続日本100名城

しんぷじょう

新府城

山梨県韮崎市

別名 : 韮崎城、韮崎館

投稿する
新府城
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

まっぴー

武田氏の築城技術の結晶 新府城🏯 (2020/06/21 訪問)

遺構度→★★★★★ 復元度→★★★☆☆
施設充実度→★★★☆☆ お勧め度→★★★★★

武田勝頼が武田氏最後の居城として築城した新府城に行ってきました!

新府城は天正3年(1575年)5月21日の長篠の戦いにおいて、武田方は織田・徳川連合軍に大敗したことで、長篠敗戦後に領国支配を強化するために勝頼によって築かれました。
築城は天正9年(1581年)から開始され、年末には勝頼が躑躅ヶ崎館から新府城へ移住しました。
しかし、天正10年(1582年)、岩殿城に移るために新府城に火をかけました。
武田氏が滅亡した後も織田氏や徳川氏により、城は利用されたものの、甲府城が出来ると、新府城は廃城になりました。

遺構は主に丸、堀、馬出、枡形、東・西出構、井戸跡などが残っています。
特に出構と枡形が素晴らしく、はっきりと残っているのはもちろん、武田氏の威厳を見せつけるようにダイナミックです。

枡形は土で盛って作られており、当時は最新技術であろう枡形を取り入れる点もすごいと思います。(もしかしたら勝頼も新しいものには目がなかったのかもしれません。)
出構は外郭から突出しており、土盛は高く、大きく、とても立派です。実戦を想像して作られており、他の城では見たことのない遺構だったため、とても興奮しました!
また、土塁や堀なども残っています。土塁はあちらこちらにあり、城を守ることにおいての機能性も高く、もし長篠の戦いで負けた後、新府城に籠城していたら...と思ってしまうような機能性の高さは必見です!

本丸には碑と、勝頼の霊社、長篠の戦いで討ち死にしてしまった武将達の名前が書いてある碑があります。
武田の顔とも言える有名な猛将達の名前が書いてある碑を見ていると、勝手に拝んでしまっていました。

スタンプは韮崎市民俗資料館に設置されています。
駐車場もしっかりと完備されており、僕の所要時間は大体1時間30分くらいでした。
ヘビに遭遇したので山城に行くときの格好で行くことをお勧めします。

武田氏の思い、そして築城技術が詰まった素晴らしい城郭で、遺構も楽しむことが出来ます。
お勧めです!皆さんも是非来てみてください!

+ 続きを読む

三浦の晃ちゃん

麓まで (2020/08/21 訪問)

ここも、ハイキングのように、歩かなければ、たどり着けない城だと、思います。連れの足が悪いので、登山口まで、行きました。

+ 続きを読む

【4城目】 (2020/06/12 訪問)

韮崎駅に、09:46に到着。駅前のタクシー乗り場から「韮崎市民俗資料館」を目指す。
運転手さんに「押印後急いで駅に戻りたいが、現地で待機していてもらえるか」と相談すると「いいですよ」との返事。
現地まで5分弱。資料館に着くと、入り口は解放されており、入って右側の台にスタンプが置いてあることを確認。館内には人気もない。
焦って押印したので、誤って「要害山城」の欄に押印してしまう。再度確認し所定の位置にも押印した。
急いで待機させていたタクシーに戻り、韮崎駅を目指す。
料金は1,730円で、コロナ禍の前は利用者も多かったとのこと。
韮崎駅到着は10:05だった。10:32発の各駅停車で甲府を目指し、甲府で特急に乗り換えて新宿に戻ることを予定していたが、予定の一本前の10:11発の「あずさ16号」に乗れることに。
結果的には、倒木の影響で、あずさの到着が9分遅延していたので、暑い中ホーム上でボーっと電車が来るのを待つことに。
スタンプの状況:★★★★☆
公共交通機関の便利さ:★★★☆☆
現地滞在時間: 5分

+ 続きを読む

にのまる

新府城麓の恩昌寺にて思い浮かんだことなど。 (2020/03/18 訪問)

新府駅での電車の待ち時間に、【武田姫の墓】のある恩昌寺を訪ねました。
由緒記には「開基武田勝頼公息女、天正九年開闢」と。
天正九年といえば新府城築城・移転の年。(つまり滅亡前年。)
勝頼公息女とは長女の紅映林葉大姉のことで、同じ年に三女が武田典厩信豊の嫡男と婚姻関係を結んでいます。(小山田信茂も絡まっている。)※参考文献はマイバイブル『武田氏滅亡』平山優著。
 …この年の武田家の動きから、姫たちについて、もういろいろな想像が脳内を駆け巡っています。7児の父、勝頼公の優しさと無念さを織り込んだ私の妄想物語を聞いてほしい‼︎…けど、まだ無理だなぁ。好きなことを語り合える日はいつ来るのか。。。

+ 続きを読む

城郭情報

城地種類 平山城
築城年代 天正9年(1581)
築城者 武田勝頼
主要城主 武田氏          
文化財史跡区分 国指定史跡
近年の主な復元・整備 乾門(搦手)の土塁および門の礎石などを復元。出構、井戸跡の整備
主な関連施設 韮崎市民俗資料館
主な遺構 本丸、二の丸、三の丸、堀、馬出、枡形、東出構、西出構
住所 山梨県韮崎市中田町中条字城山他
問い合わせ先 韮崎市教育委員会教育課文化財担当 
問い合わせ先電話番号 0551-22-1111