くげたじょう

久下田城

茨城県筑西市


旧国名 : 常陸

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

チェブ

明るい時間に謎解き。 (2024/04/13 訪問)

1545年、「下館城」城主 水谷 正村さんにより「久下田城」は築かれました。「下館城」の支城として、宇都宮氏に備えます。

「久下田城」、薄暗いとの投稿で避けていたのですが、桜のシーズンだし、意外と花びらでビンクかも。と、楽観的にお邪魔しました。

写真①②を見つけ、案内板の矢印の方向に向かうと道はどんつき。左折し、振り出しに戻るを2回ほどしました。どんつきを右折して、細い道を左折しました。
案内板からの道は、車が すれ違い出来ない位の道幅です。
写真⑨の橋を渡り「久下田城」に到着しました。
郭になると思いますが、こちらに車を駐車しました。
確かに薄暗いですが、やっと見つけた「久下田城」ですので、郭をグルッと回りました。
桜の木も、やや控えめに花びらを散らしていました。
土塁や堀が残ってます。写真⑨に戻ると、土橋だったのか両脇は堀になっています。

『久下田城絵図』がありました。
文字が薄くなっていて、現在地が分かりません。
でも、絵図の色別はたくさん区切ってあります。
よーく見ると、『空家』の文字。

『空家』って、、、?
今でも使われている館があるのか、気になる「久下田城」攻めでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

水谷蟠龍斎政村 (2024/05/03 訪問)

 藤原秀郷が平将門追討の目的で築いた上館、中館、下館の中で上館にあたると伝わっています。戦国時代には下館城主水谷蟠龍斎政村が宇都宮氏に対抗するために築城しました。当時はかなり大規模な城であったようです。
一部ですが、土塁と空堀が残っています。主郭周囲しか散策していませんが、他にも遺構が残っているようです。
 真岡鐡道久下田駅から徒歩15分くらいで行くことができます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

上館 (2023/12/10 訪問)

間に小栗城をはさみつつも、下館、中館とセットで上館を攻略できてしてやったりです。下館、中館、上館の中では上館・久下田城が最も空堀、土塁といった遺構が残っていて城としての風情を感じることができました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

しんしんちゃん

土塁、堀切の遺構は健在 (2023/05/04 訪問)

久下田城はかつて五行川の流れを防御に利用した断崖上に
築かれていたとされています。本丸に鎮座していた稲荷神社は
すでに荒廃していますが、本丸周囲の土塁と堀は健在です。
本丸の周囲を郭が囲み、それが二の丸ではないかと思います。
天文18年から永禄8年の間に、下館城主の水谷正村(蟠龍斎)が
築いたとされています。水谷氏は結城氏に従っており、関東管領と
結城氏との抗争の際に、功績をあげ水谷氏初代伊勢守勝氏は
下館城を築きました。久下田城は戦国期に下館城の支城として
機能していたとのことです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 水谷正村
築城年 天文14年(1545)
主な城主 水谷氏
廃城年 元和元年(1615)?
遺構 曲輪、横堀(空堀)、横堀(水堀)、土塁
指定文化財 県史跡(久下田城跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 茨城県筑西市樋口字城山221
問い合わせ先 筑西市生涯学習課
問い合わせ先電話番号 0296-22-0182