【2019年夏休みの自由研究イベント】7月20日(土)開催「理文先生と小田原城総構を歩こう!」

alt

加藤理文先生と行くお城ツアーを小田原城で開催!今回は総構(そうがまえ)を歩きます

2018年の夏と2019年の春に、城びとの人気連載『理文先生のお城がっこう』の一環として開催されて、大好評だった小・中学生向けのお城フィールドワーク体験ツアー。小田原城は、実は町ごと堀で囲まれている「総構(そうがまえ)」なのをご存知ですか? その長さなんと9㎞。

今回は小田原城をぐるりと囲む「総構」を歩く
小・中学生限定!
「理文先生と小田原城総構を歩こう!」を7月20日(土)に開催いたします!

加藤理文先生(公益財団法人日本城郭協会理事)と、諏訪間順先生(小田原城天守閣館長)に講師として参加いただき、小田原城の総構の一部を先生と巡りながら、小田原城の構造や歴史について学ぶことはもちろん、フィールドワークの方法、お城の調査方法などを学びます。

途中のお昼休憩では、先生と一緒にお弁当を食べて、色々お城のお話をしたり、質問したりすることもできます。
参加された小・中学生がツアー参加後に、お城を題材として夏休みの自由研究ができるようになることを目指します。

ツアー時間は約4~5時間!たくさん歩いて見学します。歩きやすい靴や服装で、ご参加ください。

※当日の天候によって、コースを変更する可能性がございます。

参加された方には、修了証のほか、城びとのオリジナルグッズもお渡しします。皆さまのご参加をお待ちしております。

▼2018年7月16日に開催された小田原城のツアーの様子はコチラ!


▼昨年の小田原城ツアーの様子をもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事をチェック!

▼3月に開催された石垣山城ツアーの様子は、こちらの記事をチェック!

(Yahoo!パスマーケットに遷移します)


<小田原城ツアー概要>
7月20日(土)「理文先生と小田原城総構を歩こう!」
開催日      :2019年7月20日(土)※雨天決行
開催時間     :午前 9:30~15:00
 ※当日の子どもたちのスピードに合わせて進行しますので、多少時間が前後することがあります。16時近くになる場合もありますので、時間に余裕を持ってご参加ください。
対象年齢     :小学校4年生~中学校3年生
 ※小学校1年生~小学校3年生は、ツアーに保護者1名が同伴できる場合に限りご参加いただけますが、歩く距離が長く、トイレもあまりないので小学校4年生以上のお子さまのご参加をおすすめします。
募集人数     :お子様40名、先着順
参加費      :お子様1名につき5,500円(税込)、同伴の保護者様1名につき2,500円(税込)
 ※昼食(お弁当)、小田原城天守閣入場料、傷害保険料込。
集合場所     :JR東海道本線 小田原駅前  
解散場所     :小田原城天守閣
参加者配布物   
お子様・・・香川元太郎さんの小田原城総構のイラストクリアファイル、参加者名入り修了証、城びとトートバッグ、缶バッチ、シール、ワークシート、スポーツドリンクのペットボトル500ml 1本、お弁当&お茶
保護者・・・資料、スポーツドリンクのペットボトル500ml 1本、お弁当&お茶
見学ルート(予定)北条早雲公像→城下張出→山の神堀切→山の神堀切西→稲荷森→香林寺山西→一枚畠東→小峰御鐘ノ台大堀切→三の丸外郭新堀土塁→清閑亭→小田原城→小田原城天守閣※途中昼食休憩、トイレ休憩をはさみます)
 ※昼食は城山公園でお弁当を予定しています。雨天の場合は、コースを大幅に変更する可能性があります。その際、2018年開催「理文先生と行く!小田原城ツアー」と内容が重なる部分もごさいますこと、ご了承ください。

参加者持ち物   :筆記用具、タオル、飲み物/飲み物を購入するための小銭、雨天時用のレインコート、ピクニックシート
参加者服装    :スニーカー、帽子、長ズボン、リュック ※スカートは避けてください。

協力    :小田原城、公益財団法人日本城郭協会、北条早雲公顕彰五百年事業


▼当日の服装については、こちらの記事を参考にしてください(ハイキングに行く格好をイメージしてください)。

(Yahoo!パスマーケットに遷移します)

<講師>
alt
加藤理文(かとうまさふみ)
公益財団法人日本城郭協会 理事、学術委員会副委員長
NPO法人城郭遺産による街づくり協議会監事

1958年 静岡県浜松市生まれ
1981年 駒澤大学文学部歴史学科卒業
2011年 広島大学にて学位(博士(文学))取得
(財)静岡県埋蔵文化財調査研究所、静岡県教育委員会文化課を経て、現在袋井市立浅羽中学校教諭

著書 『織豊権力と城郭-瓦と石垣の考古学-』高志書院 2012年
   『江戸城を極める』サンライズ出版 2014年
   『織田信長の城』講談社現代新書 2016年
   『静岡県の歩ける城70選』静岡新聞社 2016年
   『日本から城が消える』洋泉社歴史新書 2016年 等多数

alt
  諏訪間順(すわまじゅん)
  小田原市経済部副部長 小田原城天守閣館長
  日本城郭協会学術委員会委員、石器文化研究会代表世話人 明治大学黒耀石研究センター員
  専門は、旧石器考古学、城郭考古学


1960年 神奈川県生まれ
1982年 立正大学文学部史学科考古学専攻課程卒業
1982年 小田原市教育委員会文化財保護課に勤務、史跡小田原城跡住吉堀や銅門、馬出門を始めとする発掘調査・史跡整備を担当
2008年 第17回岩宿文化賞受賞(みどり市)
2009年 東京都立大学にて博士(史学)取得
2013年 観光課城址公園担当課長・天守閣館長
2017年 経済部副部長・小田原城総合管理事務所長 

著書 「小田原北条氏の本城と支城」『小田原北条氏の絆~小田原城とその支城~』 (小田原城天守閣特別展図録、2017)
   『よみがえる小田原城』(小田原城天守閣特別展図録、2013)
   『戦国最大の城郭 小田原城』(小田原城天守閣特別展図録、2012)
   『史跡小田原城跡 馬出門』(小田原市教育委員会2010) 等多数

<注意事項>
*事前申込制です。上記「お申込みはこちら」のフォームよりお申込みください。(Yahoo!パスマーケットに遷移)
*未就学児の参加はできません
*小・中学生向けのツアーです。子供たちが前で、保護者の方は、後ろで見守る形になります。
*当日、城びとスタッフがツアーの様子を撮影します。後日城びとで記事や動画を公開予定です。