日本100名城

かなざわじょう

金沢城

石川県金沢市

別名 : -

投稿する
金沢城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

朝田 辰兵衛

【再訪】金沢城下散策(長町武家屋敷,成巽閣,石川四高記念文化交流館)。 (2018/07/10 訪問)

登城時に散策できなかった長町武家屋敷がメインで,他はついでってカンジです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

金沢城 (2018/03/17 訪問)

【百名城22城目】
<駐車場他>未調査。近辺にあるが満車ぎみで車がうろうろしている。
<交通手段>18切符・バス

<見所>石垣の種類・菱櫓・五十間櫓・橋爪門続櫓・三十間櫓

<感想>大阪から特急サンダーバードでと行きたいところだが、庶民は5時間かけて18切符で。兼六園の来客と合わせてすごい数の観光客。外国人も多い。公式ガイドブックには書かれていなくて現地に行って初めて石垣の種類の多さに驚いた。時代時代の改修を重ねた結果こうなったようです。見所あるので現地の案内板に沿って石垣巡りされると良いでしょう。亀甲積みのようなものまで見れます。現存の三十間長屋は内部撮影可能です。なんと本丸付近がイノシシが出るというので立入禁止!で見れない(>_<) 都会のど真中の城だから捕獲してくれよーと思った。なまこ壁おしゃれです。

<グルメ>見学後市内の海鮮の市場の2Fに海鮮丼のお店が沢山あって、その1つに入りました。おいしかったですが値段の割(値段の相場は大体その市場は同じで高め)にはすごく小さかった。個人的にはすごく不満足、他店と大きさを比べたわけではないのでなんとも言えませんが・・・。

<満足度>★★★☆☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イオ

【冬とお城】 (2017/01/28 訪問)

この冬は、冬らしいお城の写真は撮れてないのですが、せっかくですので、2年前の金沢城の写真から。

こうして以前の写真を見返していると、また行きたくなりますね。ちょうどこの時は100名城のスタンプ帳を忘れて行ったため、いずれ再訪の必要はありますし、何より当時は石垣の魅力がまだよくわかっていなかったので、今度はじっくり石垣めぐりを楽しみたいものです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ブラタヌシ

冬とお城 (2018/02/03 訪問)

雪が合う城です。
堀の凍りも寒さを感じます。

+ 続きを読む

概要

加賀一向一揆の拠点となった金沢御堂の跡地に佐久間盛政が築城し、前田利家が近世城郭へと改修。金箔瓦の天守は落雷で焼失したが、二重櫓を備えた石川門や菱櫓などの豪壮な建造物群が加賀百万石の繁栄を今も物語る。曲輪を土橋で連結させた巧緻な縄張も必見。

イベント情報

  • 2019年04月01日(月)~2020年02月11日(火)

    金沢城

    石川門・三十間長屋特別公開

    金沢城の顔といっても過言ではない、石川門と、本丸付段にそびえ立つ三十間長屋。どちらも国の重要文化財に指定されており、通常は非公開ですが、今回特別に公開され、内部を見ることができます。また特別公開日には「城と庭のボランティアガイド」が内部を解説付きで案内。さらに鶴丸倉庫(金沢城土蔵)の特別公開を実施する日もあります。開催時間:9:00〜15:30。観覧無料 

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正8年(1580)、天正11年(1583)
築城者 佐久間盛政、前田利家
主要城主 佐久間氏、前田氏
文化財史跡区分 -
近年の主な復元・整備 平成13年に菱櫓・五十間長屋・前爪門続櫓、橋爪一の門、平成22年に河北門、いもり堀を復元、平成27年橋爪門二の門を復元、玉泉院丸庭園を整備
主な遺構 石川門、三十間長屋、石垣、堀
住所 石川県金沢市丸の内
問い合わせ先 金沢城・兼六園管理事務所
問い合わせ先電話番号 076-234-3800