日本100名城

おだにじょう

小谷城

滋賀県長浜市

別名 : -

投稿する
小谷城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

夏の雪だるま

浅井氏の居城 (2016/09/22 訪問)

本百名城と中世五大山城の一つ滋賀県長浜市の小谷城です。城は江北を治めた京極氏の家臣であった浅井氏が京極氏の内紛に乗じ自立1524年築城したとされます。城は、北国街道・中山道の交通の要衝にあり、標高395mの頂に山王丸、それから続く尾根部に小丸、京極丸、中ノ丸、本丸、大広間、桜馬場、赤尾屋敷、御馬屋、御茶屋、番所、金吾丸、出丸が配され、麓の清水谷には家臣屋敷と城下町が配されています。1570年織田信長の朝倉攻めに対して、浅井長政は織田との同盟を破棄、織田軍を朝倉軍と挟撃敗走させています。これにより同年、浅井・朝倉と織田・徳川の姉川の戦いが勃発、朝倉軍の敗走により、浅井・朝倉軍は敗れ、織田軍の小谷城攻めが始まります。1573年援軍として来ていた朝倉軍の砦を織田軍が強襲、朝倉軍が撤退を始めると猛追し、朝倉軍は壊滅的となり居城の一乗谷城も陥落し滅亡します。越前を制圧した織田軍は小谷城を3万の大軍で包囲。しかし、5000の兵が守る堅城の小谷城は攻撃に耐えます。そこで木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が兵3000で、本丸の長政と小丸の父久秀の分断を図るため中間にある兵600が守る京極丸を夜襲により占領。引き続き久秀の小丸が陥落させられ、本丸の長政は落城を覚悟。信長の妹お市の方と娘達を信長に引き渡し後、自害落城しています。城は、城攻めに功のあった木下藤吉郎に与えられるも、藤吉郎は山城で不便な小谷城を廃して長浜城を築いています。当日は、中腹の出丸下の駐車場から小谷城攻めで藤吉郎が陥落させた京極丸まで登城。京極丸から上の山王丸にある一番大きな石垣は見逃してしまいました。向い側の峰にある大嶽城・福寿丸・山崎丸は援軍の朝倉氏の陣地跡で、地元の方の話では熊の巣があるとのことで、そちらを訪れる方はご注意ください。

+ 続きを読む

朝田 辰兵衛

本丸から眺める大広間の紅葉絶景に癒されました。 (2017/11/27 訪問)

2017シーズンの小谷城は,マダニが大量発生していました。“マダニのオダニ”とまで警戒されていました。しかし,紅葉の時期は短かったものの,その美しさは格別でした。
戦国ガイドステーションから徒歩約60分かけて山王丸跡まで登山。桜馬場からの眺めはとても良いです。この日は大広間跡の紅葉がサイコー!当初は全く期待していなかった,本丸跡と中丸虎口間の大堀切にも圧倒されました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

波瀾万丈な人生を辿る浅井三姉妹誕生の地 (2018/12/15 訪問)

11月で観光シーズンは終わり。ガイドもシャトルバスも何もありません。
閑散としていましたが、おかげでゆっくりじっくり歩き回ることが出来ました( *´艸`)
夏の豪雨の痕跡がありましたが観光客が歩くところは危なくないように整備してくださっていて、鎌刃城と太尾山城で冒険した直後の身には本当にありがたかったです。

わかりやすい解説と図面が各所に設置してあるので、あとは全体図が一枚あればOKです。
二日前の雨がいい具合に溜まった馬洗い池、埋まった礎石や掘り返された礎石、本丸のスロープみたいな石垣の先の下の方の帯曲輪に見える御局屋敷など、いろいろなシーンを妄想する要素がたくさんありました。破壊された石がゴロゴロしていましたが、そういえば燃やされていないのに大河で炎上シーンが出てきて小和田先生大困惑だったんですよね。

大石垣が見られる山王丸まで行きましたが、大嶽城(おおずくじょう)や屋敷跡の方までは行けなかったのでまた行きたいです。途中で出会った方が、1月30日のNHK「歴史秘話ヒストリア」で小谷城の井筒跡~京極丸跡ルートが紹介されるということや、清水谷で建物の礎石が見つかったニュースのことなどを教えてくださいました。

今日のお城EXPOの萩原さちこさんと春風亭昇太さんのお話の中にも出てきましたが、虎御前山がほんとに目の前でした。小谷城からはとても小さく見えましたが、脅威だったのでしょうね。。。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

3度目の日本100名城スタンプラリー84個目 (2018/11/17 訪問)

これが4度目の小谷城ですが、最初の2回は金吾丸の下まで車で乗り付けることができたので非常に楽でした。前回はシャトルバスを利用。そして今回は、小谷城戦国歴史資料館から徒歩で登っていきました。登り始めてすぐに大嶽城まで2600mの表示。2回目の時に大嶽城まで脚を伸ばしていますが、今回は流石に時間が厳しいので諦めざるを得ませんでした。とりあえず、初めて、出丸には脚を伸ばしておきました。大嶽城まで900mを切る山王丸の奥まで行って攻城終了。桜馬場の紅葉はかなり綺麗に色づいていました。

小谷城戦国歴史資料館は小谷城からの出土品と城に関する展示のみに絞っていて非常に好感が持てます。

+ 続きを読む

概要

浅井亮政が小谷山に築城した巨大な山城。麓の清水谷と大広間・本丸・京極丸などが連郭式に並ぶ曲輪群、大嶽・山崎丸などの独立した曲輪で構成されている。建物の遺構は残っていないが、急峻な尾根に大小の曲輪や石垣が残り、本丸跡では大堀切も見られる。

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 大永3年(1523)ころ
築城者 浅井亮政
主要城主 浅井氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 -
天守の現況・形態 -
主な関連施設 小谷城戦国歴史資料館(火曜日休館、祝祭日の場合は翌日)
主な遺構 本丸などの曲輪、石垣、土塁
住所 滋賀県長浜市湖北町他
問い合わせ先 小谷城戦国歴史資料館
問い合わせ先電話番号 0749-78-2320