【今月のお城イベント】11月前半に開催されるイベント・展覧会をピックアップ

秋も深まり、そろそろ出かけるときには上着が必要になってきましたね。秋のお城では、グルメや芸術、紅葉など様々な種類のイベントが開催されています。今回は、「小田原城菊花展」や「弘前城菊と紅葉まつり」など秋を感じられるイベントやお祭りを紹介していきましょう!

【小田原城】イベント「小田原城菊花展」

小田原城、菊花展
天守前の広場には様々な形・大きさ・色の菊が咲き誇る(小田原市観光協会提供)

小田原城で風雅な秋を感じよう

戦国時代に北条氏が居城としていた小田原城で菊花展が開催されます。ミニチュアの小田原城を小菊で飾った「小菊総合花壇」をはじめ、厚物や管物など多種多様な菊が一堂に会します。城内を鮮やかに飾る菊の数はなんと700鉢。気品高い菊の花の数々を楽しんでみてください。また、天守では北条家の小田原開府から現代へ至るまでの歴史をたどる特別展「小田原開府五百年 〜北条氏綱から続くあゆみ〜」も開催中です。

【小田原城菊花展】
開催日: 2018年11月3日(土・祝)〜11月15日(木)
開催時間:10:00〜16:00
開催場所:小田原城址公園本丸広場
料金:入場無料(天守に入場する場合は、入場料[一般500円、小中学生200円]がかかります)

【姫路城】イベント「第10回 姫路菓子まつり2018」


姫路菓子まつり
イベント当日はお菓子を販売する屋台が立つ他、工芸菓子の展示などが行われる(姫路菓子組合提供)

見てよし食べてよしのお菓子が大集合!

今年で第10回を迎える姫路菓子まつりが10月31日(水)から開催! 県内の和洋様々なお菓子が大手門前公園に集まり、参加者の目と舌を楽しませてくれます。会場ではお菓子の販売はもちろん、職人の技を目の前で見られる上生菓子の制作実演も。また、地元ミュージシャンや姫路市内で活躍するキャラクター「ひめか」、「しろまるひめ」もライブやグリーティングで会場を盛り上げます。

【第10回 姫路菓子まつり2018】
開催日:2018年10月31日(水)〜11月4日(日)
開催時間:10:00〜17:00
開催場所:大手前公園
料金:入場無料

【弘前城】イベント「弘前城菊と紅葉まつり」

弘前城、菊と紅葉まつり、菊細工
会場内は菊人形以外にも様々な菊細工が展示されている

城内を艶やかに飾る紅葉と菊人形

1000本以上のカエデが秋に美しく紅葉する弘前城公園で、菊と紅葉まつりが開催。燃え盛る炎のようなカエデや黄金のごとく輝くイチョウなど公園内各所で紅葉を楽しめます。日没後には紅葉のライトアップも。他にも会場内では大河ドラマや時代劇、今年起こった出来事などをテーマにした菊人形が展示されます。

【弘前城菊と紅葉まつり】
開催日:2018年10月19日(金)〜11月11日(日)
開催時間:9:00〜17:00(最終入園は16:30)
開催場所:弘前公園、弘前城植物園
料金:入場無料(一部有料区間[〈本丸・北の郭〉大人310円、子ども100円、〈植物園〉大人310円、子ども100円]があります)

【勝龍寺城】平成30年 特別企画展「乙訓・西岡の要〜勝龍寺城〜」

勝龍寺城、乙訓・西岡の要、企画展
会期中は、来館者へのオリジナル缶バッジのプレゼント企画も行われている(公益財団法人長岡京市埋蔵文化財センター提供)

明智光秀ゆかりの城を学ぶ

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘・玉(ガラシャ)が細川忠興との婚礼をあげるなど、光秀ゆかりの城として注目が集まる勝龍寺城。その歴史や特徴を紹介する企画展です。城からの出土物や史料などから戦国時代の乙訓・西岡地域において最も重要視されていた拠点・勝龍寺城の歴史的な意義を考えます。

【乙訓・西岡の要〜勝龍寺城〜】
開催日:2018年11月1日(木)〜11月30日(金)
開催時間:(平日)8:30〜17:00、(土日祝日)10:00〜16:00
開催場所:長岡京市立埋蔵文化財調査センター エントランスホール
料金:入館無料

【大阪城】イベント「幕末・維新150年ファイナル 西郷隆盛と西南戦争~大阪城の秋まつり2018~」

大阪城、天孫降臨霧島九面太鼓、秋まつり
ステージイベントでは霧島市指定無形文化財の「天孫降臨霧島九面太鼓」の大迫力演舞も行われる(大阪城天守閣提供)

幕末・維新150周年ファイナルを大阪城で盛り上げよう!

2017年から続く「幕末・維新150周年」イヤーを締めくくるイベントです。維新最後の動乱である西南戦争で陸軍の拠点となった大阪城で薩摩ゆかりの様々なイベントが行われます。城山の決戦を演じる立体講談や薩摩藩に伝わる剣術・示現流の演武などの伝統芸能を堪能してみてください。

【幕末・維新150年ファイナル 西郷隆盛と西南戦争~大阪城の秋まつり2018~】
開催日:2018年11月3日(土・祝)、4日(日)
開催時間: 11:00〜16:00
開催場所:大阪城天守閣前本丸広場
料金:入場無料(天守閣へ入館する、入場料[大人600円、中学生以下と大阪市在住65歳以上〈要証明〉、障がい者手帳等ご持参の方は無料]がかかります)

11月は晴天が多くまさに行楽日和。城めぐりにも城イベント参加にも絶好の季節になります。ですが、秋が深まるにつれて気温が低くなっていくので、屋外のイベントに参加する際は、上着やカイロを持って行くなど寒さ対策を忘れないようにしましょう。

執筆/かみゆ歴史編集部(小関裕香子)
「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。手がける主なジャンルは日本史、世界史、美術史、宗教・神話、観光ガイドなど歴史全般。最近の編集制作物に『歴史REAL いま見るべき日本の名城』(洋泉社)、『廃城をゆく6〜石垣の城を極める!』(イカロス出版)、『テーマ別だから理解が深まる日本史』(朝日新聞出版)、『マンガで一気に読める! 日本史』(西東社)、『御朱印めぐりと寺社巡礼さんぽ』(廣済堂出版)などがある。

関連書籍・商品など