日本100名城

しゅりじょう

首里城

沖縄県那覇市

別名 : -

投稿する
首里城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

クラブツーリズム沖縄の名城5つを全てめぐる2日間⑤ (2019/01/28 訪問)

沖縄の名城巡り最後は首里城です。100名城スタンプは首里杜館(すいむいかん)で押しました。
攻城したのは2019/1/28なので首里城正殿の火事(2019/10/31)前です。沖縄は何度も来ていますが、首里城をお城としてじっくり見学したのは今回が初めてです。個人的には首里城の門と朱色の映える建造物が好きです。
攻城は守礼門➡歓会門➡瑞泉門➡漏刻門➡広福門➡奉神門➡御庭/北殿/正殿➡書院と庭園➡淑順門➡東のアザナ(ガマ遺構)➡久慶門➡守礼門に戻るルートで巡りました。
早い復興を祈ります。攻城時間は90分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ろくべえ

まだ小さい頃に行った首里城 (2017/07/28 訪問)

まだ小さい頃に行った首里城
初めて行った城です。
首里城のスタンプラリーを1時間かけてやりました。
スタンプラリーに熱中で城のことは覚えていません。
そのはなしをかえてしまうけど
首里城火災(2019/10/30)全焼してしまった、おきなわのシンボル首里城正殿
早く復興してほしいです。
写真はありません

+ 続きを読む

昌官忠

100名城制覇 (2019/01/28 訪問)

2019/10/31に全焼した正殿の早い復興を願う。

+ 続きを読む

火ノ島豊後守正宗

首里城 (2019/12/01 訪問)

正百名城47城目。
琉球遺跡巡りラスト5城目。
那覇市内にあるので公共交通機関でも無理なく行けます。
あの火災により城内に入れなかったのが本当に残念です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

尚真王と尚清王の時代(1477〜1555)に現在見られる基本的縄張が行われ、琉球王国の栄華を今に伝える。琉球国と王家の象徴ともいえる正殿を中心とする御庭は、謁見や儀式が行われていた場所。それを囲むように北殿や南殿などが復元されている。外郭に設けられたアーチ状の櫓付き門や、優美な曲線を描いた城壁も必見。

イベント情報

  • 2020年11月27日(金)~2021年03月31日(水)

    首里城

    法政大学沖縄文化研究所主催シンポジウム「グスクとしての首里城ー東アジアの視点から」(動画配信)

    第1部の個別報告では、城びとの「古代城郭教室」でおなじみの向井一雄氏が登壇!朝鮮半島と日本の古代城郭について語ります。ほかにも臼杵勲氏「中国東北部の城郭史」、小野正敏氏「日本の中世居館と城」、山本正昭氏「首里城の原点を探る」と興味深いテーマばかり。第2部では討論も行われます。公開日時:11月27日~2021年3月31日 チラシ・YouTubeチャンネル沖縄文化研究所はURLからご覧ください。 料金:無料

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 14世紀ころ、1715年(正徳5年)
築城者 不明
主要城主 尚氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 平成4~26年に龍樋、瑞泉門、漏刻門、日影台、供屋、広福門、系図座・用物座、西のアザナ、京の内、首里杜御獄、福奉神門、南殿・番所、正殿、北殿、右掖門、書院、鎖之門、淑順門、黄金御殿、寄満、奥書院、庭園を復元
天守の現況・形態 -
主な関連施設 園比屋御獄石門、玉陵、識名園
主な遺構 正殿などの基壇、石垣、石敷き道路
住所 沖縄県那覇市首里
問い合わせ先 首里城公園管理センター
問い合わせ先電話番号 098-886-2020