日本100名城

みのわじょう

箕輪城

群馬県高崎市

別名 : -

投稿する
箕輪城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

響ちゃん

(2019/07/20 訪問)

本丸探し回ったっぽい

+ 続きを読む

ぴーかる

箕輪城 (2019/05/01 訪問)

【百名城48城目】
<駐車場他>無料城跡駐車場あり。
<交通手段>車

<見所>曲輪・堀・郭馬出西口櫓門

<感想>GW2泊3日上・越攻城の旅10城目。水沢うどん昼食後まず箕郷支所にてスタンプ押印・パンフレットをもらい登城。搦手口の前の駐車場から上がる。道は舗装されており、比高もそれほどないのですぐ登れますが私は途中一旦右に行って稲荷曲輪→新曲輪と掘を見て二の丸へ。→郭馬出の曲輪と関東再建最大の西口櫓門を見る。この曲輪は掘が深くて幅広いので櫓門が栄えて見応えある。→木俣という曲輪→戻って本丸→御前曲輪→本丸の掘底を歩いて→蔵屋敷→三の丸、ここが一番石垣が残っている。→山を下って鍛冶曲輪→城の反対側に出たのでまた登って終了。この城も山全体が曲輪になっていて整備されていない曲輪も沢山ある。中世城跡では各曲輪がかなり大きく、空堀もでかい、見応えあったが高崎城跡も2日目に見て井伊直政が近世平城に本拠を移したのはわかる気がした。群馬県良かった。この城にて旅終了、全2088㎞走破無事大阪帰還。

<満足度>★★★★☆

<グルメ>水沢うどんは関西人にはあまり馴染みがなく日本三大うどんとはいえ半信半疑で食してみたが、すごーーく美味しかった。ちょうど開店時間に有名店大澤屋に行こうかと思ったが、既に道路が店に入るのに大渋滞!隣の店舗の山源さんは駐車場が1台運よく空いていたのでそこに入った。付け出汁がしょうがが入っており独特で出汁だけでも飲めるほど旨い。きっと水がいいのですね。お土産に数箱買ってくばりました。皆好評でした。
<温泉>伊香保温泉に入りました。少し白濁のいい温泉でした。

<旅の感想>新潟県・群馬県とも人生で初めて行った都道府県で、馴染みなくお城もそれほどには期待していなかったが、予想以上にいい城跡、新潟県は海産物、群馬県は高崎市のパスタ・農産物・うどん・温泉ありと良いところが沢山あり、両県とも一度で好きな県になりました。百・続百名城もまだ残っているので再訪するのが楽しみ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

高崎・前橋を眼下に抑える (2015/05/14 訪問)

巨大な空堀あり、土塁あり、石垣もあり、長野氏と武田氏の壮絶な戦いの歴史あり、井伊直政が城主を務めたりと。遺構好きの人も、武将好きの人もときめくことができるお城だと思います。

二の丸跡でボランティアの方からパンフレットを頂き(ありがとうございました!)、石垣は虎韜(ことう)門・鍛冶曲輪・三の丸・御前曲輪の西側で見ることができました。

城下の水の手曲輪に「水汲みに行くのが地獄の一の木戸行くとは見えて帰る人なし」の碑がありました。おそらく、武田軍に包囲された長野軍の兵が命がけで水汲みに行っていた様子を表している歌だと思うのですが、御前曲輪にも井戸があったので、本当に命がけで水の手曲輪に行ったのかな?と少し疑問に思いました。御前曲輪の井戸は昭和2年に発見され、底から長野氏累代の墓石が多数掘り出されたそうです。墓石を井戸に沈めたのでしょうか?なんてバチあたりなことを・・・

城址からは南に10km離れた高崎市庁舎ビル(高崎城址)がはっきりと見えたので、同じく南東に10km離れた前橋の群馬県庁ビル(前橋城址)も見えるんじゃないかなと思います。

帰る際に城址を眺めながら、箕輪城主で箕輪城落城の際に自害したとされる長野業盛公の辞世の句を思い出していました。
「春風に梅も桜も散り果てて名のみぞ残る箕輪の山里」
享年23歳と伝わります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

モト

名城は何度訪れても名城でした (2019/02/12 訪問)

何度訪れても名城は名城なんですね。
そう思わせるすばらしい城跡です。
深い空堀や馬出し、迫力のある遺構です。
また、三の丸跡など要所にある石垣がまた見事です。
復元した門と共に雰囲気満点です。
これで何度目かわからないくらいに訪れておりますが、何度行っても新たなる発見や迫力ある遺構に満足の城跡です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

概要

巨大な堀や土塁、そして巧緻な縄張による堅固な土造の城として戦国時代に築かれ、徳川家康の譜代・井伊直政が石を多用した近世城郭に改築。本丸や曲輪を囲む深い堀、さらに桝形虎口や馬出からも、縄張の巧みさが伺える。二の丸から鍛冶曲輪の南側に掘られた、幅30m・深さ20mもの大堀切が見どころ。

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 15世紀後半~16世紀前半ごろ、永禄10年(1567)、天正15年(1587)、天正18年(1590)
築城者 長野業尚、武田信玄、北条氏邦、井伊直政
主要城主 長野氏、武田氏、織田氏、小田原北条氏、徳川氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 -
主な関連施設 -
主な遺構 堀、石垣、土塁
住所 群馬県高崎市箕郷町西明屋法峯寺前231他
問い合わせ先 高崎市文化財保護課
問い合わせ先電話番号 027-321-1292