さるおかやまじょう

猿岡山城

和歌山県紀の川市

別名 : 猿岡城、粉河城、秋葉山城
旧国名 : 紀伊

投稿する
二之曲輪の城址碑
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

イオ

藤堂高虎最初の城! ですが… (2019/05/21 訪問)

根来寺や高野山と並んで「三ヶ寺」と称され権勢を誇った粉河寺が、戦国末期に寺の防衛のために本堂南側の猿岡山に築いた城で、羽柴秀吉の紀州攻めにより粉河寺が焼亡した後は、粉河に封じられた藤堂高虎の居城となりましたが、高虎の伊予宇和島への移封に伴い廃城になったようです。

下調べでは、城域は公園化されていて、城址碑と説明板があるだけとのことで、全く期待せずに訪れましたが、「戦国和歌山の群雄と城館」の縄張図を見ながら歩いてみると、曲輪の形状は案外残っていて、本曲輪の周囲には付曲輪や溜池?と思しき窪地があること、猿岡山の南麓を流れる中津川が天然の堀となっていることなどがよくわかり、思いの外楽しく見て回ることができました。

アクセスはJR和歌山線・粉河駅から徒歩約20分、車なら粉河寺参拝者用の駐車場(500円前後)から徒歩5分程度ですが、藤堂高虎の最初の城とは言っても石垣など目立った遺構は何もなく、このためだけに訪れるほどではないので、西国三十三所・粉河寺の参拝ついでくらいでどうぞ。30分もあれば充分ひと巡りできます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

のぶりん

藤堂高虎 (2018/01/01 訪問)

高虎はここから朝鮮出兵したとのこと。名護屋城跡にある各武将の出身地リストにも高虎、紀伊粉河の記載あり。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 根来衆
築城年 天正元年(1573)
主な改修者 藤堂高虎
主な城主 根来衆、藤堂高虎
廃城年 慶長元年(1596)
遺構 曲輪
再建造物 石碑、説明板
住所 和歌山県紀の川市粉河
問い合わせ先 紀の川市観光ガイド
問い合わせ先電話番号 0736-73-3311