日本100名城

しゅりじょう

首里城

沖縄県那覇市

別名 : -

投稿する
首里城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

朝田 辰兵衛

城の内部も朱の芸術… (2016/11/29 訪問)

消火栓が全然目立ちません。むしろ,違和感を感じませんでした。意を決してスタッフに言ったら苦笑いで終了…。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

磯風

日本の城とはやっぱり違うな (2014/03/01 訪問)

ハリボテ感があってイマイチでした

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

オダリン

異国の城のようだ (2011/12/20 訪問)

紅い装飾。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

yoda 1253

きらびやかで偉大でした (2018/01/15 訪問)

王朝の華やかさをほうふつとさせるような豪華絢爛な建築でした。無料ガイドツアーがあるのでぜひ参加してください。約1時間です。

+ 続きを読む

概要

尚真王と尚清王の時代(1477〜1555)に現在見られる基本的縄張が行われ、琉球王国の栄華を今に伝える。琉球国と王家の象徴ともいえる正殿を中心とする御庭は、謁見や儀式が行われていた場所。それを囲むように北殿や南殿などが復元されている。外郭に設けられたアーチ状の櫓付き門や、優美な曲線を描いた城壁も必見。

イベント情報

  • 2018年11月24日(土)~2018年11月25日(日)

    首里城

    百人御物参

    百人御物参は神女が首里城および周辺の御嶽を巡拝する祭祀行事。御嶽とは国王の長寿と子孫繁栄、国土の安全などが祈願した聖域のことです。琉球の安泰を司る行事を、間近で堪能してみましょう。開催時間:(1回目)12:00~13:00、(2回目)15:00~16:00。首里城正殿前御庭入館料:大人820円、高校生620円、小・中学生310円、6歳未満、障がい手帳をお持ちの方と介助者1名は無料。

    • 会場名首里城正殿前御庭、下之御庭、京の内
    • 住所沖縄県那覇市首里金城町1-2
    • お問い合わせ首里城公園管理センター TEL:098-886-2020(対応時間9:00~17:00)
    • URLhttp://oki-park.jp/shurijo/event/1318
  • 2018年10月05日(金)~2018年12月13日(木)

    首里城

    新収蔵品展「守れ!琉球の宝」

    日本や中国などとの交易を通して、琉球は独自の文化形成を遂げました。琉球王国の崩壊と、第二次世界大戦により、琉球の伝統文化が損なわれたものの、栄華を極めた琉球の姿を取り戻すべく、琉球王国時代の美術工芸品を主題とした展示会「守れ!琉球の宝」が開催されます。「守れ!琉球の宝」では、今では見ることができない中山門が描かれた「中山門図」や、初の展示となる「鉄秞丁子風炉」など、失われた琉球の歴史を体感できます。開館時間:8:30〜19:00、入館料:大人820円、高校生620円、小・中学生310円、6歳未満無料。

    • 会場名首里城 南殿二階特別展示室
    • 住所沖縄県那覇市首里金城町1-2
    • お問い合わせ首里城公園管理センター TEL:098-886-2020
    • URLhttp://oki-park.jp/shurijo/event/1317

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 14世紀ころ、1715年(正徳5年)
築城者 不明
主要城主 尚氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成4~26年に龍樋、瑞泉門、漏刻門、日影台、供屋、広福門、系図座・用物座、西のアザナ、京の内、首里杜御獄、福奉神門、南殿・番所、正殿、北殿、右掖門、書院、鎖之門、淑順門、黄金御殿、寄満、奥書院、庭園を復元
天守の現況・形態 -
主な関連施設 園比屋御獄石門、玉陵、識名園
主な遺構 正殿などの基壇、石垣、石敷き道路
住所 沖縄県那覇市首里
問い合わせ先 首里城公園管理センター
問い合わせ先電話番号 098-886-2020