日本100名城

はちおうじじょう

八王子城

東京都八王子市


旧国名 : 武蔵

投稿する
八王子城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

イタさん

軽い登山気分 (2024/06/07 訪問)

 前回は富士見台から太鼓曲輪まで足を伸ばしたが、小宮曲輪を飛ばしていた。今回は小宮曲輪だけはと出かけた。旧道は新道に比べ幅狭だがしっかりしている。柵門跡近くで旧道が新道の尾根に近づくと、尾根下に石垣が見え出す。柵門跡から更に登り小さな高丸、巻いて東斜面に出れば一番の展望が得られる。開けた平地に東屋が建ち、上の段の中曲輪に綺麗になった八王子神社が建つ。東屋の背後から小宮曲輪へ、夏草が多い狭い道を登れば石が散乱する虎口風な場所になる。東に向かい狛犬があり、参道らしいが奥に社殿はない。草が多く全体像がわかりにくい。

 小宮曲輪・本丸・松木曲輪と回って詰城へ向かう。井戸跡の坎井(カンセイ)はブルーシートに覆われている。下れば堀切の底に出て、登り尾根歩きになる。詰城まで小さなピークが3ヶ所あるが、2つ目辺りから石が散乱しだし、足元斜面に張り付いた石もある。公式HPに詰城南尾根石塁と載っている。北尾根石塁が分かり易そうだが、草が枯れた頃に訪問したい。引き返し御主殿跡と御主殿の滝を見学する。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

まさお

北条氏が築いた山城 (2024/04/18 訪問)

北条氏照が滝山城の後に築いた本格的な山城。 ガイダンス施設から石段を通って御主殿跡まで行きました。本丸登城は次回にとっておきます。

+ 続きを読む

HARU

八王子城本丸 (2020/11/29 訪問)

八王子城の本丸に初めて登りました。北条氏康の三男北条氏照によって築城された八王子城ですが、北条氏の支城では最大規模を誇ります。本丸までの登り道は覚悟を持って登るようです。途中に見える景色も素晴らしく、本丸近くには「八王子」の名の由来となった「八王子神社」があります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

HARU

八王子城 (2017/01/14 訪問)

地元の八王子、北条氏照が滝山城を離れ八王子城を築城しました。先ずはガイダンス施設で知識を得て、復元された御守殿跡などを巡るのがお勧めです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

北条氏康の次男・氏照が築いた山城。後北条氏の支城としては最大規模で、本丸を中心とする要害地区と山麓の居館地区、さらに外郭の防御施設から成る。山中には堀切や石垣が現存し、本丸と伝大天守跡の間にある大堀切など、豊臣秀吉の侵攻を意識した縄張が今も見られる。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 天正15年(1587)頃
築城者 北条氏照
主要城主 北条氏
文化財史跡区分 国史跡(八王子城跡)
主な関連施設 石垣、虎口、引き橋、石碑、説明板
主な遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)、御主殿跡
住所 東京都八王子市元八王子町3、西寺方町、下恩方町
問い合わせ先 八王子市生涯学習スポーツ部文化財課
問い合わせ先電話番号 042-620-7265