ふかざわじょう

深沢城

東京都世田谷区

別名 : 兎々呂城(深沢城の出城?)
旧国名 : 武蔵

投稿する
推定地の玉川警察署
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

赤い城

今は市民を守る (2022/04/30 訪問)

東急の等々力駅から徒歩で8分くらい、玉川警察署が推定地とされています。周囲をぐるりと歩いても遺構はおろか標柱も説明板もありません。
さらに8分くらい歩いたところ、都立園芸高校の正門前に兎々呂城の石碑があります。
「ととろじょう」かと思ったら「とどろき」と読むとのこと。
こちらも跡地の候補のようです。
国府台の戦いの武功により南条氏が築いたとされています。
周辺は住宅地で今は城の気配も感じられません。
少し足を伸ばすと等々力渓谷もあるので近くに来た際に、という感じです。

+ 続きを読む

昌官忠

リハビリ15城巡り⑭:深沢城 (2021/03/24 訪問)

足腰リハビリ15城巡り14城目は深沢城です。
等々力駅より徒歩17~18分(足が痛くて早く歩けません)くらいで東京都立園芸高校正門前(35.617985、139.649385)に着きました。

深沢城は北条氏の家臣で伊豆衆のひとり、南条右京亮重長の居城です。
重長は「第二次国府台合戦」の戦功により、北条氏康から深沢村を拝領してこの城を築きました。
1590年(天正18年)の豊臣秀吉による「小田原征伐」で北条氏が滅亡したあとも重長はこの地にとどまり、谷岡氏(小谷岡氏)と姓を改め名主をつとめたようです。
城址は現在の玉川警察署付近か都立園芸高校付近と推定されており、園芸高校には「兎々呂城」と刻まれた石碑があります。
なお、兎々呂城は深沢城の出丸であくまでも同一の城とされていますが、別の城だという説もあるそうです。

この「兎々呂城」は「城」を「キ」と読み「トドロキ」と読んだのではないかという説もあるようです。それが現在の「等々力」という地名になったという説もあるようです。

東京都立園芸高校正門横に城碑が有ります。
今日は多くの学校で卒業式が行われており、歩いている途中にいくつか拝見しました。この学校に着いた時はすでに卒業式は終わっていましたが、門前でお母さんとお子さんが何組か談笑中でした。
自分にも子供が3人(既に3人とも社会人です)います。全ての入学式や卒業式には参加できませんでしたが、今は懐かしい思い出ですね。
攻城時間は5分くらいでした。

+ 続きを読む

カルビン

田んぼ造り? (2014/05/22 訪問)

深沢城にはいくつか説があり、その1つが現在東京都立園芸高校になっていて校門前に「兎々呂城」の標柱がある所になります。
(深沢警察署のところも含め、他の推定地には遺構も解説も無い)

高校の敷地の外を1周してみましたが、外見で校内に所々遺構っぽく見える(←たぶん自分の都合良いように解釈してるだけw)場所が見受けられるものの、まぁ整地の関係で何も残っていないのが正しいと思われます。

兎々呂城の名前はすぐ近くにある等々力の地名が由来(逆にお城の名前からその地名になった可能性もあるかも)のではないかと。。。

まぁお城としては見るもの何も無いので、避暑地である等々力渓谷等とセットや、何かのついで程度での訪問で十分かと。
(自分は神社仏閣巡りもするので、等々力不動尊と奥沢城のある浄真寺も合わせて訪問致しました)


そういえば都立園芸高校って、今鉄腕ダッシュで新宿ベースの代わりに田んぼ造りさせてもらっている高校だったような・・・?
(違っていたらスイマセン)

+ 続きを読む

桜璃

散歩のついでに (2020/05/30 訪問)

家の徒歩圏内に東京都立園芸高校という学校があるのですが、この地には戦国時代に兎々呂城(とどろじょう)という城があったという情報を得たので探索に行ってきました。とどろじょうと言う城名ですが、トトロの城ではなさそうです。校門の右脇に「兎々呂城」を示す石碑があるのみで、他に遺構が残ってはいないようでした。
もしかしたら学校の敷地内に土塁など残っているのかもしれません。城主は南条右京亮重長さんという方で小田原北条家の家臣だったようです。 「兎々呂城」の「城」を「き」と読ませると「とどろき」となり、等々力渓谷で有名な「等々力」の語源ともなっているようです

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 丘城
築城主 南条重長
築城年 永禄7年(1564)?
主な城主 南条氏
遺構 消滅
住所 東京都世田谷区中町2(推定地)、等々力3、8