ひやまじょう

檜山城

秋田県能代市

別名 : 檜山城、霧山城、堀ノ内城、堀内城
旧国名 : 出羽

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

第2回全国一斉お城の月 (2008/04/26 訪問)

脇本城と並んで東日本最大級の山城と称されるのが、檜山安東氏の居城・檜山城で国史跡に指定されている。脇本城に比べると郭をきれいにみわたすことができず、今ひとつ満足感が得られないが、三の丸からの眺望は能代八景と称される絶景である。

+ 続きを読む

秋田県屈指の名城(と思っています) (2015/09/19 訪問)

 車でも近くまで行けますが、私はバスを利用しました。東能代駅からバスにて桧山下車。歩いて20分もあれば郭のあるエリアにたどり着けます。
安東愛季の居城で広大な縄張りを持つ城。各郭は整備されていて見学を容易にしています。
北郭へ行きたかったが館神址からの道は何とかわかったが、まだ草も多く時間もなかったために断念しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 安東氏
築城年 明応4年(1495)
主な改修者 多賀谷氏
主な城主 安東氏、小場氏・多賀谷氏(佐竹氏家臣)
廃城年 元和6年(1620)
遺構 曲輪、土塁
指定文化財 国史跡(檜山安東氏城館跡)
住所 秋田県能代市檜山