続日本100名城

かまはじょう

鎌刃城

滋賀県米原市

投稿する
鎌刃城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

kazu

鎌刃城 (2019/05/05 訪問)

林道から入りました。

+ 続きを読む

宗春

鎌刃城 (2020/05/29 訪問)

道路には落石が多く、今も人を寄せ付けない城のようです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カルビン

【平成31年】山ビル怖し (2019/04/29 訪問)

平成最後には元祖or続100名城行きたいなぁと思っていましたが、運良く4/29に新幹線の切符取れたので、一路未訪問の鎌刃城へ行く事が出来ました。
レンタサイクルでの訪問を考えていましたが、あいにく連休の為琵琶湖ツーリングの予約でいっぱいで、行きはタクシーを利用。


お城攻略ではいろいろな野生動物と遭遇しました(熊、猪、鹿、カモシカ、ウサギ、蛇、リス、タヌキ・・・等)
勿論遭遇して無事なのは僥倖な訳ですが、今回は見えない敵との戦いに歴代一番ビビった登城でしたw

訪問が決まった時から手甲・ゴム手袋・レインコート・霧吹き・長靴下を購入し、靴下は事前に塩水付けにし、他は霧吹きに注入した濃度の高い塩水を現地で装着・全身に吹きかけて、ズボンの裾を靴下被せて鈴付けていざ登城。。。
傍から見たら超危険人物ですwww

そんな準備中にご年配2人組に追いこされ、かなり恥ずかしい状態にwww

で、その方達の後を進むように(多分かなり怪しまれたかと・・・スイマセン)登るも、皆様が書く程楽な登りでは無かったので、何度も休憩したいとは思いつつ(途中で2人組は休憩されて追い抜き)、立ち止まると例のヤツが襲ってくる恐怖の方が上回り、ノンストップで大堀切→石垣→副郭→主郭→南郭と見学。

南郭の土塁の先にあるとされる西郭へはロープに伝って大堀切を回りこむように行くらしいですが、その地形見ただけで
「無理!」
と即Uターンしましたw

主郭にて2人組と3度すれ違いそのまま自分は下った訳ですが、途中足場が劇的に悪いへんな道(山裾道で斜面に向かって妙に角度が付いた細い道)に入ってしまい、足痛い&めちゃくちゃ怖い中進んでやっと元の道に戻ったのは嫌~な想い出w

そして登りでも気付いてはいましたが、途中3ヶ所獣のまだ新しいフンを見て、登りとは違う恐怖と戦いながら下山しました。
しかも帰りはタクシー頼もうと連絡したら30分以上待ちとの事で、米原駅まで歩く事に・・・平成最後の続100名城、甘くは無かった(汗)


結局見えない恐怖の被害には合いませんでしたが・・・シーズン的にギリギリセーフだったのか、それとも必要以上に対策した効果があったのかは不明です。
ホント、怖かったです・・・山ヒルww

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

登城を長年待ち望んでた山城 (2018/11/11 訪問)

 玄蕃尾城と同じく長年登りたかったのですが車で何処まで行けるのか同じ様に調べながら季節的タイミング天候のタイミングを見て昨年11月玄蕃尾城と同じ日に登城出来ました、駐車は情報に会った若干広めの路駐、道筋は番場より心配したほど狭く無くゆっくり走行し案内看板を見落とさないようにと、案内看板に従い尾根道を下に降りるしかし道は細いし急崖、最初の大堀切から尾根下の裾の細い登城路をひたすら本丸下へ、本丸曲輪群、北尾根を大櫓曲輪群に尾根曲輪を通り探訪、大石垣は発見できず、探訪は私一人か?と思ってると同好の士に遭遇しかも同市の方を又びっくり暫らく会話し記念写真を撮って頂き別れましたが後日写真を送って頂きました、ありがとうございます。
 当日は玄蕃尾城と合わせて初登城、大変感激した一日と成りました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 文明4年(1472)以前
築城者 土肥氏または堀氏
主要城主 堀氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 一部石垣の保全、水の手の復元
主な遺構 主郭、副郭、石垣、堀、土塁、枡形虎口
住所 滋賀県米原市番場
問い合わせ先 米原市歴史文化財保護課
問い合わせ先電話番号 0749-55-4552