えましもやかた

江馬下館

岐阜県飛騨市

別名 : 下館
旧国名 : 飛騨

投稿する
高原諏訪城主郭から見た江馬氏館
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

くっしー

戦国時代の二元構造がよくわかる城 (2020/09/27 訪問)

綺麗に復元された館です。
どうやら室町幕府の「花の御所」なんかを真似して建てられた中世武家館みたいですね。
注目するべきはすぐ南東側の山に高原諏訪城があること。
高原諏訪城の記事でも書きましたが、この二つはセットで考えるべきです。
すなわち、平時はこの館に住み、戦時は詰城である高原諏訪城に籠って戦う。
戦国時代の山城は基本的にこのような二元構造になっているわけですが、現地に行って、これほどわかりやすくこの構造を理解できる城はなかなかないので貴重です。
これが、16世紀後半になってくると一元構造になり、織豊系城郭が各地に作られるようになっていきます。この江馬氏館も発掘調査によると16世紀半ばに廃絶しているようなので、研究が進めば城郭史における中世から近世への移り変わりが
わかってくるかもしれませんね。
まあ、江馬氏の飛騨支配を考えるなら傘松城などの支城なんかも含めて考えるべきで、次の機会にはそちらにも行きたいと思います。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

織田晃司

江馬氏館跡 (2020/09/19 訪問)

復元会所・主門を堀が取り囲んでいる。

+ 続きを読む

カズサン

飛騨城廻りⅢ (2017/06/13 訪問)

 一昨年6月飛騨市古川の小島城を終えて国道41号線に出て神岡方面を国道41号線を進行ナビに従ってカミオカンデの神岡町へ41号線峠道はアカシアの白い花が6月中旬でしたが群がって咲いていました。

 江馬氏館史跡公園の駐車場へ、初登城にて周辺の曲輪、堀、外観を眺めて、館内へ、復元会所の上り説明の方に資料を頂いたり会所の案内説明をして頂き私以外入場者は居なく話が合ったのか小一時間喋ってました、説明員の方ありがとうございました。
 立派に復元整備されてます、東海北陸道が開通してますが神岡までは流石に遠い。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

じゅんじん

地方の武家の館 (2012/04/29 訪問)

山上は詰めのお城があります。いい立地でした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平城
築城主 江馬氏
築城年 室町時代
主な城主 江馬氏
遺構 曲輪、土塁
指定文化財 国史跡(江馬氏城館)
再建造物 庭園、会所、主門、土塀、空堀、碑、説明板
住所 岐阜県飛騨市神岡町殿
問い合わせ先 飛騨市商工観光部観光課
問い合わせ先電話番号 0577-73-2111