くわなじょう

桑名城

三重県桑名市

別名 : 扇城、旭城
旧国名 : 伊勢

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

こげら

幡龍櫓 (2019/03/11 訪問)

七里の渡し場跡にあります。

+ 続きを読む

こげら

伊勢一の鳥居と幡龍櫓 (2019/03/11 訪問)

東海道53次の42番目の宿場町、桑名宿の七里の渡し場跡です。

+ 続きを読む

くろもり

桑名城お堀めぐり (2015/04/04 訪問)

現在、桑名城跡は九華(きゅうか)公園となっており、春は桜🌸の名所となっています。

桜が咲く3月下旬から4月上旬の期間限定で、九華公園で「桑名城お堀めぐり」という堀跡を船で巡るイベントがあるようです。全国屈指の水城だった桑名城🏯の堀を船で見ることができる貴重な機会です!

私は乗ったことはなくたまたま見ただけでしたが、桜も綺麗だし夜もやっているそうなので、今度機会があれば乗ってみたいと思います。

今年はもう終わっているのですが、一応、桑名市のHPにある「桑名城お堀めぐり」の情報です↓
http://kanko.city.kuwana.mie.jp/event/suigofune/index.html

+ 続きを読む

くろもり

薩摩義士 (2014/12/06 訪問)

以前、にのまるさんの仙台城の投稿に「鹿児島県人七士の墓」があり。それを見た時に「オレ、桑名の薩摩義士について触れとらんやん」と頭をはたかれた気分でした。

桑名駅から桑名城へ向かう八間通りの途中に法性山海蔵寺があり、ここに薩摩義士の墓があります。

初めて桑名を訪れた時に、薩摩は幕末の会桑同盟(会津藩と桑名藩)の敵藩であるのに、薩摩義士の墓が桑名にあるのは不思議だなと思ったのですが、それは私の知識が不足していただけで、木曽三川の大治水工事である「宝暦治水」で自害した薩摩藩士51名のうち24名の墓所でした。※詳しくは「宝暦治水事件」参照

境内には治水工事の責任をとって自害したとされる薩摩藩家老・平田靭負(ゆきえ)公の供養塔を中心に24の墓碑が建立されており、寺の中にも平田靭負公の木像があります。

また、桑名から少し離れますが、岐阜県海津市にある治水神社も薩摩義士を祀っており、平田靭負公が主祭神となっています。

城に関する投稿がほとんどなくて申し訳ないですが、城から歩いて行ける距離の桑名市博物館で桑名城の鬼瓦を見ることができます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 梯郭式平城
天守構造 複合式層塔型[4重6階/1635年築/焼失(火災)]
築城主 本多忠勝
築城年 慶長6年(1601)
主な改修者 松平(久松)定勝
主な城主 本多氏、松平氏
廃城年 明治6年(1873)
遺構 曲輪、石垣、堀
指定文化財 県史跡(桑名城跡)
再建造物 蟠龍櫓(外観復元)、石碑、説明板
住所 三重県桑名市吉之丸3421-1他
問い合わせ先 桑名市文化課
問い合わせ先電話番号 0594-24-1361