日本100名城

わかやまじょう

和歌山城

和歌山県和歌山市

別名 : 竹垣城、虎伏城

投稿する
和歌山城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

百名城再訪10城目 (2018/08/14 訪問)

約1年振りの再登城、天守閣チケット売場でスタンプをゲット、
徳川御三家の偉大さを再認識する。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

はらぽん

100名城スタンプラリー (2018/11/15 訪問)

再建された連立天守、積み方の異なる石垣、御橋廊下など見所満載です。今後の整備にも期待大。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

あじふらい

和歌山 (2018/10/21 訪問)

和歌山城天守閣再建60周年を記念し、埋門が特別公開されてました。

+ 続きを読む

ぴーかる

和歌山城 (2018/04/21 訪問)

【百名城24城目】
<駐車場他>自動車未調査、バイク砂の丸広場無料駐車場あり。
<交通手段>バイク

<見所>感想に記入しているものすべて。

<感想>1度目は2013年に、スタンプ押印の2度目は今回バイクにて登城した。バイク置き場の砂の丸広場は城の北側県道17号の鳥居をくぐってすぐ右手にあります。登城した順路は西外堀・吹上口・勘定門跡・西の丸石垣→西の丸庭園→御橋廊下→二の丸館跡→山吹渓・鶴の渓石垣(野面積で雁行)→切手門跡→北堀→大手門→一中門跡(切込接)→岡中門跡(切込接)→現存の岡口門(中には入れない)→動物園→松の丸跡→本丸跡→天守→天守北側→最後に徳川吉宗像を見る。見所が多いのですべて見てないが約4時間かかった。その他見所は大手門そばの大楠はパワースポットになってます。また一中門南側には大きな雁木があります。

<満足度>★★★★☆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

羽柴秀吉の命令で弟の秀長が築城を始め、その後、桑山重晴、浅野幸長によって拡張され、さらに徳川家康の十男・頼宣が御三家の格式にふさわしい大城郭へと拡張した。復元された連立式天守群も目を引くが、注目したいのは石垣。豊臣期・浅野期・徳川期で石の種類が異なり、工法も野面積・打込接・切込接へ変化している。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正13年(1585)、慶長5年(1600)、元和5年(1619)
築城者 羽柴(豊臣)秀長、浅野幸長、徳川頼宣
主要城主 羽柴(豊臣)氏、桑山氏、浅野氏、徳川氏
文化財史跡区分 国指定史跡、国指定名勝
近年の主な復元・整備 平成18年に御橋廊下を復元、表坂入口付近・西の丸西側石垣修理など
天守の現況・形態 層塔型 三重三階 鉄筋コンクリート造(一部木造)
主な関連施設 和歌山市立博物館、和歌山県立博物館、時鐘堂から吉宗生誕碑・寺町など
主な遺構 岡口門、岡口門続土塀、追廻門、西の丸庭園(紅葉渓庭園)、石垣、堀
住所 和歌山県和歌山市一番丁
問い合わせ先 和歌山城管理事務所
問い合わせ先電話番号 073-435-1044