たかねじょう

高根城

静岡県浜松市

別名 : 久頭郷城、久頭合城
旧国名 : 遠江

投稿する
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

イシテル

山奥にある戦国山城の再現 (2021/12/11 訪問)

高根城公園奥の遺構に戦国山城を再現。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で井伊谷城としてロケ地となってます。
高さのある二重の堀切や土塁も綺麗に残されていて、城門、井楼櫓、城柵などが復元されています。
ここから水窪の街並みが一望でき、景観も最高でした。
麓の駐車場が判らず、案内板に従って林道を登ると高根城公園入口の駐車場に辿り着きました。
この時期は林道に落ち葉が多く、途中は少し怪しい感じでしたが、そこそこ広い駐車場に到着します。
麓の「みさくぼ路の里(観光案内所)」に」地元の新鮮な野菜など特産品を売っており、大きな椎茸は
香りも良くとても美味です。ここで2種類の御城印も購入しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Nabeppu

腰曲輪から見た本曲輪井楼櫓

とにかく狭いが、少ない人数でも効率良く守れるように良く出来た山城である。

+ 続きを読む

カズサン

天竜スーパー林道紅葉狩りの後に復元高根城初登城、二の曲輪三の曲輪編 (2012/11/03 訪問)

 つづきです。
 平成24年11月高根城を初登城した本曲輪編の続き写真投稿です。
 本曲輪と南の尾根を遮断するように堀切を隔てて二の曲輪、三の曲輪、場外域とは二重堀切で厳重に防御して居ます。
 小さいながら見応え充分な発掘調査復元整備の山城です旧水窪町教育委員会発掘整備された方々に感謝申し上げます、現浜松市文化財課の整備保全も大変ありがたい、大切に残していきたい文化財です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

カズサン

天竜スーパー林道紅葉狩りの後復元高根城初登城、本曲輪編 (2012/11/03 訪問)

 10月1日緊急事態宣言、蔓延防止規制措置の解除開け城廻りもそろそろ出掛け時ですが過去の登城でご勘弁を!

 平成24年11月、その当時毎年天竜区横山から秋葉神社、秋葉城経由で出掛けていた天竜スパー林道沿いの紅葉写真撮りをして居り山住神社から水窪町中に降り復元した山城、高根城を国道152号線沿いから数年眺めていたのですが今回は急峻な登城路通って初登城しました。
 車は余裕の広さの駐車場とトイレ、案内看板、縄張図、案内看板が設置されてます、車はそこを利用、案内看板が出ていますのでそれに従って行けば着けます。浜松からは車で国道152号線を約2時間掛ります。

 登城口は駐車場から舗装道を少し登り登城口へ急峻な登城路です、案内看板には5分で本曲輪と出てましたが私の足では休み休み15分位は掛かります、休み途中下城の方と会話し愛知県の若い方、山城で人に会うのは珍しいが同好の方が居られる事は嬉しい事です。
 本曲輪には城門、柵列、建物、井楼櫓、入母屋の管理館、前後の狭間入り土塀、裏虎口、土塁の整備と大変良く出来ています、個々に解説板も設置、見晴らしも素晴らしい、登城日より数年後に成りますがNHK大河ドラマおんな城主直虎でロケ放映されてます。
 復元されて十数年経ってますが早く登城して居たらと悔やまれた次第でした。

 南尾根続きに堀切を隔てて二の曲輪、三の曲輪と有り三の曲輪と場外域との間には二重堀切が有り南へと続く尾根筋を遮断してる。

 写真を沢山取り過ぎたので、本曲輪まで、二の曲輪三の曲輪に分けて写真投稿します。

 

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 奥山定則
築城年 南北朝時代
主な改修者 武田氏
主な城主 奥山氏、武田氏
遺構 曲輪、土塁、堀切
指定文化財 市史跡(高根城跡)
再建造物 主殿、門、井楼櫓、塀、説明板
住所 静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方
問い合わせ先 浜松市役所生活文化部文化財課
問い合わせ先電話番号 053-457-2466