所:吉野ヶ里歴史公園
料金:無料(別途入園料:一般460円)

富山城/富山県富山市】企画展「描かれた富山ゆかりの武将たち」

富山城、企画展
企画展では、武将たちを描いた肖像画や浮世絵などが展示される(富山市郷土博物館所蔵)

戦国の英雄たちの知られざる富山とのつながり

江戸時代から明治時代にかけて浮世絵版画や和本などで描かれた、中世の武将たち。この企画展では、その中でも富山にゆかりを持つ武将たちについて取り上げます。あまり一般的には知られていない、上杉謙信、石田三成など名だたる武将たちと富山との繋がりについて理解を深める機会となっています。

【企画展「描かれた富山ゆかりの武将たち」】
開催日:2019年4月20日(土)〜2019年7月7日(日)
開催時間:9:00〜17:00
開催場所:富山市郷土博物館
料金:大人210円、高校生以下無料

宇和島城/愛媛県宇和島市】伊達なうわじまお城祭り

宇和島城、伊達なうわじまお城祭り
宇和島城天守と武者行列(伊達なうわじまお城まつり事務局提供)

伊達十万石の歴史がここに蘇る

宇和島伊達家は、明治維新まで「西国の伊達」として伊予宇和島十万石を治めました。伊達家が居城とした宇和島城(天守)は現存12天守の一つであり、その美麗な姿は国の重要文化財に指定されています。宇和島市では、この宇和島伊達十万石の城下町として栄えてきた歴史や文化、伝統の魅力を誇りとし、まつりで秀宗公の宇和島入部を再現する「秀宗公入部伊達五十七騎大武者行列」を開催。このほかステージイベントなどが実施されます。

【伊達なうわじまお城祭り】
開催日:2019年5月4日(土)〜2019年5月5日(日)
開催時間:4日11:00〜20:00、5日10:00〜15:30
開催場所:宇和島城天守、城山公園ほか
料金:入場無料

桜の季節は終わってしまいましたが、いよいよ春らしい温かさでお外へのお出かけが心地よい時期になってきました。長期連休ということもあり、少し遠出してみませんか?


執筆者/かみゆ歴史編集部(原田郁未)
「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。