ピックアップ! 3月後半に開催される城イベント・展覧会

桜の開花がはじまり、いよいよ本格的な春を感じる3月後半。平成最後の春でもあります。各地のお城でも、続々と桜にちなんだイベントが開催されています。今回は、平成の歴史を感じる「九戸城跡~史跡調査30年の歩み」や「岡崎の桜まつり」など平成最後の春を盛り上げるイベントをご紹介します!

【九戸城】企画展「九戸城跡~史跡調査30年の歩み」

九戸城跡、史跡調査30年の歩み
会場では二ノ丸から出土した鎧の札の写真など、様々な調査資料が展示される(二戸市埋蔵文化財センター提供)


平成をかけて調査した九戸城跡の姿にせまる

中世に九戸氏の居城として築かれ、奥州再仕置後に南部氏の本城となった九戸城跡。本企画展では、これまでの平成30年間に行われた発掘調査・研究を振り返り、遺物や遺構配置図、写真などの展示を通して、改めて九戸城跡の本質的な価値にスポットを当てます。また、10日と16日には職員による展示解説も行われます。各回定員10名程度で2日前までに電話(二戸市埋蔵文化財センター  TEL:0195-23-8020)で申込。


【九戸城跡~史跡調査30年の歩み】
開催日:開催中〜2019年3月24日(日)
開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所:二戸市埋蔵文化財センター展示室
料金:一般50円、小中学生20円

【高知城】企画展「山内家のおひなさま~匠の極小世界~」

高知城、おひなさま
女性が乗った駕籠「女乗物」。内装に花鳥が描かれるなど華やかなつくりをしている(高知県立高知城歴史博物館提供)

江戸時代の嫁入り道具を見てみよう

江戸時代、大名家では婚礼に際し嫁入り道具があつらえられ、その種類は化粧道具から飲食器まで多岐にわたります。ひな人形もその一つでした。本企画展では土佐藩主・山内家に伝来した有職雛などのひな人形とひな道具約40点に加え、高知城歴史博物館所蔵の美しい漆芸品の数々が紹介されます。10日と24日には担当学芸員がスライドショーでみどころをレクチャーしてくれる他、期間中は切って組み立てると立体的なおひなさまになる立版古がもらえるのでぜひゲットしてみて。


【山内家のおひなさま~匠の極小世界~】
開催日:開催中〜2019年3月24日(日)
開催時間:9:00〜18:00(日曜は8:00〜18:00)
開催場所:高知城歴史博物館3階特別展示室
料金:大人700円(高知城とのセット券890円)、高校生以下無料

【広島城】イベント「チームラボ 広島城 光の祭」

チームラボ 広島城 光の祭
旧天守閣に使われていた礎石を使った、幻想的なデジタルアート空間(「チームラボ 広島城 光の祭」実行委員会事務局提供)

最先端デジタルテクノロジーと歴史ある広島城のコラボレーション

デジタルテクノロジーを使ったアート作品で人々を魅了するチームラボによる「街が街のままアートになる」をコンセプトにしたアートプロジェクト。初代広島藩主浅野長晟(あさのながあきら)が広島城に入城して400年を迎える今年、街の象徴である広島城を人々の存在によって変化する光のアート空間に変えます。期間中の火・水曜日のみ入れる天守閣展望台からの眺めも格別です。


【チームラボ 広島城 光の祭】
開催日:開催中〜2019年4月7日(日)
開催時間:18:30~21:30(最終入場21:00)
開催場所:広島城本丸上段ほか
料金:16歳以上1000円、小・中学生700円、6歳以下無料

【岡崎城】イベント「岡崎の桜まつり」

岡崎城、岡崎の桜まつり
岡崎城と桜の和のコントラストは、思わず撮影したくなる美しさ((一社)岡崎市観光協会提供)

春爛漫! 岡崎城の桜を堪能しよう

日本さくら名所100選の1つである岡崎公園を中心とした「岡崎の桜まつり」が今年も開催。その周辺の乙川及び伊賀川も含めた約800本のソメイヨシノが咲き誇ります。7日に行われる、勇猛な三河武士団やきらびやかな姫など総勢700余名が市内を練り歩く「家康行列」をはじめとした様々なイベントや期間限定カフェ「RUNE CAFE OKAZAKI」、東海随一といわれる夜桜のライトアップも必見です!

【岡崎の桜まつり】
開催日:2019年3月27日(水)〜2019年4月12日(金)
開催時間:(ライトアップ)18:00~22:00※屋台等は店により開店時間が異なります。
開催場所:岡崎公園及びその周辺の乙川、伊賀川など
料金:入場無料

【熊本城】イベント「春のくまもとお城まつり」

alt
熊本城に太鼓の力強い音色が響き渡る(熊本城総合事務所提供)

太鼓演舞やYOSAKOIが熊本城の春を盛り上げる

熊本城で春と秋に開催されているお城まつり。毎年恒例となった太鼓響演会、熊本地震復興応援「九州がっ祭」と「第13回火の国YOSAKOIまつり」といったステージイベントが会場を盛り上げます。また熊本の特産品を中心に、花見にぴったりの食べ物がふるまわれる「熊本城~食の宴2019~」、23日・24日には石垣復興担当職員による石垣特別説明会も行われます。


【春のくまもとお城まつり】
開催日:開催中〜2019年3月31日(日)
開催時間:10:00〜17:00※イベントによって異なります
開催場所:熊本城二の丸芝生広場および周辺
料金:入場無料

夜桜のライトアップがされているところもあり、1日中桜が楽しめるのは嬉しいですね。いつもの花見がちょっと物足りなくなったら、お城の花見に出かけてみませんか?



執筆者/かみゆ歴史編集部(山岸夏紀)
「歴史はエンタテインメント!」をモットーに、ポップな媒体から専門書まで編集制作を手がける歴史コンテンツメーカー。

関連書籍・商品など