しらすじょう

白巣城

兵庫県洲本市

別名 : 白洲城
旧国名 : 淡路

投稿する
東の丸本丸間の堀切
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

昌官忠

2022夏の青春18キップ遠征2日目:白巣城 (2022/07/21 訪問)

松帆台場からの転戦です。林道入口(34.389318、134.817341)から進入して林道を進むと、途中ゲートがありますが開けてさらに進むと駐車場(34.380035、134.826460)に着きました。

詳細は不明のようですが、淡路島の有力国人であった安宅(あたぎ)氏の居城であったといわれており、安宅八家衆の城のひとつに数えられています。
1581年(天正9年)安宅九郎左衛門冬秀が城主のとき、織田信長の命により淡路に侵攻した羽柴秀吉らの軍勢の火責めにより、炎上し落城したと伝えられています。

林道は落葉が多く雨の日はスリップしそうです。かつ倒木&倒竹が多く、都度、車を停めて林道脇に寄せながら車を進めました。
堀切、土塁、などの遺構が良好な形で残っています。
本丸に社、城跡碑、安宅冬秀公碑がありました。
攻城時間は35分くらいでした。次の攻城先=炬口城に向かいます。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

小城小次郎

山上近くまで車で行ける楽々なお城 (2021/09/19 訪問)

安宅氏の一族と思われる安宅冬秀なる人物がここで秀吉と戦い、壮絶な落城劇を演じたとの伝承もある山城。淡路島内ではかなり標高が高い部類だが、山上近くまで車で行けるので実は楽々登城できるという素敵なお城でもある。

+ 続きを読む

ぴーかる

白巣城 (2019/11/09 訪問)

【白巣城】
<駐車場他>城跡入口前に専用10数台分あり。駐車場にトイレあり。駐車場へは麓から案内、「白巣城⇒」の案内板が要所要所にあるので分かりやすいです。白巣山入口に黄色いゲートがあるので手動で開閉して入ります。(添付写真10枚目)
<交通手段>車

<見所>曲輪・堀切・土塁
<感想>日帰り淡路島攻城の旅4城目。投稿の先陣を切らせていただきます。間違っていたらごめんなさい。
 この城は淡路島のちょうど中央に位置した山城で、淡路水軍で有名な安宅氏のもつ淡路島各所にある城の内の一つ。安宅冬秀という武将が城主だったのが最も有力な説です。三好氏衰退後秀吉の淡路島攻めの時にはこの白巣城は最後まで抵抗して、城主安宅冬秀は城に竹の皮を敷いて最後まで戦ったと伝えられている。
 城跡は自然の地形を利用した曲輪の配置で、曲輪を仕切る堀切はよく残っている。見れる曲輪は本丸・西の丸・馬繋場・米倉跡・東の丸で、添付写真の縄張り図の西の丸の西側の曲輪や馬責場は樹木・笹で行けず、また竪掘りも樹木・笹で見えずでした。馬繋場の土塁は見応えある。東の丸から大阪湾と反対側の瀬戸内海と両方が眺望できる。見れる曲輪はきれいに草刈がされているのにそれ以外は放置状態だったので、遺構が隠れて勿体なかった。
 この城跡で今回の旅終了、一日走行距離256㎞無事走破。

<満足度>◆◆◆

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 不明
築城年 室町時代後期
主な城主 安宅氏
遺構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
指定文化財 市史跡(白巣城跡)
再建造物 石碑、説明板
住所 兵庫県洲本市五色町鮎原三野畑
問い合わせ先 洲本市教育委員会事務局生涯学習課文化振興係
問い合わせ先電話番号 0799-24-7632