やまざきじょう

山崎城

京都府乙訓郡

別名 : 鳥取尾山城、天王山城、天王山宝寺城、宝寺城、山崎宝寺城、宝積寺城
旧国名 : 山城

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

todo94

天王山 (2013/12/14 訪問)

山崎城は別名・天王山城、宝寺城とも云う。宝寺とは山裾に位置する寶積寺の別名で、重文の三重塔の存在により過去二度ほど訪れているが、山崎城にアタックするのは今回が初めてである。山頂までの途中に十七烈士の墓があるが、これは禁門の変の折、この地にて自刃して果てた真木和泉以下十七士の墓である。更に重文の酒解神社神輿庫も拝めるなど歴史を感じる事が出来る。天王山山頂が山崎城の主郭、それもおそらく天守台となっているようだが、目を奪われる程見事な土塁などの遺構は見当たらない。秀吉の道と云う絵図と解説が何箇所もあったが、山崎の合戦はあっけなく明智光秀が敗れてしまったという従前の解釈であった。センゴク一統記が描く山崎の合戦は新鮮である。

+ 続きを読む

ナル

山崎城

秀吉もここから戦況を確認したのかな?

+ 続きを読む

イベント情報

  • 2018年09月02日(日)~2018年09月02日(日)

    山崎城

    【要事前予約】大人のたしなみセミナー「豊臣秀吉の城~豪華絢爛な数々の城の姿~」

    天下人・豊臣秀吉は、山崎城や大坂城、聚楽第、肥前名護屋城など生涯に多数の城を築きました。これらの豪華絢爛な城たちはなぜ築かれ、どのような構造をしていたのか。日本城郭協会理事・加藤理文氏の講演を通じて、秀吉の城の姿に迫ります。開催時間:14:00〜15:30(開場は13:30から)。参加無料。定員200名(要事前申込、先着順。下記の「お問い合わせ先」からお申し込みください。FAXとメールは件名を「大人のたしなみセミナー」とし、氏名、電話番号、FAX番号(FAX申込みの場合)を記入してください。)

※ 内容は変更となる可能性があります、予めご了承くださいませ。

城郭情報

分類・構造 山城
天守構造 型式不明[階層不明/1583年頃築?/破却]
築城主 林直弘
築城年 延元3年〔南朝〕/暦応元年〔北朝〕(1338)以前
主な改修者 細川晴元、豊臣秀吉
主な城主 林氏、薬師寺氏、細川氏、豊臣氏、新庄氏
廃城年 天正12年(1584)
遺構 土塁、櫓台、天守台、横堀(空堀)、井戸、竪堀
住所 京都府乙訓郡大山崎町大山崎古城他
問い合わせ先 大山崎町経済環境課経済観光係
問い合わせ先電話番号 075-956-2101