日本100名城 現存12天守

うわじまじょう

宇和島城

愛媛県宇和島市

別名 : 鶴島城

投稿する
宇和島城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

まっつん

VRアプリで建造物復元 (2018/09/17 訪問)

今回で2度目の訪城です!
スマホにVR宇和島城というアプリをダウンロードして使ってみました。
スマホを覗き込むと、そこには御殿や藤堂高虎時代の慶長天守が復元されていて、こういうアプリを使うのは初めてでしたが、こういう城の楽しみ方もあるのだと知りました!

+ 続きを読む

Zackt

雨が降り始め (2018/09/08 訪問)

四国城巡り3番目

+ 続きを読む

丹羽長重

結構な山 (2017/08/14 訪問)

四国旅行の3日目に行きました。
現存天守のあるお城だからそれほどの山城ではないであろうと思っていました。その考えが甘かったです。
結構登りました。
お城が平和な時代に作られたこともあり、天守には狭間や石落としなどがなく、美にこだわった天守でした。また、最上階の天井には板がはられていて柱がむき出しな戦国時代の天守とは少しちがいました。
戦のある時代に作られたお城もいいですが平和な時代に作られたお城もいいと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ビールおいちゃん

中学生たちの。 (2016/04/29 訪問)

写生大会の会場でした。
城のある暮らし・・・うらやましい限りです。

+ 続きを読む

概要

中世の山城・板島丸串城を藤堂高虎が近世城郭化。高虎が造った天守は三重三階の望楼型だったが、現存しているのは伊達宗利が建てた層塔型。防衛用の狭間も石落もなくなり、千鳥破風や唐破風など装飾性の高い天守に仕上がっている。また、時代や技法の異なる石垣が城内の各所で見られるのも特徴的。

イベント情報

  • 2018年09月15日(土)~2018年11月25日(日)

    宇和島城

    特別展「古地図で楽しむ伊予」

    江戸時代に作成され、旧藩から愛媛県に引き継がれた古地図が一堂に会する特別展です。伊予の各藩が協力して作成した「伊予国絵図」や「宇和島城下絵図」、幕末に宇和島藩が作成した村絵図などが展示されます。最大級の伊予国絵図から村絵図まで、マクロやミクロの視点で対象を捉えた美しい古地図の数々を楽しんでください。開館時間:9:00〜17:30(入館は17:00まで)。観覧料:(特別展のみ)大人450円、65歳以上・小中学生230円、(特別展・常設展共通観覧料)大人680円、65歳以上340円、小中学生230円。

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長元年(1596)
築城者 藤堂高虎
主要城主 藤堂氏、富田氏、伊達氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財1件
近年の主な復元・整備 平成9年から石垣修復(二の丸は終了、本丸と三の丸は継続中)、平成7年に天守修理
天守の現況・形態 層塔型 三重三階 木造(現存)
主な関連施設 城山郷土館(城山内)、宇和島市立伊達博物館
主な遺構 天守、上り立ち門、本丸、二の丸、藤兵衛丸、長門丸、代右衛門丸、井戸丸、石垣
住所 愛媛県宇和島市丸之内1
問い合わせ先 宇和島市教育委員会文化課
問い合わせ先電話番号 0895-49-7033