おおつかじょう

大塚城

兵庫県三木市

別名 : 高木大塚城

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

神津山 十四郞

高木大塚城と高木大山付城 (2019/03/21 訪問)

三木合戦で有名な秀吉の三木城包囲網の付城です。大塚城は住宅地の一角にあり、公園の様になってますが、土塁や櫓台(古墳)が良く残ってました。高木大山付城は、大塚城近くのホースランドパーク内に有り、地図では物見台と出てます。ここも土塁が比較的良く残ってるかと思います。周辺には更に土塁が残ってる所が数ヶ所あり、ここを見るだけでも合戦の凄まじさを感じたり、土木工事の規模の大きさに驚くばかりでした‼️(写真が分かりにくくすいません…)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

勝野武士

大塚城。 (2018/10/26 訪問)

主郭部の画像です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

勝野武士

三木城包囲網の付城の一つ。 (2018/10/26 訪問)

平成25年に国史跡に指定された『三木城跡及び付城跡・土塁』のうちの一つ。
羽柴秀吉による三木城攻めの際、三木城の南方に毛利軍による魚住城から三木城への兵糧や物資の補給を絶つために付城を何カ所も築き、それらを二重~四重の土塁でつないだものです。この大塚城はその付城のひとつです。
前々から気になっていたのですが、本日ようやく訪れることができました。
何回か蜘蛛の巣のトラップにかかったり木々が多く薄暗かったり蚊にめっちゃかまれたりしましたが、下草が刈られ、見学しやすかったです。
で、遺構ですが、これがかなりしっかり残っていましたよ。
まず、『大塚城』の名が示すように古墳を利用したであろう痕跡が随所にみられました。主郭の土塁は周濠の堰堤部に手を加えたようで、中央部は円墳っぽい。ここはどうやら物見台として利用したのでしょうか。
それだけでなく、外枡形らしき土塁の形状やら横矢掛を何カ所も見受けられました。
いかにも織豊期の陣城って感じで興奮しました(笑)。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平山城(古墳利用)
築城主 羽柴秀吉
築城年 天正7年(1579)
主な城主 不明
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、虎口、物見台
再建造物 碑、説明板
住所 兵庫県三木市別所町高木字大山