たてばやしじょう

館林城

群馬県館林市

別名 : 尾曳城
旧国名 : 上野

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

北条氏勝

黄金級の歴史!!真の消えた名城

今の城好きは、かろうじて残る土塁や空堀を見て、イマジン(想像)しながらお城を楽しんでいますが、現代に残ってはいないが最高の名城だったお城もあります。

それがご紹介する館林城です!

では館林城の輝かしい歴史をご紹介します。

この城は、築城当時の妖狐伝説が残るお城です(妖怪の伝説があるのは「姫路城」と同じですね)。
狐がここを案内して尻尾で縄張りをしたという伝説が残っています。
狐が縄張りをしたお城。なかなかないですね。実際に秀吉による小田原征伐のとき、狐しわざよって攻め落とすことができませんでした(詳細は省略)。結局、開城してしまいましたが、最初から無血開城のつもりではなく戦ったのですから現在もお城が残っていれば鉢形城などとともにスポットライトを浴びていたと思います。

その後、家康の関東入封の際は、徳川四天王の榊原康政が入りました。徳川四天王が入ったお城。このお城の重要性がとても高いということがよくわかります。

その重要性は江戸時代になっても変わらず、なんと「犬公方」で有名な五代将軍の徳川綱吉は元館林藩主です。狐を大事にしている気風が移ったのでしょうか?

将軍になった徳川綱吉が藩主だったくらいの城だったので、門・櫓も豪華で天守もありました。

明治に入ると跡地には紡績工場ができました。(余談、上毛モスリンという会社です)
館林城のある群馬県と言えば世界遺産「富岡製糸場」ですね。歴史を感じます。今でも館林の歴史として当時の建物が残っています(移動していますが)。

遺構の少ない城ですが、歴史でお城を楽しむ方。首都圏は城に飢えてますのでぜひ行ってみては
※歴史以外のことも投稿する予定です

+ 続きを読む

チェブ

頑張った!石田 三成さん! (2019/05/03 訪問)

「館林城」に行きました。
「館林城ゆめひろば」という看板が見えたので、近くの駐車場に車を停めました。
GWの5/3、広場はイベントの準備中です。
「館林城」徳川四天王の榊原 康政さんが城主をします。
いろいろ調べてみると、石田 三成さんが忍城を水攻めした話は有名です。その忍城の前が「館林城」攻めだったそうです。
こちらは、すぐ開城したとも、なかなか落城しなかったともありました。
忍城の水攻め失敗の話が「館林城」の攻め方にも尾ヒレが ついてしまっている感じです。
私は石田 三成さん、好きな武将の一人なので、すぐ開城した方に1票です!
ちなみに「館林城」の復元された土橋門は館林城ゆめひろばから少し歩きました。
丹羽 長重さんの「門、分かりにく!」との投稿、同感です。
かなりGoogleの地図と、にらめっこです。
館林城ゆめひろばは賑やかでしたが「館林城」は静かに城攻めできました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

あきおこ

土橋門が復元された土の城 (2008/04/30 訪問)

昭和58年に復元された土橋門が往時を忍ばせる。かつては通用門として使われた。周囲には土塁が残る。

+ 続きを読む

織田晃司

徳川四天王 (2018/10/07 訪問)

榊原康政の城

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 梯郭式+連郭式平城
天守構造 型式不明[3重/1590年築?/破却(廃城)]、二重櫓[2重/1707年築/焼失]
築城主 赤井照光?
築城年 15世紀
主な改修者 榊原康政
主な城主 赤井氏、榊原氏、松平氏、徳川氏
廃城年 明治7年(1874)
遺構 曲輪、土塁
指定文化財 県重要文化財(館林城鐘)、市史跡(館林城跡、館林城本丸土塁および八幡宮)
再建造物 石碑、復元門
住所 群馬県館林市城町甲23-1他
問い合わせ先 館林市教育委員会文化振興課文化財係
問い合わせ先電話番号 0276-74-4111