さわやまじょう

佐和山城

滋賀県彦根市


旧国名 : 近江

投稿する
龍潭寺門・・・△コーンに「立ち入り禁止」
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カルビン

ちょっとしたミステリー (2014/11/21 訪問)

前日三重県のお城を見学して彦根泊、この日は早朝より佐和山城を攻略すべくAM6:30頃には龍潭寺に到着。
さぁ山上るぞ・・・と思ったら、お寺閉まってましたw
(良く考えれば当然かとorz)

で、待ち時間勿体ないし、ただ待っているの寒いし…と言う事で、龍潭寺からではなく、その更に奥にある大洞弁財天脇のハイキングコースから大回りで佐和山城を攻略する事に。

こちらから攻略される方ほとんどいらっしゃらないらしく、背丈ぐらいの高さの木の枝が山道にせり出しまくりで・・・半分藪の中突入しているようなものでしたw
(足元はしっかりと山道していたので、そのギャップがww)

結構な時間掛かって、佐和山城の最初に現れる遺構・硝煙蔵のある曲輪に到着したのですが。。。ここは発掘工事中(勿論人のいる時間ではなかったので無人)で入れず・・・
大人は遠くからの撮影で我慢です(ー∀ー)b


そのまま主郭に到着し、彦根城を眼下に景色を眺めていたら、後からお城ファンとは思えないような恰好の方がそのまま奥へ進んでいかれました。
実はこれがミステリーで、この後自分も奥の方まで進んだのですが、国道8号線方面に抜ける唯一の道が土砂崩れかなにかで閉鎖されていたんです。。。が、その人とはすれ違わず・・・_s(・`ω´・;)ゞ??むむっ??

・・・あの人どこに消えたんだろう。。。ミステリ~(汗)
(多分地元の方しか知らないような道があったんだ。。。と言う事にしましょうw)

しかし、彦根城建造時に佐和山城は徹底的に解体され、材料転用されつくした為にほぼ遺構らしき場所って残っていないんですね。
ちょっとだけ残った石垣の石も見失いそうになるレベルでしたしw

竪堀の先は頑張れば進めそうに見えましたが・・・竹2本で通行禁止になっていたのが数ヶ所あったのでw


ちょっと遺構的には寂しかった佐和山城ですが、雰囲気だけは三成の気分を味わいましたw

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

BUGTI

三成に過ぎたる城 (2018/11/03 訪問)

彦根城の築城により破城されたのか、天守の隅石が2つだけ寂しく残っている。他にもわずかに石垣が残っているとのことだが、見ることはできない。「過ぎたる城」といわれた面影は今はないが、頂上から彦根市街が一望できます。大手道入口付近は発掘調査中でした。まだまだ不明なことが多いので今後の調査結果が楽しみ。

+ 続きを読む

Snakepit

石垣は草ぼ~ぼ~ (2018/07/16 訪問)

龍潭寺から本丸石垣までは見れますが
その先は
草ぼ~ぼ~

ってか石垣も草ぼ~ぼ~

+ 続きを読む

dougen

2014.11.14登城 (2014/11/14 訪問)

JR彦根駅には、彦根城の案内は当然ながらありますが、意外と石田三成のことも推している様で、佐和山城や三成の解説パネルも展示されています。
佐和山城は史跡指定がないものの案内板や解説板が設置されており、城址の方も良く整備されていて安心して散策が楽しめます。
関ヶ原の合戦で敗れた三成の居城ということもあり、石垣の遺構もほとんど残っていないのが残念なところです。
彦根に行ったら、彦根城はもちろんのこと、合わせて佐和山城を散策すると近世の城郭と中世の山城の両方が楽しめますので、合わせて行くことをオススメします。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
天守構造 型式不明[5重?/1595年頃?/破却(廃城)]
築城主 佐保氏?
築城年 鎌倉時代
主な改修者 石田三成
主な城主 佐保氏、小川氏、磯野氏、丹羽氏、石田氏、井伊氏
廃城年 慶長11年(1606)
遺構 曲輪、石垣、土塁、堀
住所 滋賀県彦根市古沢町
問い合わせ先 彦根市教育委員会文化財課
問い合わせ先電話番号 0749-26-5833