しょうりゅうじじょう

勝龍寺城

京都府長岡京市

別名 : 勝竜寺城、小竜寺城
旧国名 : 山城

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ヨコちゃん

明智光秀最後の城 (2020/03/15 訪問)

「麒麟が来る」の影響で訪問者が予想より多かった。(自分もその一人ですが)
コロナの影響でボランティアの方のご説明は受けられませんでしたが、
DVDや展示も無料の割にはしっかりとしていて、よかったです。
初めて、御城印も購入しました。

+ 続きを読む

SIN

勝竜寺城リニューアルオープン (2019/11/02 訪問)

結構前になりますが、京都の長岡京市にある勝竜寺城のリニューアルオープン記念のイベントへ行きました!
御城印も発売されてますので興味のある方は城を見てから長岡京市観光情報センター、長岡京市観光案内所、長岡京@Naviの3ヶ所で(毎月第2日曜日は限定版も)販売されてますのでぜひとも!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

勝竜寺城 (2020/01/13 訪問)

【勝竜寺城】
<駐車場他>勝竜寺城駐車場5台程度無料あり。
<交通手段>車

<見所>土塁・転用石
<感想>日帰り京都城攻めの旅1城目。長年関西に住んでいながら大阪⇔京都間を通過するだけで一度も長岡天満宮にもこの城にも行ったことがなかったので一緒に攻めた。
 駐車台数があまりないので満車で駐車できずは避け朝8:30頃来城し資料館が開くまで城跡を観察した。城跡としては主に本丸の堀の内側からあって、本丸の西側には土塁が残り外側は腰巻石垣がある。本丸北門の虎口も当時の雰囲気が残る。石垣はある程度発掘調査で積み直しされていて、出土した転用石(五輪塔・石仏)は北門跡に集められていた。やっぱり逆さまに積まれていたのだろうか。

 山崎の合戦に敗れ光秀が一旦引き籠った城。味方しなかった細川氏が大改修した元居城に入るのはどんな思いだったであろう。この後黒田官兵衛が包囲してわざと開けた北側から退城してることからみても、ここでは自刃できないわ。それは俺にもわかる。自分だったとしてもそうする。

 資料館では特別展示の茶器を見た。本丸跡200㍍程北側の神足神社にある勝竜寺城土塁・空堀跡も残っているので見落とさず観察した。御城印も買った。
成人の日で振袖姿の方々がいらしてお城とマッチング、いいね。

<満足度>◆◆◇

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ヨッシー

細川幽斎の居城 (2019/09/17 訪問)

リニューアル前に行きましたが、写真栄えする建物で良かったので、投稿します。
ボリュームは軽めですが、イベントが多いので色々と楽しめる城だと思います。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 梯郭式平城
天守構造 御主(天守相当の櫓)[階層不明/1571年頃築/破却]
築城主 細川頼春
築城年 延元4年〔南朝〕/暦応2年〔北朝〕(1339)
主な改修者 細川藤孝
主な城主 細川氏、永井氏
廃城年 慶安2年(1649)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸
再建造物 模擬石垣、櫓、石碑、説明板
住所 京都府長岡京市勝竜寺13-1
問い合わせ先 長岡京市都市整備課公園緑地係
問い合わせ先電話番号 075-955-9716