あらとじょう

荒砥城

長野県千曲市

別名 : 新砥城、山田城
旧国名 : 信濃

投稿する
本郭より二の郭を見る
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カズサン

TVドラマでよく使われてる (2016/03/21 訪問)

 南信濃の鈴岡城、松尾城を終えて北上、中央道、長野道経由して荒砥城初登城。
 以前佐久、小諸、上田の城廻りで麓の上山田温泉に宿泊したのですがその頃は山城に余り注目して無く麓から眺めるだけでパスしてました、見覚えのある上山田温泉街を突き進み山上の道へ急ですが舗装されてる道を登る、車は案内所下の専用駐車場へ,、入場料300円。
 荒砥城は千曲市城山史跡公園として復元整備されたてます、案内パンフレットによると山頂に本郭(館、展望台)、二の郭(兵舎、櫓)、三の郭、四の郭(案内所)の連郭式に造られてる。
 荒砥城の歴史は村上氏の一族山田氏の築城、武田氏との抗争で滅亡、川中島の戦いを経て上杉氏へ海津城の副将であった屋代氏が上杉氏に背き荒砥城に立て篭もり上杉氏に攻撃され落城し廃城、屋代氏は徳川を頼り落ち延びる。

 山頂展望台の眺めは素晴らしい景観です。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

ヨッシー

趣のある城 (2016/10/10 訪問)

大河ドラマの撮影で使用された場所で、風情があり好きな城です。
また、櫓からの景色も絶景です。
オススメです。

+ 続きを読む

橋吉

荒砥城 (2009/09/22 訪問)

荒砥城(あらとじょう)は、長野県千曲市にあった山城です。
幾たびか合戦の舞台になり城主も交代しています。村上氏→武田氏→上杉氏と盟主も変えてきたようです。
最後の城主である屋代秀正は、上杉の傘下であったにもかかわらず徳川に内通したため、上杉川に攻められ敗走しました。これにより廃城となりました。

千曲市の戸倉上山田温泉街のメインロードを西に進むと登り口に到着します。
けっこうな急坂を登っていきますが、道幅は観光バスも通行できるくらい広いので安心です。

案内所まで舗装された山道を登っていきます。

案内所で入場料は支払います。トイレはこれより上にはありませんのでここで済ませていきましょう。
さらにしばらく上り坂を登ります。

帰るとき、腰の曲がったおばあちゃんが「止まらない!止まらない!」と叫んで孫娘にしがみついておりました。足腰が弱って踏ん張りがきかなかったみたいです。登りよりも下りに注意が必要かも知れません。

この城は下から「三の郭」「二の郭」「本郭」といった構造になっています。三の郭には復元された建物はありません。

荒砥城跡は、2007年大河ドラマ『風林火山』において、武田晴信(信玄)の初陣となった海ノ口城攻防戦のロケ地として使われました(このときは海ノ口城と見立てていました)。

+ 続きを読む

にのまる

絶景 (2018/11/24 訪問)

麓の温泉街からの散歩にちょうどいいか、ちょっときついか、人によってはかなりきついか…ぐらいの山頂です。舗装されているので、凍結しない限りは大丈夫そうです。
「中腹にある歴史館、見てくるといいよ」とか「あそこの神社はご利益あるよ」とか言われていたので、わりと楽しみにしていたのですが、歴史館は閉まっていて、神社のご利益は私には不要でした(気になる方は検索してみてください)。「動植物遊園」の遺構もあり、かつては賑やかな行楽地だったんだろうなぁと想像できました。山頂までのロープウェーもあったようです。
そんな中、ロケ地荒砥城、結構な人出で、観光スポットとして頑張っていました。晴れていたので千曲川の絶景も拝めました。長野らしい石積みも楽しめました。
「戦略上の重要拠点の一つ」という言葉がよく似合う城址でした。
♪ヘビにはお会いしませんでした。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 連郭式山城
築城主 山田二郎?
築城年 室町時代
主な改修者 山田氏
主な城主 山田氏、屋代氏
廃城年 天正11年(1583)
遺構 曲輪、土塁、横堀(空堀)
指定文化財 市史跡(荒砥城跡群)
再建造物 館、見張り台、兵舎、門、柵、石碑
住所 長野県千曲市上山田3509-1
問い合わせ先 千曲市役所教育部文化課
問い合わせ先電話番号 026-275-0004