すえもりじょう

末森城

愛知県名古屋市

別名 : 末盛城
旧国名 : 尾張

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カモン掃部

都会の中に歴史ロマンあり (2020/01/29 訪問)

空堀跡以外には特に何もないが都市部の中に堀が残っているってことがロマンです。
このお城は遺構を楽しむより、信長が信勝が勝家がと時代背景を楽しむお城です。
御城印は500円と少々お高めです。

+ 続きを読む

橋吉

末森城 (2020/05/30 訪問)

古渡城から、バイクで約15分、末森城へやってきました。

1548(天文17)年に織田信秀が築城し、古渡城から移りました。
実弟織田信光が守る守山城と合わせて三河国松平氏や駿河国今川氏などの侵攻に備えた東方防御線を構成するためのものであるようです。
城主に織田勘十郎信勝(通称信行、織田信長の実弟)をあて、信秀は1551(天文20)年にこの末森城で死去したといわれています。

なお、織田信勝は1556(弘治2)年、信長に叛旗を翻すが、稲生の戦いで敗れていったんは和睦します。
1557(翌弘治3)年、再び謀反を企てたのを柴田勝家が信長に内報し、信勝は清須城で謀殺されてしまいます。
麒麟が来るでもそうでしたが、ドラマでは2回目の謀反(の企て)だけしか紹介してないものが多いような気がします。
それによって、信長の冷淡なイメージがつくられているように思います。
1回目の謀反の際、母親や弟の家臣の懇願によって、一度は許しているのです。

信勝没後、末森城は放置され、いつしか廃城になりました。

末森城は、東山丘陵地の末端に位置する標高43mの丘に、東西約200m、南北約160mの規模で築城された平山城です。

現在も主要通りである末盛通沿いにあり、都市公園にする計画もあるようです。

城跡は現在、城山八幡宮の境内となっています。

「こんもりとした丘の上に城跡があり、現在は神社となっている」よくあるシチュエーションですが、ここは地方の集落ではなく大都市の一等地なのです。

また、二の丸跡には昭和初期に建てられた貴重な建築物である昭和塾堂が残っています。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

スプラNNNN

特に何もない (2020/01/03 訪問)

特に何もない

+ 続きを読む

宗春

末森城 (2019/12/30 訪問)

御城印を頂きに登城しました。3種あり、全て頂きました。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 平山城
築城主 織田信秀
築城年 天文17年(1548)
主な城主 織田氏
廃城年 不明
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
再建造物 石碑
住所 愛知県名古屋市千種区城山町2(城山八幡宮)
問い合わせ先 名古屋市千種区役所区民生活部まちづくり推進室まちづくり推進係
問い合わせ先電話番号 052-753-1821