たかねじょう

高根城

静岡県浜松市

別名 : 久頭郷城、久頭合城
旧国名 : 遠江

投稿する
井楼櫓と主殿
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

ヒロケン

戦国の山城 (2022/07/16 訪問)

高根城は、標高420mの九頭合の山頂に位置し、南北朝時代、後醍醐天皇の孫尹良親王を守るためにこの地の豪族、奥山定則が築いたとされています。戦国時代、この地を治めていた今川義元公が桶狭間で討たれると、三河の徳川家康公や、甲斐の武田信玄公の勢力が及ぶところとなり、武田氏と徳川氏の争奪の地となりましたが、高根城主民部少輔貞益の時、信州遠山郷の遠山土佐守に攻められ落城しています。この頃、高根城は武田方の遠江侵攻の拠点として、大改修が行われたと考えられています。

現在の高根城は市指定史跡として、発掘調査をもとに復元整備が行われ、本曲輪には、井楼櫓・主殿(管理棟)・城門などが復元され戦国時代の山城が再現されています。

城びとの「日本100名城・続日本100名城に負けない名城」を見て、3回目の訪問を決めました。車を利用し、自宅から2時間ほどで行くことが出来、駐車場・トイレも完備されています。また、駐車場からの登山道もよく整備されています。そして何よりこれほど復元されているにも関わらず、無料なんです。(*^▽^*)
戦国時代の山城が忠実に復元され、自分が訪問した際は、朝靄がかかり今にも戦国の武者が出てきそうな感じで、戦国にふれた時間を過ごすことが出来ました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

おっちゃん

高根城概略図 (2017/10/15 訪問)

現地案内板より抜粋。

+ 続きを読む

イシテル

山奥にある戦国山城の再現 (2021/12/11 訪問)

高根城公園奥の遺構に戦国山城を再現。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」で井伊谷城としてロケ地となってます。
高さのある二重の堀切や土塁も綺麗に残されていて、城門、井楼櫓、城柵などが復元されています。
ここから水窪の街並みが一望でき、景観も最高でした。
麓の駐車場が判らず、案内板に従って林道を登ると高根城公園入口の駐車場に辿り着きました。
この時期は林道に落ち葉が多く、途中は少し怪しい感じでしたが、そこそこ広い駐車場に到着します。
麓の「みさくぼ路の里(観光案内所)」に」地元の新鮮な野菜など特産品を売っており、大きな椎茸は
香りも良くとても美味です。ここで2種類の御城印も購入しました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

Nabeppu

腰曲輪から見た本曲輪井楼櫓

とにかく狭いが、少ない人数でも効率良く守れるように良く出来た山城である。

+ 続きを読む

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 奥山定則
築城年 南北朝時代
主な改修者 武田氏
主な城主 奥山氏、武田氏
遺構 曲輪、土塁、堀切
指定文化財 市史跡(高根城跡)
再建造物 主殿、門、井楼櫓、塀、説明板
住所 静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方
問い合わせ先 浜松市役所生活文化部文化財課
問い合わせ先電話番号 053-457-2466