なかのじょう

中野城

群馬県邑楽郡

別名 : 中野館
旧国名 : 上野

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

チェブ

神光寺。 (2019/11/30 訪問)

全国に、たくさんある「中野城」。
群馬県邑楽郡の「中野城」に行きました。
神光寺さんが、お城跡のようで入口に説明板がありました。

新田 義重さんの子孫、中野 景継さんが築城します。
景継さんの息子さんが藤島の戦いで主君と共に討死したため「中野城」は一旦、廃城しました。
以前、投稿した「小泉城」の富岡氏が家臣の宝田さんに修築させました。
しかし、秀吉さんの北条征伐で、やっぱり廃城です。

説明板に、「わずかに南面に塁濠跡」とあります。
駐車場に土塁のようなものがありますが、神光寺さんから南側かも、遺構かも分かりません。
車を急発進したら乗り越えられそうな土塁(?)です。
あっ、運転は気をつけてください。幼稚園がありますよ。
安全運転の心掛けを再確認した「中野城」攻めでした。

+ 続きを読む

赤い城

少しだけ土塁が。 (2019/09/07 訪問)

東武本中野駅から徒歩で8分。
神光寺が跡地のようで説明板が立っています。
お寺には遺構らしきものは見当たりませんが寺の北東側に少しだけ土塁(と思われる)が残っています。
新田義重の子孫、中野景継が築いたとされます。
台風の前日でしたがさすがに館林の近く、暑かった!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

刑部

案内板 (2018/11/11 訪問)

お寺さんの入口にある案内板

+ 続きを読む

カルビン

お寺の一画 (2014/06/04 訪問)

神光寺という浄土宗のお寺の入口に解説があり、遺構はその駐車場に低い土塁が見られるのみ。
その土塁、現在も残っているかどうかは不明

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 中野景継
築城年 文永2年(1265)
主な改修者 宝田和泉守
主な城主 中野氏、宝田氏
廃城年 天正18年(1590)
遺構 曲輪、土塁
再建造物 説明板
住所 群馬県邑楽郡邑楽町中野元宿3015