しょうりゅうじじょう

勝龍寺城

京都府長岡京市

別名 : 勝竜寺城、小竜寺城
旧国名 : 山城

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

🏯城好きのメガネ

「勝龍寺城」 (2020/03/29 訪問)

<オススメ>★★★★☆
勝龍寺城は、戦国時代末期には淀古城と共に松永久秀、三好三人衆の支配下になっていた。1568年、足利義昭を奉じて織田信長が上洛すると細川藤孝が勝龍寺城に入る。藤孝は信長の許可を得て大改修を行う。城の防御を高めるため、城の北側に、堀の底から土塁の頂部高さ6メートルを超える大規模な土塁・空堀を築いた。1580年、藤孝は丹後へ移封となり、1581年に猪子高就が城代となる。1582年、本能寺の変後、山崎の戦いでは明智光秀が勝龍寺城を拠点とし、羽柴秀吉を迎撃する。しかし、山崎の戦いに敗れた光秀は勝龍寺城に退却し、最期の夜を過ごした。光秀が脱出したと伝わる勝龍寺城の北門には、当時の石垣や門の礎石が現存している。その後廃城となる。現在、曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸が遺されている。

※「山崎の戦い」明智光秀本陣跡の国史跡 恵解山古墳へ併せて散策することをオススメする。

<アクセス>
JR長岡京駅 徒歩20分

+ 続きを読む

アヤコ

城さんぽ (2021/03/23 訪問)

天気も良くて◉
お城公園では御城印はもらえなくて、
長岡京駅まで歩いて御城印もゲット。

+ 続きを読む

スティクラ

天王山登山→勝龍寺城公園(本丸跡) (2020/12/13 訪問)

今回2回目。
JR山崎駅下車後、宝積寺からではなく、駅から少し東に行った登山口から出発。
登山者はそれなりの登山の服装をした人だけでなく、軽装の子供連れのご家族、山菜を取っているグループ、ランニングで降りてくる人など様々。
登山口から山頂まで30分~40分くらい。山頂では比較的平坦な場所が多く、食事をしている人が多かった。ただし、座る場所や机はないので、シートは必須。
2回目のため、登頂後は小倉神社方面へ向かい、水無瀬の滝方面から下山。竹林や高速道路を上から見える場所などは良かったが、滝自体はそれほど…。時間も山頂から40分以上かかり道も少し悪いので、あまりオススメはしません。
下山場所は、JR山崎駅とJR島本駅の真ん中くらいだったので、JR山崎駅から乗車し、隣のJR長岡京駅へ。

JR長岡京駅から10分程度で勝龍寺城公園へ。
勝龍寺城は、細川忠興と明智玉(細川ガラシャ)が新婚時代を過ごした場所と言われている。公園自体は堀があり城っぽく、公園内に歴史展示コーナーなどがあり、それほど広くはないので、じっくり見てまわっても20分かからないと思います。

御城印をお求めの方は、勝龍寺城公園では購入できず、JR長岡京駅近くのJR長岡京駅前観光情報センターで購入できます。(阪急西山天王山駅前、阪急長岡天神観光案内所でも高二できるらしいです)。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

関西/東海/北陸/遠征3泊4日の旅 (2019/02/08 訪問)

淀古城から徒歩で淀駅に戻り、淀駅前の京阪淀駅バス停(阪急バス)から清水ケ口バス停(阪急バス)へバス移動。そこから勝竜寺城(勝竜寺公園)まで徒歩7~8分で着きました。
「山崎の合戦」で明知光秀がここに本陣を構えました。また、細川忠興・ガラシャ夫妻が新婚時代を過ごした城でもあります。
遺構としては近隣にある神足神社境内に空堀や土塁があるようですが、自分はそちらには行かず、勝竜寺公園内の櫓に模した管理棟や多聞櫓、庭園などを見学して撤退しました。攻城時間は30分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 梯郭式平城
天守構造 御主(天守相当の櫓)[階層不明/1571年頃築/破却]
築城主 細川頼春
築城年 延元4年〔南朝〕/暦応2年〔北朝〕(1339)
主な改修者 細川藤孝
主な城主 細川氏、永井氏
廃城年 慶安2年(1649)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸
再建造物 模擬石垣、模擬櫓、石碑、説明板
住所 京都府長岡京市勝竜寺13-1
問い合わせ先 長岡京市都市整備課公園緑地係
問い合わせ先電話番号 075-955-9716