やまざきじょう

山崎城

京都府乙訓郡

別名 : 鳥取尾山城、天王山城、天王山宝寺城、宝寺城、山崎宝寺城、宝積寺城
旧国名 : 山城

投稿する
阪急大山崎駅構内より、天王山を望む。
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

勝野武士

おのれ、去年の台風ェ…。 (2019/01/02 訪問)

勝竜寺城を後にして、長岡京駅からJR線で、次の山崎駅へ移動。すると背後に天王山が迫っています。
駅を出て、先ずは宝積寺へ。

なぜ宝積寺かというと、秀吉が山崎の合戦後に勝竜寺城を経て戦後処理と新たな本拠地=山崎城を築くために1年ほど滞在した場所だからです。
そして、山崎城が完成した後はその一部として取り込まれていたそうです。その見返りなのか、秀吉が寄進したという三重塔が今も建っています。なんでもこの三重塔、秀吉が一夜で建てさせたとか…。
そして何より、山崎城の登城口でもあるのです。

さて、ワクワクしながら宝積寺に到着。
件の三重塔を見て、ふと寺の掲示板を見ると…驚愕の事実が!
それによると、昨年の台風の被害が甚大だったらしく、天王山に通じる全ての登山道が通行止…だとぉ??
念のためお寺の方に確認をとってみると、やはりというか、倒木などで大変危険、とのことで行政サイドから固くお達しがされているそうな。ちなみに、復旧時期は今のところ未定…。
ということで、無念ではありますが、ここは素直に登山を断念しましょう。

消化不良な気分ではありますが、その分じっくりと拝観させていただきました。
ちなみに、境内には『秀吉の出世石』なるものもあります。
そして、登山口付近には転用石として使われたらしき石仏群があります。

天王山の中腹には宝積寺の他に山崎聖天こと観音寺もありますが、淀川流域や対岸の男山(有名な石清水八幡宮が鎮座するところで、南北朝~戦国時代にかけて軍事拠点としても使われたらしい)がよく見えます。
天王山をめぐって幾度も争われた地。京に近いだけあって、訪れてみるとなるほど納得ですね。

この後は山崎聖天、水無瀬神宮を経て石清水八幡宮にお参り(←実は本来の目的)致した次第です、はい。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

dougen

2017.2.11登城 (2017/02/11 訪問)

JR京都線山崎駅の裏山がかの有名な天王山であり、山崎城址となります。
あちらこちらに案内板等があり、登り口の石碑も建っています。
生憎、前日に雪が降ったため、登城道は少し雪が積もってましたが、凍結はしていなく問題なく登城できました。
遺構は少なめですが、途中、秀吉の物語の陶器パネルがあったりと楽しみながら登城することができます。
主郭に若干石垣が確認できましたが、雪が積もっていたため、良くわかりませんでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

todo94

天王山 (2013/12/14 訪問)

山崎城は別名・天王山城、宝寺城とも云う。宝寺とは山裾に位置する寶積寺の別名で、重文の三重塔の存在により過去二度ほど訪れているが、山崎城にアタックするのは今回が初めてである。山頂までの途中に十七烈士の墓があるが、これは禁門の変の折、この地にて自刃して果てた真木和泉以下十七士の墓である。更に重文の酒解神社神輿庫も拝めるなど歴史を感じる事が出来る。天王山山頂が山崎城の主郭、それもおそらく天守台となっているようだが、目を奪われる程見事な土塁などの遺構は見当たらない。秀吉の道と云う絵図と解説が何箇所もあったが、山崎の合戦はあっけなく明智光秀が敗れてしまったという従前の解釈であった。センゴク一統記が描く山崎の合戦は新鮮である。

+ 続きを読む

ナル

山崎城

秀吉もここから戦況を確認したのかな?

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
天守構造 型式不明[階層不明/1583年頃築?/破却]
築城主 林直弘
築城年 延元3年〔南朝〕/暦応元年〔北朝〕(1338)以前
主な改修者 細川晴元、豊臣秀吉
主な城主 林氏、薬師寺氏、細川氏、豊臣氏、新庄氏
廃城年 天正12年(1584)
遺構 土塁、櫓台、天守台、横堀(空堀)、井戸、竪堀
住所 京都府乙訓郡大山崎町大山崎古城他
問い合わせ先 大山崎町経済環境課経済観光係
問い合わせ先電話番号 075-956-2101