日本100名城

いわむらじょう

岩村城

岐阜県恵那市

別名 : 霧ヶ城

投稿する
岩村城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

たかさん

またもや山城・・・だが、 (2019/08/14 訪問)

2か月程お城に行けず、やっとお盆休みになったので行きたかったお城に行きました。
少し渋滞にはまりましたが、約3時間半で到着。ところが、カーナビの指示通りに行ったところ、
本丸跡付近の山上付近の小さい駐車場(約10台)に案内され、山城登城の楽しみである登山が
出来ませんでした・・・
ただ、緑と石垣のコントラストは良かったです。(これで3大山城制覇)
後、城下町の散策はドラマの舞台にもなったいましたが、
昭和の雰囲気がありお勧めしたいと思います。

+ 続きを読む

響ちゃん

晴れ (2019/08/13 訪問)

緑が気持ち良いぽい

+ 続きを読む

街道おじさん

岩村城登城 (2019/03/12 訪問)

NHKの朝ドラ『半分青い』の放送で注目を浴びた岩村の町。
しかし岩村城は標高717mの日本一高いところに築かれた城であり、
登城は登り坂を歩き続けるので結構つらい。観光客の姿は見えず、
城好きの姿がちらほら。
苦労して登城した甲斐がある。石垣が素晴らしい。
この日は苗木城にも登城。素晴らしい山城を堪能できた。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

城下町も素敵です (2015/11/28 訪問)

岩村歴史資料館に駐車して登城しました。資料館からでも本丸との比高は130m程あるので、足に不安のある方は本丸近くの出丸の駐車場(無料)まで行った方がよいかもしれません。ただ、道が狭いので運転に注意が必要のようです。道中、挨拶した年配の方々の中には「膝が痛い」と言う方が何名かいました。

本丸含め石垣は多いですが、標高の割に眺望はあまり印象に残りませんでした。

城はもちろん、城下町も趣があって素晴らしいです。日本酒の「女城主」を販売している「岩村醸造」さんの店の奥に、天正4年(1576)に川尻鎮吉(河尻秀隆)が岩村城下に整備した「天正疎水」があり、説明もありました。

岩村城と言えば(私の中で)、遠山景任・おつやの方・秋山信友となるのですが、もう一人気になる武将が城主を務めています。伊勢国田丸城主だった田丸直昌です。後に蒲生氏郷の与力大名として須賀川城、三春城、守山城の城主を務めますが、関ヶ原の合戦時に岩村城主となっていました。小山評定で大名達が徳川家康に取り入る逸話はよく伝わっていますが、この田丸直昌はただ一人西軍につくことを表明したとの逸話が伝わっています。実際、小山評定に参加したのかも不明のようですが、そのような噂が後世に残る男がどのような武将だったのか個人的に気になります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

山城では日本で最も高い標高約717mの地に築かれ、高取城、備中松山城と並んで日本三大山城と呼ばれている。山頂・山腹に数多くの曲輪群が階段状に配され、山麓には居館群があった。本丸、二の丸、八幡曲輪、東曲輪がよく残り、本丸北東面に積み上げられた6段の石垣が壮観。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 文治元年(1185)、永正年間(1504~21)、天正3年~慶長年間(1575~1615)
築城者 加藤景廉(伝)、遠山氏、河尻秀隆、各務兵庫、松平家乗
主要城主 遠山氏、秋山氏、河尻氏、団氏、各務氏(城代)、田丸氏、松平(大給)氏、丹羽氏、松平(大給分家)氏
文化財史跡区分 県指定史跡
近年の主な復元・整備 平成2年に太鼓櫓、表御門、平重門などを再建
天守の現況・形態 -
主な関連施設 岩村歴史資料館、民俗資料館、御殿茶室、藩校知新館正門
主な遺構 曲輪、堀切、門跡、井戸、櫓台
住所 岐阜県恵那市岩村町
問い合わせ先 岩村振興事務所
問い合わせ先電話番号 0573-43-2111