たかさきじょう

高崎城

群馬県高崎市

別名 : (和田城)
旧国名 : 上野

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ふゆづき

街中に残る石垣 (2021/08/18 訪問)

高崎駅から徒歩約15分の場所にあります(駅の観光案内所で行き方は教えてもらえます)。
公園の一部となっており、乾櫓(群馬県唯一の城郭建築物)まわりと内堀が遺構です、
平城ですので、石垣の高さは低く、土塁もそれほど堅固という感じではありません。
寧ろ、関ヶ原の直前に築かれたということから、政庁としての性格が強かったのではないかと思います。
近隣には音楽堂などがあり、市民の憩いの場所となっているようです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田晃司

町中に (2021/07/29 訪問)

ぽつんと建つ乾櫓と東門。
もっと散策すれば土塁などの遺構が点在してるという…

+ 続きを読む

昌官忠

クラブツーリズム「太田金山城/箕輪城/高崎城」日帰り③ (2017/11/23 訪問)

クラブツーリズム「太田金山城/箕輪城/高崎城」日帰りの3城目(ラスト)は高崎城です。箕輪城からの転戦です。

高崎城は1598年(慶長3年)、箕輪城の城主井伊直政が主君である徳川家康の命により和田城跡に移り改めて築城した城郭です。
和田城は鎌倉時代初期、和田正信が築いた城郭で小規模ながら堅城としても知られ、度々上杉軍の侵攻を食い止めています。
和田氏はその後、小田原北条氏に属した為、1590年(天正18年)の小田原の役で前田利家や上杉景勝などの大軍に包囲され落城、北条家が滅亡すると廃城になりました。
関東入封した徳川家康が中仙道や三国街道を抑える要衝であることから直政に築かせたと考えられています。江戸時代には譜代大名が城主を務めています。

現在は高崎城址公園として整備されており、民間に払い下げられていた乾櫓と東門が移築復元されています。
東門の写真を撮りましたが、ブレブレで投稿できません。
投稿枚数に余裕があるので、公園での絵画展、途中に寄った生品神社の新田義貞公像とツアーでの昼食の写真を投稿します。
攻城時間は20分くらいでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

土塁散歩 (2020/12/28 訪問)

 東門、乾櫓を見て高崎公園まで歩いてみましたが、この日は朝早く出たので3城目といっても時間はまだ午後2時過ぎ。このまま帰るのはもったいないなと「みんなの投稿」を振り返り、todo94さんおすすめの高松中学校テニスコートを目指して行ってみることにしました。
 こちらの方まで明瞭な土塁が残っていたとは全く知りませんでした。情報提供ありがとうございます。郵便局側から土塁に上がって一往復。そしてそのままNTTを取り巻く土塁へ。こちらも前回見ておらず、初めてでした。
 高崎城の案内板は昔の絵図上に現在地が示してあるのがとてもありがたかったです。
 帰りに通りがかった本屋さんで御城印を見かけ、井伊の赤鬼が鬼滅している限定版を購入しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 梯郭式+輪郭式平城
天守構造 独立式層塔型御三階櫓[3重3階/1597年築?/破却]
築城主 井伊直政
築城年 慶長2年(1597)
主な改修者 安藤重信
主な城主 井伊氏、諏訪氏、松平氏、安藤氏
廃城年 明治4年(1871)
遺構 乾櫓、移築門(東門)、土塁、横堀(水堀)
指定文化財 県重要文化財(乾櫓)
再建造物 石碑、説明板
住所 群馬県高崎市高松町
問い合わせ先 高崎市文化財保護課
問い合わせ先電話番号 027-321-1292