日本100名城

いわむらじょう

岩村城

岐阜県恵那市

別名 : 霧ヶ城

投稿する
岩村城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

こるまろ

東美濃の山城周遊スタンプラリーの2城目 (2019/03/10 訪問)

東美濃の山城周遊スタンプラリーの2城目。 登城&スタンプ。 岩村歴史資料館閉館で2日連続通い。
ブログ1日目: https://minkara.carview.co.jp/userid/1532104/blog/42973869/
ブログ2日目: https://minkara.carview.co.jp/userid/1532104/blog/42978132/

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

AIBO

地元のお城です

日本3大山城として有名な岩村城です。
標高も高く、軽い気持ちでは登れないので、実はまだ頂上まで行っていません。

+ 続きを読む

多摩の山ちゃん

運動不足の人には厳しい坂道です。 (2017/10/20 訪問)

風情のある城下町風の街並みをを通り抜けると天守跡への入口です。それからかなり厳しい石ずくりの山道を登ると頂上の天守跡に到着です。遠く眼下には恵那市の街並みが一望でき、達成感と清涼感を満喫出来ます。
徒歩での行き帰りは日頃より運動不足の人には厳しい道のりですが、帰り際に山頂近くまで車で行ける道路がある事に気付きました。
次回は麓の風情のある街並みを訪れるとともに山頂まで車で再訪したいと思っています。

+ 続きを読む

しんちゃん

日本三大山城 岩村城 (2020/01/03 訪問)

 見所は、六段壁と畳橋。六段壁が出来た理由は、絵図にある通りメインの高石垣が崩れないよう上部から段々に石垣を追加していき六段になったとの事。畳橋は、本丸へ向かう橋の橋台が残っており、当時の様子は案内図にある再現CGが適切だろうと思う。石垣の大半は、戦国時代が終わった後、松平家が江戸時代に作ったようで、人の往来がある山道側は石垣が組んであるが、曲輪の裏側は土塁のままであったのも面白い。また地形を生かした石垣や、何種類かの石垣の組み方が一箇所で見れるポイントもあり、戦いの生々しさより、権威を示すような威圧感や、城が持つ華やかさすら感じた。
さて、私が住む遠州地方の高天神城を中心とした武田対徳川の戦が繰り広げられた山城は、武田の滅亡と共に廃城になっていった戦闘用山城で、日常的に居住もしていた岩村城のような山城とは雰囲気が全く異なり面白い。
名古屋城の改築に合わせて伐採し、城から城下町が見えるようになったのもありがたい。いつも思うが、山城の周りは極力当時のように裸山にして欲しい。
帰りは岩村の城下街にある松浦軒本店のカステーラは有名でお土産に買って帰った。城下町も風情があり良かった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

山城では日本で最も高い標高約717mの地に築かれ、高取城、備中松山城と並んで日本三大山城と呼ばれている。山頂・山腹に数多くの曲輪群が階段状に配され、山麓には居館群があった。本丸、二の丸、八幡曲輪、東曲輪がよく残り、本丸北東面に積み上げられた6段の石垣が壮観。

イベント情報

  • 2020年03月07日(土)~2020年03月08日(日)

    岩村城

    【2/16申込締切】天正10年 織田信長、武田氏討伐の道をたどる~信長、光秀そして信玄が交錯する道~ 名古屋発着バスツアー(1泊2日)

    信長による美濃岩村から信濃飯田までの武田氏討伐の道をたどり、織田、武田両氏の攻防の地を巡る1泊2日のツアー。信長が陣を張った岩村城を皮切りに、討伐に従軍していた光秀ゆかりの明知城跡や「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」、そして信玄終焉の地とされる信玄塚や信玄を火葬に付したとされる長岳寺、武田勝頼父子の首実検の地など、信長、光秀、信玄が交錯する道をたどります。 料金:35,800円/37,800円(宿泊先による)募集定員:40名(最少催行人員18名) 詳細はホームページにある募集チラシをご覧ください。

    • 会場名岩村城ほか
    • 住所岐阜県恵那市岩村町ほか
    • お問い合わせ(株)南信州観光公社  TEL:0265-28-1747
    • URLhttps://www.mstb.jp/gentei/

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 文治元年(1185)、永正年間(1504~21)、天正3年~慶長年間(1575~1615)
築城者 加藤景廉(伝)、遠山氏、河尻秀隆、各務兵庫、松平家乗
主要城主 遠山氏、秋山氏、河尻氏、団氏、各務氏(城代)、田丸氏、松平(大給)氏、丹羽氏、松平(大給分家)氏
文化財史跡区分 県指定史跡
近年の主な復元・整備 平成2年に太鼓櫓、表御門、平重門などを再建
天守の現況・形態 -
主な関連施設 岩村歴史資料館、民俗資料館、御殿茶室、藩校知新館正門
主な遺構 曲輪、堀切、門跡、井戸、櫓台
住所 岐阜県恵那市岩村町
問い合わせ先 岩村振興事務所
問い合わせ先電話番号 0573-43-2111