だざいふ

大宰府

福岡県太宰府市

別名 : 太宰府
旧国名 : 筑前

投稿する
正殿跡
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ぴーかる

大宰府政庁跡 (2022/01/08 訪問)

【大宰府】
<駐車場他>大宰府政庁跡駐車場無料数十台分あり。
<交通手段>車

<見所>礎石
<感想>1泊2日国土防衛筑前国の旅1城目。新年の1城目にふさわしい。朝3:30に出発、予定より遅れ昼前に到着したので水城を後回しにして繰り上げ訪問した。大宰府について今更語る必要はないので割愛、政庁跡は礎石建物跡が沢山あります。恥ずかしながら太宰府って政庁を最東にし東西に朱雀大路、西に碁盤目状に町が広がっていたのが知らなかったので新鮮でした。東の背後に四王寺山の大野城が見え守ってるって感じがいいです。展示館には時間がなかったので寄らず。

<満足度>◆◆◇

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

朝田 辰兵衛

JR二日市駅まで足をのばしてみました。 (2020/12/07 訪問)

JR二日市駅脇に「客館跡」,ちょっと離れて「榎社」があるということがわかったので,ちょっと足をのばして…。
以前,岩屋城から楽々見通すことができたので,「岩屋城は見えるかな」と見上げたら苦労せずに見えました。
また,ココを表現するときは「太宰府」ではなく「大宰府」と表記の分別があることにも気づきました。

そうそう,本年ラストの書き込みになると思います。
今年は「籠城キャンペーン」でみなさんと楽しい時間を過ごすことができました。
深く感謝申し上げます。
それでは,良いお年をお迎えください。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

🏯城好きのメガネ

「令和ゆかりの地 大宰府政庁跡」 (2020/03/27 訪問)

<オススメ>★★★★★
7世紀後半から九州全体を治め、防衛と外交の拠点として重要な役割を担った大宰府政庁跡である。その規模は平城京、平安京に次ぐ大きなものであり、南北22条、東西24坊の都市があったとされる。万葉集には「遠の朝廷」と詠まれ、その規模をしのばせる立派な礎石が残り、往時を偲べる。また、我が国の新元号である「令和」は万葉集巻五 梅花の歌三十二首序文にある『初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす』の文言を引用したものである。現在は、国特別史跡として整備されている。周辺には、水城・基肄城・鞠智城(続日本100名城)・大野城(日本100名城)など関連する史跡が多く、併せて散策することをオススメする。

<アクセス>
西鉄都府楼前 徒歩20分

+ 続きを読む

雨中の散策 (2020/10/22 訪問)

史跡公園として整備されています。雨の中、散策しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 都城
天守構造 なし
築城主 天智天皇
築城年 7世紀後期
主な城主 大宰帥
遺構 道路跡
指定文化財 国特別史跡(大宰府跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 福岡県太宰府市観世音寺4
問い合わせ先 太宰府市文化財課
問い合わせ先電話番号 092-921-2121