つまぎじょう

妻木城

岐阜県土岐市


旧国名 : 美濃

投稿する
士屋敷跡全景
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

イオ

妻木城士屋敷跡 (2020/01/19 訪問)

(前編・妻木城編から続く)

関ヶ原の戦いの後、妻木頼忠により妻木城北麓に御殿や士屋敷が整備され、以降、妻木氏の居館兼政庁として機能しましたが、妻木氏本家が3代で無嗣断絶となると、山上の妻木城と併せて廃城となりました。

御殿跡は石垣により三段に区画され、石段や井戸跡、池(庭園)跡が見られるほか、南側の斜面は石垣で囲まれています。御殿跡西側を通る車道の両脇には門跡が残り、その西側にも石垣が状態よく続いています。また、県道を挟んだ北側は家臣の屋敷跡で、屋敷を区画する石垣が明瞭に残り、井戸跡も見られます。

士屋敷跡から北側の大門跡を抜けて徒歩約8分の崇禅寺は妻木氏代々の菩提寺で、山門は妻木城(士屋敷)の移築門とされますが、茅葺きであまり城門っぽくはありませんでした。

それにしても、屋敷跡などは藪と化していて区画がかろうじて見て取れる程度のことも多いところ、明智光秀ゆかりの地(正室の実家)として、大河ドラマ放送開始にあわせてか、下草まできれいに刈られていて大変見やすかったですし、士屋敷跡には観光バスでも数台駐められそうな大きな駐車場も整備されていて、大河ドラマ効果の大きさを感じます。
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

RED

巨石群 (2020/01/12 訪問)

大量の巨石を巧みに利用。石積みではなく、方状節理によるもの。

+ 続きを読む

イオ

巨石と絶景の城 (2020/01/19 訪問)

南北朝初期に土岐頼重が築城したと伝わり、その後、土岐明智氏一族の妻木氏が代々城主となりました。明智光秀正室の熙子は妻木氏の出身と言われ、熙子の伯父(または父)の妻木広忠は本能寺の変では光秀に従い、山崎の戦いで敗れて自刃。孫の妻木頼忠が家督を継ぎ、東美濃に勢力を伸ばしてきた森氏の傘下に入りましたが、川中島転封には従わず妻木に留まり、関ヶ原の戦いでは東軍に属して戦功を挙げ、徳川家康から改めてこの地の領主として認められました。関ヶ原の戦いの後、山麓に御殿や士屋敷を整備して移り住み、元和年間には妻木城は放棄されたようです。

石垣で二段に区画された山頂部の曲輪を中心に、北側に三の曲輪、南側に伝南曲輪、西側に伝太鼓櫓などの曲輪群を配し、一の曲輪には旗立岩の伝承がある巨石、伝物見杉、石垣造りの虎口があり、二の曲輪の北部には枡形虎口が設けられています。三の曲輪からは妻木城下はもとより、白山から御嶽山、中央アルプスの山並みを見晴るかす絶景! 一の曲輪の西側には土塁で囲まれた井戸跡があり、伝太鼓櫓の南側には堀切とくさび跡のある巨石が残っています。

また、旗立岩やくさび跡のある巨石だけでなく、城域には至るところに巨石がごろごろとしており、中でも一の曲輪の南から南東にかけての巨石群は圧倒的で、節理によるものと理解はしていても、人の手で綺麗に積まれた石垣にしか見えません。

岩村城や苗木城に行く際に何度か近くは通っていながら、なかなか来る機会がありませんでしたが、山城サミットで妻木城さんさくマップをもらって行きたい気持ちが募り、ニッポン城めぐりの明智光秀イベントにあわせて訪れることができました。巨石群と絶景が見どころという意味で、苗木城には及ばないまでも苗木城が好きな人ならきっと楽しめると思います。

(後編・士屋敷編へ続く)
 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くっしー

近世の御殿と中世の山城 (2020/01/26 訪問)

山麓には、関ケ原の戦い後に改修された御殿跡があります。とっても綺麗な野面積みです。
山上には、曲輪・堀切・土塁・石垣・枡形虎口などが多数残っています。築城は14世紀まで遡る可能性がありますが、たぶん遺構は戦国時代なんでしょうね。
中腹から山上にかけて巨石がたくさんあるのもこの城の特徴です。石垣があるのは一の曲輪・二の曲輪周辺だけなのですが、その少し下の辺りには加工途中の石垣(矢穴のある石垣)が多数確認できます。
あと、矢印が各所についているので、迷わずに一の曲輪や伝太鼓櫓・伝南曲輪等にたどり着けましたが、なかなか複雑な構造で、迷路みたいでした。実際の戦いなら攻めるの大変ですね!

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 土岐頼重
築城年 延元4年〔南朝〕/暦応2年〔北朝〕(1339)
主な城主 土岐氏、妻木氏
廃城年 万治元年(1658)
遺構 曲輪、石垣、土塁、堀切、井戸跡
指定文化財 県史跡(妻木城跡、妻木城土屋敷跡)
再建造物 碑、説明板
住所 岐阜県土岐市妻木町字本城
問い合わせ先 土岐市文化振興課
問い合わせ先電話番号 0572-54-1111