日本100名城

つつじがさきやかた

躑躅ヶ崎館

山梨県甲府市

別名 : 武田氏館
旧国名 : 甲斐

投稿する
躑躅ヶ崎館
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

こんたにさん

真夏の館跡 (2021/08/29 訪問)

駅から徒歩20-30分。駅からまっすぐ。道に迷うこともなくたどり着けました。

+ 続きを読む

こうちゃん

大河ドラマで出てきた所がここなのか! (2021/06/09 訪問)

神社前に駐車スペースあり!敷地内は全て神社で跡形も無し!入り口に、館時代の縄張り図と神社の全体図があるのでそれ見比べてって感じかな!

+ 続きを読む

キンヤ

枡形虎口等が整備され見所が多い武田氏の居館 (2019/04/21 訪問)

2021年は武田信玄公の生誕500年を迎え、信玄公ファンとしては甲斐に再度行きたいですが、コロナで県外移動ができませんので、2年前に行った時のものを投稿させて頂きます。

2008年以来、11年ぶりに行きましたが、味噌曲輪、西曲輪の枡形虎口、主郭東側の大手等が整備され、見学し易く見所が多くなっていました。

特に西曲輪の北側・南側の枡形虎口・石垣が素晴らしかったです。

方形の主郭・西曲輪は大きな堀・土塁で囲まれていて見応えがあります。
但し、堀・土塁は武田氏滅亡後に大型へ改修されたともいわれます。

主郭東側大手の角馬出も良かったですが、復元されたのは徳川氏又は豊臣氏配下の大名の時代のものであり、発掘調査から武田氏時代は丸馬出だったようです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

淳盛甲斐守

地元の神社 (2012/08/16 訪問)

甲府の人は初詣、お宮参り、七五三と良く利用します。昔は城として意識しませんでしたが今では武田信玄の館跡として観光客も一杯です。桜の季節は神社から武田通りを見下ろすと桜のトンネルです。

+ 続きを読む

概要

主郭・西曲輪を囲む広い水堀が圧巻。武田氏三代の居館ならではの見どころとして、西曲輪の南北に今も残る武田氏特有の桝形虎口は必見。大手東側には総堀と土塁で囲まれた曲輪が造られ、土塁と堀が復元されている。近隣の甲府城と見比べると、中世と近世の城郭の違いがよく分かる。

城郭情報

城地種類 連郭式平城
築城年代 永正16年(1519)
築城者 武田信虎
主要城主 武田氏、川尻氏、徳川氏、豊臣氏、加藤氏、浅野氏
文化財史跡区分 国史跡(武田氏館跡)
近年の主な復元・整備 徳川氏、羽柴秀勝、加藤光泰
天守の現況・形態 不明
主な関連施設 石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)、横堀(水堀)、虎口
住所 山梨県甲府市古府中町2611
問い合わせ先 甲府市観光開発課
問い合わせ先電話番号 055-237-5702