なべくらじょう

鍋倉城

岩手県遠野市

別名 : 横田城、新横田城、遠野城
旧国名 : 陸奥

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

夏の雪だるま

遠野南部氏の城 (2015/09/14 訪問)

「歴史と民話の里」岩手県遠野市にある鍋倉城です。奥州藤原氏の攻めの功績により遠野地方を治めていた阿曽沼氏が、それまで居城としていた猿ケ石川右岸の横田城が、たびだび洪水の被害を受けたため、新たに猿ケ石川対岸の鍋倉山上に天正年間1573~1591年頃に築き居城とした城です。阿曽沼氏は豊臣秀吉の小田原攻めに参陣しなかったため、独立大名から南部氏配下とされます。1600年関ヶ原の戦いに南部軍として山形に遠野から出陣した時、一族の鱒沢氏が謀反を起こし鍋倉城を占領。鱒沢氏は南部家当主利直の妹を妻としており、南部氏の謀略とも言われています。阿曽沼氏はこのため、伊達政宗の支援を受け遠野を奪還しようとしますが、南部氏の加勢を受けた鱒沢氏が遠野を守り切り阿曽沼軍を撃退、阿曽沼氏は滅亡したとされます。その後、鱒沢氏も謀反の疑い有として南部氏に粛清され、南部氏は家臣を城代として遠野を治めましたが治安の乱れが続いたため、1627年一族の南部八戸氏を八戸根城から一万二千五百石で遠野に移封。以降、遠野南部氏として幕末まで続いています。遠野南部氏は御三家と呼ばれ、盛岡城に常勤したため鍋倉城には家老が城代として遠野を治めたとされます。城は遠野盆地の南方の標高340mの独立丘陵鍋倉山に築かれ、本丸に当主屋敷を置き、二ノ丸、三之丸に家臣の屋敷を配し、来内川を天然の内堀とし全体で東西350m南北450mの規模とされます。現在は、鍋倉公園として整備され、二ノ丸に遠野南部家墓所、三之丸に櫓を模した展望台があります。

+ 続きを読む

todo94

本丸の桜 (2012/05/04 訪問)

強い雨に鍋倉城は断念かとも思っていたが、遠野の街中に着いた頃には傘のいらない小ぶりになっていたので、喜び勇んで鍋倉城に馳せ参じる。三の丸の模擬展望台からの眺めのも天気が悪い割には良かった。麓の方の桜は既にかなり散ってしまっていたが、頂上の本丸は満開の桜が咲き誇っていた。

+ 続きを読む

さい

南部家歴代の墓所 (2014/09/22 訪問)

二重堀等もあり、遺構は良く残っています。綺麗に整備されているので、表側は歩きやすいです。裏側は少し藪。城内に南部家歴代のお墓があります。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
築城主 阿曽沼広郷
築城年 天正年間(1573~1592)
主な城主 阿曽沼氏、遠野南部氏
廃城年 明治2年(1869)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
再建造物 碑、説明板、城郭風建築物(なべくら展望台)
住所 岩手県遠野市遠野町(鍋倉公園)
問い合わせ先 岩手県政策地域部NPO・文化国際課
問い合わせ先電話番号 019-629-5337