あけちながやまじょう

明智長山城

岐阜県可児市

別名 : 長山城、明智城
旧国名 : 美濃

投稿する
大手口跡の模擬冠木門
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

イオ

麒麟がくる…少し前 (2019/10/27 訪問)

室町初期に美濃国守護土岐氏の一族・土岐頼兼が築城、明智氏を名乗って代々の居城としました。戦国期、明智光継は娘の小見の方を斎藤道三の正室としましたが、弘治2(1556)年、長良川の戦いで道三が斎藤義龍に討たれると、道三に味方したとして明智長山城は義龍の攻撃を受け落城。一族が自刃する中、明智光秀は明智氏の再興を託されて落ち延びたとされます。

東西に続く丘陵沿いに多くの曲輪跡があるものの、土塁や堀といった山城らしい要素はほとんど見られません。しかし、説明板や石碑、標柱が随所に建てられ、大手口跡には模擬冠木門、馬場跡には逆茂木と馬防柵、大手曲輪と本丸には展望台が設けられるなど、明智光秀生誕の地として訪れた人に、少しでも往時の雰囲気を感じてもらおうという意気込みが感じられます。実際、この日もガイド付きの団体さんと何組か行き会い、大河ドラマの影響力はすごいなー、と実感。
また、大手道の登城口近くにある天龍寺には明智氏歴代の墓所があるほか、命日にちなんで6尺1寸3分(約184cm)の日本一大きな明智光秀の位牌(と木像)が祀られています。

この日の時点では、本丸跡の展望台は改修工事中のため立ち入り禁止となっており(10月31日まで)、山城からの眺望好きとしては残念でしたが、工事期間中、展望台近くの木に展望台からの眺望のパノラマ写真が掲示されていて、私のように残念に感じるであろう人への配慮に、かえって嬉しい気持ちになりました。…そうそう、展望台といえば大手門近くの大手曲輪にも設けられていますが、こちらは麓にあるので眺望も何も(笑)

また、本丸から水ノ手曲輪に続く搦手道が通行止めのため、水ノ手曲輪や西大手曲輪、乾曲輪に行くのはあきらめたのですが、赤い城さんの投稿で、下から登って行くことができたと知り愕然…。搦手道は来年1月頃に開通予定らしいので、展望台とあわせて開通後に再訪したいと思っています。

それにしても、(諸説あるにしても)この日訪れた土田城は織田信長の生母・土田御前の出身地、明智長山城は信長正室の帰蝶(濃姫)の生母・小見の方の出身地であり、信長を討った明智光秀の出身地でもある…。そう考えると、可児市って信長の生涯に大きく関わった人たちのゆかりの地なんですね。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

すけきよ堂

山城サミットで登れました (2019/11/10 訪問)

山城サミットでシャトルバスがあり行けました。
小さい里山の頂上部に郭が並んでいます。
水道施設等があり、改変は進んでいますが、馬防柵を再現したり、展望台を設置するなど、意欲的な整備がされています。
周辺は明智光秀の位牌や、明智一族の墓のある天龍寺などもあります。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Pirokii

光秀が産まれた城? (2019/11/11 訪問)

来年の大河ドラマで盛り上がってる可児市の明智(長山)城を訪問。明智光秀が産まれたという伝え(他に数カ所候補がありますが)。大手口近くの天龍寺も併せて

+ 続きを読む

赤い城

来年の大河のせいか訪問客も多かったです (2019/10/22 訪問)

明智駅から徒歩で35分くらい、城址前に駐車場もあります。
登城口から大手道を登ると右手に中ノ曲輪、登った先には二ノ丸。馬場跡も整備されていました。
本丸には石碑も立っています。
搦め手の道は崩れているところがあり通行止めですが下からは途中まで行けます。
西大手曲輪の切岸や堀、分かりにくいけど竪堀も見ることができました。
大河のブームが来そうなのでこちら側ももう少し整備されるとよいかも。
頑張れ、可児市!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 明智(土岐)頼兼
築城年 興国3年〔南朝〕/康永元年〔北朝〕(1342)
主な城主 土岐明智氏
廃城年 弘治2年(1556)?
遺構 曲輪
指定文化財 市史跡(長山城跡)
再建造物 石碑、説明板、模擬冠木門
住所 岐阜県可児市瀬田長山
問い合わせ先 可児市文化財課
問い合わせ先電話番号 0574-62-1111