すえもりじょう

末森城

愛知県名古屋市

別名 : 末盛城
旧国名 : 尾張

投稿する
登城口となる城山八幡宮鳥居
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

青春の巨匠

結構な穴場 (2018/11/29 訪問)

名古屋の本山駅から徒歩5分と、名古屋出張の空き時間の立ち寄りにはピッタリ!空堀など遺構も良く残っています。

+ 続きを読む

カルビン

【平成27年】織田信秀崩御の地 (2015/06/07 訪問)

斎藤道三や今川義元と対等以上に渡り合っていたものの、道三に大敗してから一気に落ち目になってしまった織田信長の父・信秀。
最後はここ末森城で亡くなったとされております。
(亡くなった原因が側室に夢中になり過ぎて衰弱したとされ・・・何ともしまらない最後でorz)

織田信秀のお墓は名古屋市大須にある万松寺にありますが・・・遠めに見てパチンコ屋と間違えてしまった程の外観でした(汗)

そんな末森城を見ようと名古屋に行った時に散策コースに取り入れました。
現在は城山八幡宮になっており、織田信長の弟・信行が父の後を継いで城主になったものの、信長に歯向かって謀殺された後は廃城になったのですが、八幡宮の境内として保護されたおかげで当時の遺構が今も良く残っているんだとか。
(ほぼ解説通りw)

おそらく皆さんは南側より鳥居をくぐっての登城となると思いますが、階段の先にある橋の下には形の寄り良い堀が・・・神域に入ってすぐに遺構が解る様になっております。

城山八幡宮は末森城の地形を上手く取り入れた感じに鎮座されており、周辺が開発され尽した地において、よくこれだけの規模の遺構が残ったもんだと感心しきりです。


流石に遠くからここだけを見に来るには勿体ないかもしれませんが、逆に周辺に行く機会があれば絶対立ち寄るべき場所で御座います。

車を停められそうな場所が見当たらなかった(完全には未確認ですが)ので、地下鉄本山駅からアクセスされる方が間違いないでしょう。
(織田信秀さんの菩提寺とお墓も掲載させて頂きます)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

名古屋に残る中世の面影 (2018/11/10 訪問)

織田信長の父・織田信秀が築城し、織田信長の弟・織田信勝が居城としていた末森城は、名古屋城から東に6km、地下鉄東山線の覚王山駅と本山駅の中間地点の都市部のまっ只中にあります。
標高45m(比高20m)程の平山城で、現在は城山八幡宮となっていますが、近くに高い山がないので周囲を見渡すことができ、遺構は空堀が良好に残っており、土塁は見当たりませんでしたが、縄張りはほぼ古城図の通りに残っています。
todo94さんの言う通り、名古屋市内の街中にこれだけの城が残っているのは非常に驚きです。
この城山で、織田信勝が林秀貞・林通具・柴田勝家と共に、兄・織田信長を倒す夢を見ていたのかと思うと感慨深いものがありました。
城山八幡宮に駐車場があるので車でのアクセスも良、覚王山駅からでも徒歩10分程です。
※末森城の古城図は城山八幡宮のHPにあるのですが、トップページからだと検索が大変なので、URLを記載しておきます。
http://www.shiroyama.or.jp/siroyama-3.htm#enkaku

+ 続きを読む

じゅんじん

信勝公のお城 (2006/04/01 訪問)

信長公に殺されましたよね
ここは住宅地なのに城跡が残っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 平山城
築城主 織田信秀
築城年 天文17年(1548)
主な城主 織田氏
廃城年 不明
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
再建造物 石碑
住所 愛知県名古屋市千種区城山町2(城山八幡宮)
問い合わせ先 名古屋市千種区役所区民生活部まちづくり推進室まちづくり推進係
問い合わせ先電話番号 052-753-1821