日本100名城

たけだしやかた

武田氏館

山梨県甲府市

別名 : 躑躅ヶ崎館[つつじがさきやかた]

投稿する
武田氏館
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

織田晃司

人は石垣 人は城 (2018/05/04 訪問)

東曲輪は武田神社に。西曲輪に躑躅ヶ崎館の遺構(石垣、土塁、虎口、空堀)が残る。

+ 続きを読む

しゅわっち

武田神社を通り抜けました! (2018/05/17 訪問)

正面から西曲輪へ武田神社を通り抜けました!西曲輪の奥では発掘作業が行われており、作業しながら説明なさってました。聞きたかったのですが、さらっと通りすぎました!えへへ

+ 続きを読む

コロスケコロコロ

躑躅ヶ崎館跡 (2017/04/19 訪問)

神社としても立派ですが、遺構も良かったです。

+ 続きを読む

todo94

昨日の攻城4 (2018/03/24 訪問)

3度目のスタンプラリー、54城目。剪定作業中だったけど、堀も土塁も虎口も西曲輪が一番かな。

+ 続きを読む

概要

主郭・西曲輪を囲む広い水堀が圧巻。武田氏三代の居館ならではの見どころとして、西曲輪の南北に今も残る武田氏特有の桝形虎口は必見。大手東側には総堀と土塁で囲まれた曲輪が造られ、土塁と堀が復元されている。近隣の甲府城と見比べると、中世と近世の城郭の違いがよく分かる。

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 永正16年(1519)
築城者 武田信虎
主要城主 武田氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 近年、毎年のように調査、整備が行われている
天守の現況・形態 -
主な関連施設 武田神社、宝物殿など。周辺には武田氏時代以来の神社仏閣多数
主な遺構 主郭(東曲輪・中曲輪)、西曲輪、北曲輪、土塁、堀、大手東の土塁
住所 山梨県甲府市古府中町2611
問い合わせ先 甲府市観光開発課
問い合わせ先電話番号 055-237-5702