日本100名城

ながしのじょう

長篠城

愛知県新城市

別名 : -

投稿する
長篠城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ヒロケン

長篠の戦い (2018/01/03 訪問)

永正5年今川氏親に誼を通じた菅沼元成が築城。元成とその子孫・長篠菅沼氏が居城した。
天正3年、父・信玄の跡を継ぐことになった四男・武田勝頼が持てる兵力の大半1万5千の兵を率いて奥平信昌が5百の手勢で守る長篠城を攻め囲み、長篠の戦いが始まる。

天正4年前年の長篠城の攻防戦で城が大きく損壊したこともあり、奥平信昌は新城城を築城し長篠城は廃城となった。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

三河のかづ

長篠城 (2018/09/23 訪問)

堀がきれいに残っているのが印象的。川へ降りることができず。季節を変えてまた行ってみたい。

+ 続きを読む

オダリン

武田と徳川の長篠の戦いの舞台 (2012/03/01 訪問)

今でも本丸を囲む空堀と土塁が形よく残っている。駐車場からすぐ目の前に飛び込む空堀には圧倒されます。奥平氏の籠城戦と鳥居強右衛門の話は有名である。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

トマトマト

やっと (2018/04/20 訪問)

100城、県内制覇です(;^_^A

+ 続きを読む

概要

宇連川と豊川が合流する断崖上に、奥三河の土豪・菅沼元成が築いた要害堅固な城。戦国末期には武田氏と徳川氏で争奪戦が繰り返されて、家康家臣の奥平氏による籠城戦の舞台としても有名。武田軍の猛攻を防いだ主郭北側の大規模な空堀や、野牛曲輪、弾正曲輪などがよく残っている。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 永正5年(1508)
築城者 菅沼元成
主要城主 菅沼氏、奥平氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 -
主な関連施設 設楽原決戦場・医王寺山武田勝頼本陣跡、新城市長篠城址史跡保存館・新城市設楽原歴史資料館
主な遺構 主郭、野牛曲輪、土塁、堀
住所 愛知県新城市長篠字市場
問い合わせ先 新城市教育委員会長篠城址史跡保存館
問い合わせ先電話番号 0536-32-0162