こうざしじょう

神指城

福島県会津若松市


旧国名 : 陸奥

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

チェブ

幻のお城。 (2019/05/04 訪問)

福島県の会津若松市にある「神指城」に行きました。
越後から会津に移封された上杉 景勝さんが、直江 兼続さんに築かせた「神指城」です。
1600年3月から12万人で工事が始まりました。
が、6月で中止です。
家康さんの上杉討伐です。
でも、家康さんは関ヶ原の合戦に変更し引き返してしまうので、上杉 景勝さんはいい迷惑ですよね。
上杉家は1601年に米沢に引っ越しました。
天守以外は完成していたらしいんです。
「神指城」の石垣は会津若松城で再利用したそうです。
現在の「神指城」グランドの奥に遺構があります。
会津若松城の2倍の大きさだったらしいので、周りの田んぼもお城跡でしょうね。
ちょっと草がボーボーしていました。
「CGで再現された勇姿」のポスターはボロボロです。
頑張れ「神指城」!!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

120万石幻の巨城 (2018/04/22 訪問)

 昨年4月中旬3泊4日で新潟県の城巡りを終えて3日目、会津入り向羽黒山城初登城、観光で峠越えして山道を大内宿へ大内宿は人波でごった返して駐車場は順番待ち会津公の大名行列を思い浮かべ藁屋根の宿場町を見晴らし台より撮影、素晴らしい景観です。
 その後田圃の中の神指城へ、上杉景勝、直江兼続無念の大城郭総石垣大天守閣が輝く様が見えるようです。
 拠点が色々有りますが一番分かり易い大欅の有る二の丸北東土塁を探訪。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

赤い城

上杉景勝の未完の城 (2019/03/02 訪問)

会津若松市中心部から4kmくらい。
上杉景勝が新たな居城として築城したものの関ヶ原敗戦で未完となった。
本丸部分には私有地も多いです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

義の男二人 (2013/08/14 訪問)

上杉景勝公と直江兼続公が築城したとされる神指(こうざし)城。確認できる城域は本丸と二ノ丸ですが、本丸と二ノ丸だけでも鶴ヶ城を凌ぐ大きさだったことが、現地の説明板の空撮写真で分かり、とても驚いた記憶があります。それ以上に、その縄張りの簡易さに驚きましたが。訪れる前は徳川家康と喧嘩する為の城と思っていたのですが、現地を見てみて、防御よりも阿賀川との接続の経済性を重視した築城地と縄張りだなと感じました。

城址は本丸が田圃の中にぽつんとあり、二ノ丸の土塁が所々残っています。本丸内部は農家の方の畑になっており、今も残る本丸の土塁の高さで内部は全く見えませんでした。

二ノ丸南の土塁には、如来堂があり。ここは幕末に、新選組の斎藤一が守備していたところ西軍の襲撃を受けて、新選組が多数の死者を出した所です。鶴ヶ城の投稿でも書きましたが、大事なことなので2回書きます。会津を脱出しようとする新撰組他隊士に斎藤一が語ったとされる言葉です。「今、落城せんとするのを見て、志を捨て去る、誠義にあらず」斎藤一・・・男じゃねえか。

上杉景勝公は、本能寺の変の直前に佐竹氏に送ったとされる書状が清々しくて個人的には好きですね。ここに書くと長くなるので、気になった方はネットで検索したら出てくるので調べてみてください。

建物も石垣もありませんが、そんな義の男二人の面影が残る城です。

本丸と二の丸の東側に無料駐車場ありました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 輪郭式平城
築城主 上杉景勝
築城年 慶長5年(1600)
主な城主 なし(未完成)
廃城年 慶長6年(1601)
遺構 曲輪、堀、土塁
再建造物 碑、説明板
住所 福島県会津若松市神指町中四合字高瀬
問い合わせ先 会津若松市観光課
問い合わせ先電話番号 0242-39-1251