みきじょう

三木城

兵庫県三木市

別名 : 釜山城、別所城
旧国名 : 播磨

投稿する
かんかん井戸
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

中川藤兵衛尉

三木城 (2015/04/09 訪問)

 三木城の見所は幾つもありますが、上の丸公園内ならかんかん井戸でしょうか。抜け穴説がありますが、カメラを入れて調査した結果、外堀代わりの美嚢川にも繋がっていなかったらしいです(笑)。本丸・二の丸の間の堀も埋められて縮小していますが曲輪より一段低い道路となっていて分かり易くてお勧めです。「南構え」の雲龍寺には三木城の外堀石垣が展示されてるので是非ご覧下さい。外付け曲輪の三木新城跡は住宅街になっていますが、当時の段差が今も利用されているので見所です。同じく外付け曲輪である鷹尾山城にははっきりとした土塁が遺っているので見れば興奮すること間違いなしです。もう一つの外付け曲輪である宮ノ上要害は遺構がありませんが、一般に言われているよりもっと広かったという説もあり、それが正しければ土塁・堀である地形が楽しめます。

 上の丸公園の坂下にはコンビニがあり、公園内にはお手洗いと東屋とがあるので、野宿も可能です(経験者)。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

勝野武士

地形を巧みに利用した『天然の要害』。

本丸跡を除いてほとんど宅地化してますが、よーく歩いてみると、雲龍寺(別所長治夫妻の首塚があります)南側の大堀切やその周辺の起伏に富んだ地形に、面影を偲ぶことができます。河岸段丘上に築かれた城っていうのも納得です。
本丸跡からの眺望…すぐ北側に美嚢川が流れてて天然の堀となっています。美嚢川と本丸に挟まれたナメラ商店街はかつての帯曲輪跡。
今はコンクリートに固められた本丸の崖も、以前は犬走り状のテラスがあったとか…。

+ 続きを読む

にのまる

干殺し (2018/05/04 訪問)

ひっそりとした稲荷神社。
籠城戦の恐ろしさが沈む夕日のなかでずっしりと胸に来る。
 「今はただうらみもあらじ 諸人のいのちにかはる我身とおもへば」
別所長治さんの悲しすぎる最期。
怖いとか思ってごめんなさい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

官兵衛紀行 (2014/11/15 訪問)

軍師官兵衛では織田に反旗を翻す別所氏の内情もくわしく描かれていた。かんかん井戸、本丸残石から二の丸、そして別所長治の首塚まで脚を伸ばした。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平山城
天守構造 不明
築城主 別所則治
築城年 長享2年(1488)頃
主な改修者 前野長康、中川秀政
主な城主 別所氏、中川氏、伊木氏(池田氏家臣)
廃城年 元和元年(1615)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸、天守台
指定文化財 国史跡(三木城跡及び付城跡・土塁)
再建造物 模擬城壁、石碑、説明板
住所 兵庫県三木市上の丸町
問い合わせ先 三木市文化スポーツ振興課
問い合わせ先電話番号 0794-89-2401