日本100名城

いわむらじょう

岩村城

岐阜県恵那市

別名 : 霧ヶ城

投稿する
岩村城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

hirosansan

日本100名城訪問005 (2018/07/22 訪問)

明智鉄道 恵那-岩村フリーキップ960円を買って訪問した、NHKの半分青いのロケ地でもあり、たくさんの人が観光していた、五平餅が美味しい。

+ 続きを読む

こしつぶあんぱん

岩村城 (2017/09/30 訪問)

要所、要所に説明パネルがありわかりやすかったです。石垣をみるたびに先人の苦労と知恵に思いを馳せます。うずみ門では左右で石垣の積み方が異なり、時代ごとで修復を重ねていることがわかります。一ヶ所で二度、三度オイシイ、私的にうれしいポイントでした。

+ 続きを読む

城いぬ

看板がありました (2018/09/01 訪問)

どんな城かわかりやすい

+ 続きを読む

オダリン

日本三大山城 (2008/08/21 訪問)

6段壁や雄大な石垣が壮観である。麓の岩村の町並みも雰囲気があり最高。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

山城では日本で最も高い標高約717mの地に築かれ、高取城、備中松山城と並んで日本三大山城と呼ばれている。山頂・山腹に数多くの曲輪群が階段状に配され、山麓には居館群があった。本丸、二の丸、八幡曲輪、東曲輪がよく残り、本丸北東面に積み上げられた6段の石垣が壮観。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 文治元年(1185)、永正年間(1504~21)、天正3年~慶長年間(1575~1615)
築城者 加藤景廉(伝)、遠山氏、河尻秀隆、各務兵庫、松平家乗
主要城主 遠山氏、秋山氏、河尻氏、団氏、各務氏(城代)、田丸氏、松平(大給)氏、丹羽氏、松平(大給分家)氏
文化財史跡区分 県指定史跡
近年の主な復元・整備 岩村歴史資料館、民俗資料館、御殿茶室、藩校知新館正門
天守の現況・形態 -
主な関連施設 平成2年に太鼓櫓、表御門、平重門などを再建
主な遺構 曲輪、堀切、門跡、井戸、櫓台
住所 岐阜県恵那市岩村町
問い合わせ先 岩村振興事務所
問い合わせ先電話番号 0573-43-2111