ひのはらじょう

檜原城

東京都西多摩郡

別名 : 本宿城
旧国名 : 武蔵

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

チェブ

杉、杉、杉、杉、杉花粉。 (2021/02/20 訪問)

私、東京の端っこに住んでいますが、もーっと端っこ、檜原村の「檜原城」で、花粉症が覚醒しました。

築城時期は不明です。
戦国時代には北条家の家臣 平山氏の居城でした。
武田軍の侵略を防衛する為、パワーアップし準備万端です。甲斐から檜原街道を通り最初の お城が「檜原城」なんだそうです。
境目の城、任務重要です。
なのに、武田軍は別の街道を通り、北条家の拠点「滝山城」を直接攻撃しました。

戦国の街道事情は分かりませんが 現在、東京都から山梨県に行く場合、檜原街道 あまり通りません。
昔、こちらが大きな街道になっていれば、檜原村も村ではなく市になっていたかもしれませんね。

吉祥寺に車を置き「檜原城」攻めスタートです。
至るところに、北条家の家紋『三つ鱗』がありました。
正面に墓地があり、アーチ型の『十三仏巡拝入口』をくぐると、山城感です。
途中『城山→』と案内されます。
ジグザグと登り、ゼイッハァする頃、ヘ~クションが始まりました。
一面、杉です。
これが竪堀かと確認して、ギブアップ。
竪堀も、皆さんの投稿で分かりました。
車の移動中、道横に上から水が流れている窪み(?)があり、竪堀と勘違いしたもので、、、見逃さずにすみました。
自然地形か遺構かは、まだまだ、私には分かりません。

この辺りの森林の7割が杉なんだそうです。
江戸の都市化に伴い木材として使用されてました。
江戸の街を造った杉、、、。
ありがとう杉、、、。ヘ~クション!

花粉症の時期を外して、攻略がお勧めです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

東京奥地 (2020/01/25 訪問)

あきる野から奥に走ります。役場に停めて登城。なかなか急坂でした。主郭近くは整備されています。3重の堀切がみどころです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

獣、出るって(汗) (2014/10/25 訪問)

後北条氏の、対武田用狼煙台ラインの1ヶ所目、檜原城に登城する事に。

熊出没情報が多く、秋も深まってきた頃を狙っての訪問でしたが・・・
駐車する場所が無いので、登城口のある吉祥寺で駐車させて頂く事をお願いし、快く了承して頂いた際に、
「獣が出ますので注意して下さいね~」との事。。。ゑ、まだ出るんですか?と尋ねると、「まだ全然出ますよ~」って(滝の様な汗)

墓地の裏手へ山道が伸びているんですが、結構な急斜面で、そのすぐ傍にある檜原城で有名な山上から麓まで繋がっている竪堀の周辺を九十九折で登っていきます。

角度もキツく、道幅も狭いので、高所恐怖症でメタボな自分には動物遭遇の恐怖も重なって過酷極まりない登城でしたw
もう竪堀見ただけで帰ろうかと本気で思った程です(汗)


やっと登り切ったところにある開けた場所は二ノ丸跡になり、その先に麓へ延びる竪堀に派生している堀切・主郭手前の段曲輪、主郭の小曲輪・堀切・堀切と尾根沿いに遺構が続き、そこで城域は終わりの様でした。

檜原城登城される際には少なくとも靴はしっかりしたものを準備される事様に・・・杖もあると良いかも。。。あと動物除けの鈴ねww


登って来た側と反対の山裾に払沢の滝がある為か、どうも同じ山でも水の手が豊富な場所にやはり熊は生息するみたいですね。。。
なのでお城の北側から西側、特に山道の無い場所からの直登・直降等は足場以上に獣とバッティングする可能性高いのでやらない方が良いでしょう(危)


帰りに車駐車させて頂きまして有難う御座います、と無事生還を吉祥寺に伝えて帰りました。。。

この日戸倉城も攻略するつもりが、檜原城でスタミナを使いきったので後日に回し・・・その後4年経ってやっと登ったというw

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

巨大な竪堀 (2013/02/23 訪問)

がけのような急斜面を九十九折の道で登っていく。流石に一日に三つ目の山城となるとかなり堪えるが何とか休憩無しで登り切った。武田に備える北条方の国境の城だが、ごく単純な縄張りの城である。説明板のある郭の先の堀切から麓にかけて長大な竪堀が通っているのが特徴的だ。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 平山氏
築城年 戦国時代
主な城主 平山氏(北条氏家臣)
廃城年 天正18年(1590)
遺構 曲輪、堀切、竪堀
指定文化財 都史跡(檜原城跡)
再建造物 説明板
住所 東京都西多摩郡檜原村本宿
問い合わせ先 檜原観光協会
問い合わせ先電話番号 042-598-0069