いまじょう

今城

岐阜県可児市


旧国名 : 美濃

投稿する
登り口
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

だめなこ

わかりにくい 汗 (2020/03/07 訪問)

ナビ設定して行ったけど入り口がわかりにくくて
少し探してしまったο

てか 探しても探しても御城印がわかんなくて
山城サミット?でしか販売されてなかったのか
わかんないけどとにかくSHOCK(꒦ິ⌑꒦ີ)

+ 続きを読む

こるまろ

全国山城サミット可児大会 2日目 山城巡り3城目 今城 (2019/11/10 訪問)

全国山城サミット可児大会2日目 可児市の4つの山城巡り3城目。
ブログ: https://minkara.carview.co.jp/userid/1532104/blog/43583816/

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

イオ

コンパクトに凝縮 (2019/10/27 訪問)

戦国後期に地元の土豪である小池家継が築いたと伝わりますが、元亀元(1570)年、美濃金山城の城主になった森長可に退去を強いられて小池氏は帰農、戦国末期の技巧的な縄張が見られることから、その後、森氏によって美濃金山城の支城として改修されたものと考えられています。

比高15mほどの台地に築かれた小さな詰城ながら、本丸は三方を土塁で囲われ、曲輪間は堀切と土橋で接続し、虎口は喰違いだったり枡形だったり、切岸も急峻で……と山城の要素がコンパクトに凝縮されていて、15分もあればひと巡りして堪能できると思います。よく整備され、遺構の状態もよく、気軽に何度でも訪れたくなるお城でした。

…ということで、この日は行き会う人はほとんどいませんでしたが、2週間後、山城サミット2日目にも立ち寄ってみると、今公民館の駐車場から人がいっぱいでびっくり。軽くひと巡りして帰る途中、今城址を整備する会のテントで芋煮をいただき、早朝から(今城を含めて)3城をめぐった後だったので、ことさら心身に染みました。ご馳走さまでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

芋煮鍋に誘われて (2019/11/10 訪問)

 第26回全国山城サミット可児大会の二日目のイベントで可児の山城を堪能せよ!金山城、久々利城を終えて最終無料シャトルバスで今城を2度目の登城、前日の講演で今城保存会、見守り隊の鈴木会長が講演の中で芋煮鍋を準備し接待しますと話が有り3番目に登城しましたが既に2時半終了してましたが会長さんと色々話をする事が出来ました。
 こじんまりした中に良く管理整備されてます、もう少し高い杉などを間引きして曲輪、土塁が見える化したら更に今城の知名度が上がる事でしょう、でもでも皆さんの努力に感謝です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 丘城
築城主 小池家継
築城年 天文年間(1532~1555)
主な城主 小池家継
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
再建造物 石碑
住所 岐阜県可児市今