うえしじょう

羽衣石城

鳥取県東伯郡


旧国名 : 伯耆

投稿する
城址碑と模擬天守
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

模擬天守は南条氏の子孫により建てられました (2017/05/29 訪問)

羽衣石城は、貞治5年(1366)羽衣石山(標高372m)に南条貞宗によって
築かれ、永禄から天正年間、当地を治めていた南条氏の本拠地でした。しかし
関ケ原の戦いで西軍に味方しため、領地没収、廃城となります。

昭和6年(1931)南条氏の子孫の手により、山頂に鉄骨・トタン葺き・トタン
張りの模擬天守が建てられましたが、平成2年(1990)建て替えられています。

立派な案内図がある登城入口<35.463564,133.881170>から約4km上がった
山腹の城址駐車場(3面・60台)を利用、左大手道から本丸跡まで約20分、
右搦手道から約15分ですが、両方とも結構キツイ、鬱蒼とした登城路です。

主郭跡には金鯱が光る模擬天守と城址碑、下の帯曲輪には展望台、その先の
搦手道を下りると羽衣石(羽衣伝説)があります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

模擬天守 (2009/10/10 訪問)

湯梨浜町内にある羽衣石城は再訪の地。この城の登城はかなりきつかった記憶が残っている。案内板によると模擬天守まで15分の所要なのだが、その通りの時間がかかってしまうことに原因がありそうだ。途中で休憩をとらず、一気に登りつめてしまう私にとって大抵の城では表示の所要時間より少ない時間で済んでいる。途中には城名の由来となる羽衣岩や天然石の塁壁、頂上部に帯曲輪などの曲輪を見ることができるが、中世の山城に無粋な模擬天守は必要ない。

+ 続きを読む

姫若子

うえし城 (2015/10/31 訪問)

きつい登山。
ひーひー言いながらなんとか本丸へ。
2ルートあって、一つは急角度の階段(丸太でできてるやつ)。
もう一つはやや緩やかで長いルート。

天守閣は窓がガラスの模擬天守。展望台からの眺望はご褒美。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
天守構造 独立式層塔型[3重3階/1931年築・1990年改/RC造模擬]
築城主 南条貞宗
築城年 貞治2年(1363)
主な城主 南条氏、尼子国久、毛利元経
廃城年 慶長5年(1600)
遺構 曲輪、石垣、井戸
指定文化財 県史跡(羽衣石城跡)
再建造物 模擬天守、石碑、説明板
住所 鳥取県東伯郡湯梨浜町羽衣石
問い合わせ先 湯梨浜町観光協会
問い合わせ先電話番号 0858-35-5383