日本100名城

ながしのじょう

長篠城

愛知県新城市

別名 : -

投稿する
長篠城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

あじふらい

長篠城 (2018/03/10 訪問)

幼いころから何度も来ている長篠城へ行きました。設楽原歴史資料館、武田勝頼本陣跡医王寺にも足を延ばしました。

+ 続きを読む

ブラタヌシ

天下統一の始まりの場所 (2019/02/08 訪問)

織田、徳川VS武田 で有名な場所

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

夏の雪だるま

長篠の戦いの城 (2016/09/19 訪問)

愛知県新城市の百名城の一つ長篠城です。1508年頃今川氏方の武将菅沼氏が築城したとされます。今川義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれた後、1561年菅沼氏は徳川家康に従いますが、1571年武田信玄軍に攻められ降伏、武田氏に属します。1573年信玄が亡くなると家康は長篠城を攻略、奥平氏を城主に任命。1575年武田勝頼は長篠城奪還のため1万5千の兵を率い城兵5百が鉄砲200挺で守る長篠城を包囲。しかし、武田軍の激しい攻撃に兵糧蔵が焼かれるなどしたため落城必須となり、奥平家臣鳥居強右衛門が密使として城の麓を流れる豊川の急流を泳ぎ渡り岡崎城へ援軍要請、城へ引き返す途中武田軍に捕縛され、援軍は来ないと言えば助けると強要されるも、城兵の前に立つと鳥居は「援軍が出立した」と叫んだため武田軍により殺害。しかし、これにより気力を持ち直した城兵が城を守りきる間に、織田・徳川軍3万8千が援軍として約4km離れた設楽原に着陣。馬防柵を設置し兵を窪地に隠し兵力を少なく見せたため、武田軍は城の囲みを解き織田・徳川軍に突撃を敢行するも数千挺の鉄砲の銃撃にさらされ歴戦の将士の多くを失い敗走、これにより武田氏は大きく衰退、1582年の武田氏滅亡を招いたとされます。1576年奥平氏は新城城を築き移ったため長篠城は廃城となっています。城は、南が宇連川、西は豊川に面した50mの断崖で、西北は矢沢の険しい谷が有り、平地に面した側に郭に水堀と土居、外郭に柵などを配した堅城とされます。城跡は現在国史跡となり本丸付近は比較的遺稿が残っていますが、本丸外側の郭はほとんど遺構が残っていません。また二の丸跡に史跡保存館が建てられています。

+ 続きを読む

Moss

長篠城

写真がない。

+ 続きを読む

概要

宇連川と豊川が合流する断崖上に、奥三河の土豪・菅沼元成が築いた要害堅固な城。戦国末期には武田氏と徳川氏で争奪戦が繰り返されて、家康家臣の奥平氏による籠城戦の舞台としても有名。武田軍の猛攻を防いだ主郭北側の大規模な空堀や、野牛曲輪、弾正曲輪などがよく残っている。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 永正5年(1508)
築城者 菅沼元成
主要城主 菅沼氏、奥平氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 -
主な関連施設 設楽原決戦場・医王寺山武田勝頼本陣跡、新城市長篠城址史跡保存館・新城市設楽原歴史資料館
主な遺構 主郭、野牛曲輪、土塁、堀
住所 愛知県新城市長篠字市場
問い合わせ先 新城市教育委員会長篠城址史跡保存館
問い合わせ先電話番号 0536-32-0162