続日本100名城

おおがきじょう

大垣城

岐阜県大垣市

別名 : 巨鹿城(きょろくじょう)、麋城(びじょう)

投稿する
大垣城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

souun

出張帰りに寄り道 (2019/01/19 訪問)

大阪出張の帰りに寄り道しました。駅から徒歩7分ほど。大垣駅は駅ビルが改装中で、駅の売店で若干のお土産。コインロッカーが少なく空きがありませんでしたが、観光案内所で聞くと近くのレンタサイクルで荷物を預かってくれるとのことで、地図ももらいました。レンタルサイクルは、おじさんが店の奥の部屋で休んでいるので声をかけに行きます。預かりには300円かかります。大垣城は外見のみの復興天守なので、内部は変わった形に区切られています。大スクリーンでも説明がありますが、DVDルームにいくと何台も設置されたDVDで関ヶ原を時系列かつ東西の視点での解説が聞けます。但し見ると結構時間がかかります。又レプリカの槍、弓、鉄砲が持てます。あとは定番の展示。入場料100円は安い。100名城スタンプと通常のスタンプは入ってすぐ左です。お土産には通常のものの他、その場で書いてもらうわけではありませんが、ご朱印が追加されたようです。お城写真を撮ろうとすると、木が邪魔です。裏は公園になっており銅像もありますので、銅像入りで大垣城の写真も撮れますが、木やっぱりがじゃま。

+ 続きを読む

夏の雪だるま

関ヶ原の戦い西軍の城 (2016/09/20 訪問)

岐阜県大垣市の大垣城です。城は1535年宮川氏が築城したとも1500年竹腰氏が築城したとも言われ築城時は牛屋城と呼ばれ、本丸・二の丸に土居と堀を築いた平城とされます。尾張との国境に近く激しい攻防のため城主もめまぐるしく替わり、それとともに城は拡大改修されています。1595年伊藤祐盛が城主の時天守閣が築かれています。1600年関ヶ原の戦いでは西軍の石田三成が大軍を持って城の明け渡しを迫り、伊藤氏を退城させ西軍の本陣としています。三成は東軍の徳川軍が迫ると大垣城を出て関ヶ原に布陣。一方大垣城は福原長堯を守将とし熊谷、相良、秋月などの将が7千5百の兵で守備、これを東軍の水野勝成、松平、津軽など諸将が攻撃。三の丸を攻め落としたものの、15日に関ヶ原で勝敗が付いた後も、福原らが籠城を続けたため、水野氏は相良氏などへ裏切りを誘い、これに乗った相良氏らは福原氏を除く将達を軍議を名目に呼びたし謀殺。しかし、福原は本丸に籠城を続けたため、家康は長期戦を嫌い城兵の命を助ける条件により23日に城は降伏開城しています。しかし、守将の福原氏は剃髪となるものちに切腹となっています。その後も大垣城主は次々に替わり1635年戸田氏が10万石で城主となると明治維新まで続いています。四層四階建の天守閣は明治維新後も残り昭和11年には国宝に指名されますが、太平洋戦争の空襲で焼失、現在の天守閣は昭和34年に復元されたものです。城は本丸の南に二の丸、周囲に三の丸を配し、西は水門川、東は牛尾川を利用した外堀で城下町を包み、東西1.4km南北1kmの規模とされます。現在城は、大半が市街地となり、本丸・二の丸が大垣公園として整備され復元された天守閣、艮隅櫓、乾隅櫓などがあり、初代大垣藩主戸田氏鉄公騎馬像もあります。

+ 続きを読む

まーやん

関ヶ原を越えて大垣へ (2019/01/12 訪問)

この日、続100名城は2城で帰ろうと思っていたのに、欲が出て関ヶ原を通り越え大垣城まで行ってしまった😝
ここは氏家卜全が壮大な総構えとし、関ヶ原の合戦では石田方の本拠地となり、激しい攻防が繰り広げられた所。
一度行きたく思ってたら続100名城に‼️江戸時代は戸田氏11代が城主を務めた。
四重天守も展示もまあまあいい感じ。戸田氏鉄の銅像もカッコいい✨

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

SIN

続日本100名城 No.144 大垣城 (2018/12/02 訪問)

続100名城であり、今年が市制100周年、駅前の通りで元気ハツラツ市をやっている日に散策しました(^_^)

関ヶ原の戦いに伴って発生した大垣城の戦いの場所であり(西軍の部隊が関ヶ原へ移動して、そこを東軍が攻撃する)、江戸時代から明治にかけては尼崎から戸田氏が入り収めていましたφ(..)

郷土館が近くにあったので一緒に見学を…、ハツラツ市の関係で城・郷土館の共通券が75円でした(゚Д゚;)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

城地種類 平城
築城年代 天文4年(1535)?
築城者 宮川安定?
主要城主 氏家氏、池田氏、羽柴氏、伊藤氏、戸田氏
文化財史跡区分 市指定史跡
近年の主な復元・整備 天守を外観復元(昭和34年〔1959〕RC造再建、平成22年〔2010〕改修)、艮櫓を再建(昭和34年〔1959〕)RC造再建、乾櫓を復興(昭和41年〔1966〕)RC造再建、西門を模擬再建(昭和60年〔1985〕)、東門を移築(昭和34年〔1959〕戸田家別邸の正門となっていた旧内柳門を転用)
主な関連施設 大垣城
主な遺構 石垣の一部
住所 岐阜県大垣市郭町2-52
問い合わせ先 大垣市教育委員会事務局文化振興課
問い合わせ先電話番号 0584-47-8067