続日本100名城

かまはじょう

鎌刃城

滋賀県米原市

投稿する
鎌刃城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

トーダイ

続百名城再訪43城目 (2018/11/05 訪問)

鎌刃城は、江北と江南の国境に位置して、北近江の京極氏・浅井氏と南近江の六角氏が、
その領有をめぐって争った城です。城主堀氏は浅井長政に臣従しながら織田信長に内応
したことが露見したため、長政に攻められ落城しました。信長が美濃と近江を平定後
(1574年)城主の堀秀村が改易となり、まもなく廃城となっています。

喫茶源右衛門の軒先でスタンプをゲット、林道からの登城口<35.293966,136.317470>
近くのスペースに路駐、前回(2016年10月)スタンプ目的だったので、登城口→主郭→
北曲輪群→西曲輪群→南堀切連続7本、3時間近くも楽しむ。

鎌刃城の見どころは、城域南端の切り通し(分岐路点)から主郭・副郭に至る尾根筋に
設けられた堀切連続7本です。尾根の両側は絶壁、鎌の刃のような印象から「鎌刃城」と
名付けられたようです。半分近くに補助ロープがあり、シッカリとした準備が必要です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

橋吉

登山です (2019/05/04 訪問)

Cafe&Gallery「源右衛門」の店先に続日本100名城のスタンプが置かれています。
100円入れて「鎌刃城トレッキングマップ」をゲット。

少し離れた駐車場にバイクを止め、登城開始。
名神高速に向かってたんぼ道を進み、名神高速彦根43ガードから、
熊よけの鈴をつけ、ヤマビル避けに首のまわりにタオルをまき、
いざ、登山開始。

約2時間かかりました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ぴーかる

雪山登山で遭難するかと・・・・ (2019/01/04 訪問)

【続百名城25城目】
<駐車場他>青龍の滝手前駐車スペース有(積雪時は行けません)

<交通手段>車

<見所>各郭跡・土塁・堀切・大石垣

<感想>新春続百名城攻城の旅1城目。スタンプ押印後青龍の滝手前の駐車スペースからのルートを選択したのが大失敗の巻き(泣)。高速道路ゲート下から行くべきだった。麓はほとんど積雪していなかったのに登っていくと徐々に増えてきて、更に途中倒木を3回くらいどけながら進むが、大倒木が道を遮断、断念してそこに路駐、手前3㎞程から徒歩で登城することに。積雪がすごく轍を歩くが轍もそのうち無くなりほぼ雪山登山のように。入城口の青龍の滝付近に到着するのに2時間半かかる。そして城の南端の切り通しから主郭までがロープづたいの崖道で20㎝以上の積雪で滑落したら本当に遭難するかと思った。城は山頂に主郭と副郭2つ、北の尾根に小さめの郭7つ程、西の尾根に郭7つ程あるが西は斜面と積雪がすごい為行けず。南の尾根は狭く堀切のみの縄張りとなっている。主郭のみ土居で囲んでおり石垣の虎口が確認できた。石垣で取り巻いているらしいが雪で確認できず。城跡では誰も来ないだろうと思ったら、麓ゲートから登って来た方がいて「積雪はあったが登れないことはない」らしくここで完全にルート選択ミスに気づく。北郭群の西側斜面に大石垣があり見応えある。雪のせいで有子山城を抜いて断トツ1位の難攻城だったがすごく楽しかった。強烈に記憶に残る城攻めだった。雪が無くても登城にはある程度登山の格好は必須です。次の予定の小牧山城には行けず大谷吉継公の首塚にお参りして宿泊する豊橋へ向かう。

<満足度>★★★

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

kazu

鎌刃城 (2019/05/05 訪問)

林道から入りました。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 山城
築城年代 文明4年(1472)以前
築城者 土肥氏または堀氏
主要城主 堀氏
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 一部石垣の保全、水の手の復元
主な遺構 主郭、副郭、石垣、堀、土塁、枡形虎口
住所 滋賀県米原市番場
問い合わせ先 米原市歴史文化財保護課
問い合わせ先電話番号 0749-55-4552