ほりえやかた

堀江館

福井県あわら市

別名 : 番田城、番田堀江館
旧国名 : 越前

投稿する
番田堀江館
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

しんちゃん

三つの堀江館が存在。 (2023/12/09 訪問)

堀江館は番田・中番・下番の三つが存在するようで、下番と中番の二つは隣接しています。最も古いのが番田の堀江館で城びとの地図で示されているのがそうです。館の主の堀江氏が加賀一向一揆との戦いの後、一揆勢に備えて番田から下番に本拠を移したようです。中番の館は春日神社の境内と見られ、下番の館は本荘小学校一帯に築かれていて堀と土塁を備えていたようです。本荘小学校と春日神社の間には堀跡とおぼしき跡が見られ、西側の土塁があった場所にはそれらしい土盛りがあるようです。小学校の北側には堀江館と関係ありそうな石碑と石塔が立っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くうくう

堀江郷を支配した中世領主堀江さまの番田館

長禄年間(1457-60)堀江景経が館を築いた。景経は鎮守府将軍藤原利仁の後裔で河合斎藤氏の系統、郷名を以て性とし始祖となる。堀江氏は後に朝倉氏に属し坂井郡一帯(堀江郷)に勢力を張った。番田館には石碑、説明、祠などがあるが遺構は残ってない。後に下番館(本荘小学校あたり)に移る。

+ 続きを読む

ぴーかる

堀江館 (2023/08/19 訪問)

【堀江館】
<駐車場他>駐車場はなし。館跡そばの道路脇に停車できます。
<交通手段>車

<感想>越前ちょこ城巡りの旅2城目。現地説明板によると堀江館は長禄年間(1457~1460年)に築いたとされます。 堀江氏は鎮守府将軍藤原利仁の末裔で利仁より九世の孫實嗣のときに堀江郷を以って姓としました。一乗谷城主朝倉敏景に仕え郡内2500貫を領し勢力をはります。加賀一向一揆とも対峙しました。現地に遺構は残されておらず、跡地の石碑が残るのみです。

<満足度>◆◇◇

+ 続きを読む

昌官忠

2022夏の青春18キップ14日目:堀江館(番田堀江館) (2022/08/02 訪問)

吉崎御坊からの転戦です。県道109号線沿空スペース(36.211196、136.203928)に駐車しました。

築城年代は定かではないようですが、堀江氏によって長禄年間(1457~60年)築かれたと云われています。
堀江氏は鎮守府将軍藤原利仁の後裔で、齋藤氏の流れを汲み、利仁より九世の孫實嗣のときに越前国坂井郡堀江郷より、堀江を名乗ったと云われています。
当初は番田に館を構え、細呂木郷・本庄郷・荒居郷に広く公文職を有した有力な勢力でしたが、長禄年間に越前守護の斯波氏と守護代甲斐氏・朝倉氏との内紛で守護方に味方して敗北し、衰退すると朝倉氏に従いました。
1506年(永正3年)加賀一向一揆宗徒との九頭竜川の合戦には堀江景実が参陣しています。その後、堀江氏は本拠を一向一揆に対応するために番田から下番に館を移したと云われ、それがこの下番の堀江館です。
1567年(永禄10年)堀江氏が秘かに一向一揆と結んで朝倉氏に背くとの風説が広まり、これを聞いた朝倉義景は魚住備後守景固と山崎長門守吉家を大将として堀江氏を攻めさせます。
このとき朝倉方は溝江館に本陣を置いて堀江景忠父子を攻めたが、堀江氏も巧みな戦術でこれを撃退し、最終的に和議となって堀江父子は堀江館を出て能登国熊木へ隠棲しました。
朝倉氏が織田信長に敗れて滅ぶと、1575年(天正3年)堀江藤秀(景忠を改名)は加賀一向一揆とともに越前に舞い戻り、溝江館の溝江氏を攻めて滅ぼすと、秘かに織田氏に通じて海神城主となり、名を岡部に改めました。
織田信長は藤秀の戦功を賞して、息子の利茂に加賀大聖寺の所領を与えましたが、藤秀は恩賞に不満をもっていたらしく、それが信長の耳に入り翌年に誅殺されたそうです。

番田の堀江館は番田駅の南東一帯に築かれていたそうですが、現在は遺構はなく道路脇に「堀江公番田館跡」の石碑などが建っているのみです。
攻城時間は5分くらいでした。次の攻城先=丸岡藩砲台に向かいます。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 堀江景經
築城年 長禄年間(1457〜1460)
主な城主 堀江氏
遺構 消滅
指定文化財 市史跡(堀江公番田館跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 福井県あわら市番田(地図は石碑の場所を示す)
問い合わせ先 あわら市経済産業部観光商工課
問い合わせ先電話番号 0776-73-8029