しろかねやかた

白金館

東京都品川区

別名 : 白金城、白金長者屋敷
旧国名 : 武蔵

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

東京城跡巡り 国立科学博物館附属自然教育園 (2021/11/20 訪問)

 白金台駅より徒歩10分弱、国立科学博物館附属自然教育園内に土塁が残っています。東京23区内の城廻は神社や学校巡りとなり、遺構が全く残っていないことが多いのですが土塁が見られるのはうれしいですね。

+ 続きを読む

赤い城

23区内の遺構を巡る⑥ (2021/11/06 訪問)

目黒駅から徒歩で10分くらい。
国立科学博物館自然教育園の中に土塁が残っています。
但し明治以降、旧陸軍弾薬庫としても使われていたためすべてが館跡の遺構とは言え無さそうです。
それでも都会の真ん中に残る土塁は貴重かと。
入園料は320円。
土塁だけでなく四季の植物や花を楽しめる都会のオアシスかと思います。
もう少ししたら紅葉も綺麗そうですね。
志村城、赤塚城、石神井城、世田谷城、奥沢城、白金館と廻った23区内の遺構廻りもこれで終了。
この他は江戸城、品川台場、浜離宮ですかね。
他あれば教えて下さい。
微妙な遺構もありますが大都会東京に残っていることが奇跡的かと思いました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

【お城川柳】東京ポチっとな⑤ (2021/06/26 訪問)

「白金の 御料地巡って ポチ終了」

東京ポチっとな,これで終わりです。もう,じゅうぶん飽きたと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

昌官忠

東京近郊11城巡り⑪:白金館 (2021/04/01 訪問)

東京近郊11城巡り11城目(ラスト)は白金館です。
目黒駅より徒歩10分ちょっと位で自然教育園内の土塁前(35.637133、139.721202)に着きました。

応永年間(1394~1428)に、柳下上総介という人物がこの地に館を築いたとされます。
上総介は、のちに白金長者と呼ばれるほどの財を成したとされるが、柳下氏と白金館に関しては、これ以上のことは分かっていないようです。
比定地周辺は、江戸時代に高松藩の下屋敷となり、明治維新後、屋敷の跡地は軍の火薬庫に使用され、戦後は国立自然教育園と東京都庭園美術館となっています。

自然教育園の入園料は320円ですが、65歳以上の自分は無料でした(ラッキー)。
お客さんの多くが植物を熱心に観察し写真を撮っていますが、自分は土塁の写真を撮って撤収です(すみません、植物に興味はありません)。
城びとでは遺構は消滅となっていましたので、自然教育園内の土塁は後世のものなのでしょうか?
攻城時間は25分くらいでした。

今回の歩行歩数=40144歩、歩行距離=31.31Kmでした。(2021/03/24の38527歩、30.05Kmを越えましたが、今回は筋肉痛ありません)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平山城
築城主 柳下上総介?
築城年 南北朝時代
主な城主 白金長者、柳下氏
遺構 消滅
指定文化財 国史跡(旧白金御料地)
再建造物 説明板
住所 東京都品川区上大崎2/港区白金台5
問い合わせ先 附属自然教育園
問い合わせ先電話番号 03-3441-7176