こうづきじょう

上月城

兵庫県佐用郡

別名 : 太平山上月城(前期)、荒神山上月城(後期)
旧国名 : 播磨

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

小城小次郎

上月城

尼子勝久と山中鹿之助幸盛の悲運を伝える城としては、あまりにも普通すぎる小さな山城。それがまたむしろ彼らの悲運を盛り立てるのかもしれないが。

+ 続きを読む

織田晃司

織田と毛利のはざまで… (2018/09/17 訪問)

二度の落城の憂き目にあう

+ 続きを読む

にのまる

尼子氏滅亡。 (2018/05/05 訪問)

秀吉が三木城を兵糧攻めしている間にここでも凄まじい戦いが。
上月歴史資料館で購入した、佐用町編纂・発刊の「上月合戦~織田と毛利の争奪戦~」(500円)は資料集も充実していて読み応えのある一冊。ネットで調べるより絶対にいい(;^ω^)

「さくっと攻略できる楽な攻城」との情報をわが身の劣化と照合せずに攻城開始。
プチ難所はところどころあったものの縄張りや遺構を楽しみながら山歩きできました。よかった。
ただ、青くて小さいもぞもぞ動くヤツや、目の前でびよーんと揺れる8本足のヤツが次々に襲ってきて、そいつらと戦うのが大変でした。
砦跡に行く3時間の難コースに行こうとは1ミリも思わず下山。無事生還、かと思ったら沢の水が流れつくあたりに動物の溜まり場らしき場所発見。しかも、通ったばかりじゃね?という痕跡が。ニアミスだったかもしれない…。

資料館の方との語らいも楽しく、素晴らしく美しい里山の写真があったので伺ったところ、車でどんどん登っていけば着くと教えてくださったので行ってみました。……対向車が来たらアウト、心臓バクバク。引き返したくても進むしかない恐ろしい道でした( ;∀;)……でも、ほんとに美しかった。「目高地区」です。

GW中にいろいろ巡った中でここがいちばん楽しかった!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

青春18きっぷで (2013/03/24 訪問)

上月での列車待ちの時間を活かして、上月城をさくっと攻略してきた。新島襄の墓がある同志社共同墓地より楽な攻城。毛利の大軍に攻められたらひとたまりもなかったであろう。上月城本丸、二の丸からはさほど眺望が開けている訳ではないが、眼下に姫新線、遠くに利神城を望むことができる。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 上月景盛
築城年 延元元年〔南朝〕/建武3年〔北朝〕(1336)
主な城主 上月氏、赤松氏、尼子勝久
廃城年 天正6年(1578)
遺構 曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)
再建造物 碑、説明板
住所 兵庫県佐用郡佐用町上月