金沢城下町は歩きやすい!城下町まるっと散策コースをご紹介(前編)

寺内町を前身とする金沢の町に、金沢城が誕生したのは天正8年(1580)のこと。佐久間盛政がこの地を攻略し築城しました。天正11年(1583)には、石高100万石の藩に発展させた前田家が入城。以降、廃城まで約300年にわたり前田家が治めてきました。

そんな金沢城は、近年復元のラッシュです! 2000年からは金沢城の顔となった菱櫓や、五十間長屋、河北門、橋爪門、橋爪門続櫓などの建物がぞくぞくと復元。さらには、いもり堀や玉泉院丸庭園なども再現されています。

こちらの記事は会員限定です。

城びと会員登録(無料)をすると
続きをお読みいただけます。

関連書籍・商品など