日本100名城 現存12天守

うわじまじょう

宇和島城

愛媛県宇和島市

別名 : 鶴島城

投稿する
宇和島城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

とりの子

時を越えて生き残る天守 (2019/04/28 訪問)

4月28日に宇和島城へ行きました。ぼくの大好きな藤堂高虎が築いた城です。天守の中の階段が急なので、要注意です。

+ 続きを読む

橋吉

鯛めし (2017/01/07 訪問)

大洲から車で1時間でした。
桑折長屋門前には市営城山下駐車場があり、そこに駐車しました。
駐車場向いにある、日本料理店 一心で鯛めし定食をいただきましたが絶品です。
なお、市営駐車場1時間分100円のサービス券をいただきました。

桑折長屋門から登城し、城山郷土館を経た後に、本丸へ
日本百名城スタンプは天守1Fのテーブル上にあります。入口から入って右手です。
帰りは南登山口に向けて降りていきました。

+ 続きを読む

スプラNNNN

すごいぃぃ (2018/07/28 訪問)

景色がよかった。

+ 続きを読む

街道おじさん

宇和島城登城 (2019/08/09 訪問)

現存12天主の一つ。以前から行きたかったが、宇和島は遠い。
今回頑張って行ってみた。頑張って良かった!
層塔型の天守は青空に映えて誠に美しかった。
宇和島は最近読んだ司馬遼太郎の小説『花神』にも登場したので
こうした点でも興味深かった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

中世の山城・板島丸串城を藤堂高虎が近世城郭化。高虎が造った天守は三重三階の望楼型だったが、現存しているのは伊達宗利が建てた層塔型。防衛用の狭間も石落もなくなり、千鳥破風や唐破風など装飾性の高い天守に仕上がっている。また、時代や技法の異なる石垣が城内の各所で見られるのも特徴的。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 慶長元年(1596)
築城者 藤堂高虎
主要城主 藤堂氏、富田氏、伊達氏
文化財史跡区分 国指定史跡、重要文化財1件
近年の主な復元・整備 平成9年から石垣修復(二の丸は終了、本丸と三の丸は継続中)、平成7年に天守修理
天守の現況・形態 層塔型 三重三階 木造(現存)
主な関連施設 城山郷土館(城山内)、宇和島市立伊達博物館
主な遺構 天守、上り立ち門、本丸、二の丸、藤兵衛丸、長門丸、代右衛門丸、井戸丸、石垣
住所 愛媛県宇和島市丸之内1
問い合わせ先 宇和島市教育委員会文化課
問い合わせ先電話番号 0895-49-7033