しずがたけとりで

賤ヶ岳砦

滋賀県長浜市

別名 : 賤ヶ岳城
旧国名 : 近江

投稿する
砦曲輪内部
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

七本槍賤ケ岳砦は絶景 (2016/05/05 訪問)

 平成28年5月連休日帰り滋賀県未踏の城廻り、観音寺城を終えて賤ケ岳砦初登城、情報ガイドは何時もの城郭放浪記さん、余湖図コレクションさんによる。
 連休で人出も多くリフトの駐車場は満車、若干並んで待ちほどなく駐車出来ました、リフトへの道すがら七本槍の各武将ごとに案内板が並んでる、清正、正則、嘉明、且元、安治等聞き及んでる武将たち。
 リフトで山頂駅へそこから急峻な坂道を七本槍の武将撮影看板夫々の武将ごとに在り見ながら登ると辛い坂道もなんのその山頂曲輪へ琵琶湖、余呉湖を見下ろせ絶景圧巻、賤ケ岳合戦方向も一望下、440年前も昨日の様歴史実感でワクワクして来ます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

いわぴい

岩崎山砦、大岩山砦、そしてヶ岳砦へ (2019/10/14 訪問)

登り道は綺麗に整備されていて幅も広く、砦間を結ぶ軍道であったと思われる。当日はあいにくの雨天で十分に城跡を見て回ることが出来なかった。それぞれの城跡にある案内板には城郭研究家の長谷川先生の説明と詳細な縄張り図が書かれているので、現地と見比べて観察することができる。

+ 続きを読む

賤ヶ岳からJR余呉駅へ (2019/01/23 訪問)

山本山城から尾根道を賤ヶ岳→大岩山砦→岩崎山砦と10kmほどのトレイル。アップダウンはあまりなく途中に古墳群もあり飽きません。賤ヶ岳のリフトは斜面が崩れて運転再開の目処立たず、賤ヶ岳城跡の展望台に、絵馬(寄付200円)が置いてあり、リフトの再開を祈願しました。
山本山の山頂は硬いチャート。尾根道は、砂岩、泥岩、チャートが入れ替わり、地面の色が変わるのが面白い。

+ 続きを読む

カルビン

日帰りですよ、奥さんw (2016/05/01 訪問)

日帰りで敦賀を散策した帰り道に賤ヶ岳古戦場に立ち寄りました。
木之本駅でバスが見つからず、結局歩いてリフト乗り場に行く事に(汗)・・・タクシー使えばよかったorz
30分近くかかってようやく麓のリフト乗り場に。。。早速七本槍の宣伝がw

足が地面に付くくらい低空な場所が多いリフトの降り口から結構急な登り坂を進む事10分くらいで賤ヶ岳頂上に到着。

ただの古戦場と思いきや、砦としての役割もはたしており、明確な堀が確認できました。
なにせ日帰りな為、じっくり遺構を探せる時間が無かったのがちょっと残念・・・

山頂の平場の至る所に、これでもかっ!ってくらい七本槍orその名前の入った標柱や幟・顔出し人形等がありますw

琵琶湖と余呉湖の絶景が見られますので、史跡めぐり以外の訪問客も多かった模様。
駐車場はそれなりの広さではありましたが、GW訪問した時には駐車待ちの車の渋滞していたのでご注意を。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 不明
築城年 不明
主な改修者 桑山重晴
主な城主 東野左馬助・西野壱岐守(浅井氏家臣)、桑山重晴・羽田正親・浅野長政(羽柴氏家臣)
遺構 曲輪、帯曲輪、腰曲輪、土塁、堀切、切岸、竪堀
住所 滋賀県長浜市川並、大音