おざわじょう

小沢城

神奈川県川崎市

別名 : 天神山城
旧国名 : 武蔵

投稿する
中腹だけど多分主郭
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

にのまる

よみうりランドの観覧車から俯瞰してみたい。 (2019/05/06 訪問)

枡形城とセット攻城した小沢城。
城主一族もこの2城を行ったり来たりしているので、馬か籠で移動したら空想の世界が広がりそうでしたが手配できなかったので電車移動しました。

昨年行った時には東の端から南の端へ駆け抜けたので、今回は逆から行こうと歩いていると別の登城口がありました。小沢城があるのはブーメラン型の山の中なのですが、丁度その中間あたりでメインの曲輪に直行できる登城口でした。スルーするのもなんかアレだったので入っていくと空堀があって、すぐに曲輪群(小さめの曲輪が何段にも巡らされている)とその上の物見台に到着。
そこから自然遊歩道を西に進むと石碑群があります。
前回素通りした井戸跡(解説の文字が消えています)をチェックして、天神坂を下り左に折れるとランド坂(ジャイアンツVロード)に出ますが、まだ帰りたくなかったので再び山の中に戻り、穴澤天神社へ。
ここからの登城口、なかなか笑えます(^_^;)

2回の訪城で計5か所(写真⑥〜⑩)の登城口を見つけましたが、約2キロの自然遊歩道(城域以外も含まれる)を端から端まで歩き通すコースが疲労感と共に良き思い出になるのではないかと思います。(戻るのが大変ですが。)

「お城を探す」の地図を見るとよくわかりますが、交通の要衝であった多摩川の西側のこの辺りにはお城が密集しており、鎌倉時代から戦国時代にかけての数多の戦いに関連する地であったことが理解できます。遺構があるところは少ないですが、実際に訪れると長く記憶に留めることができますし、訪問した複数のお城が頭の中で繋がった瞬間の嬉しさは格別です。

ちなみに小沢城は川崎市(神奈川県)ですが、穴澤天神社から稲田堤駅に向かって歩くと稲城市(東京都)との境界があり「ぴょ〜ん」ができます。
小沢城自体が両自治体にまたがっており、知らないうちにぴょんぴょんしているのではないかとも思いますが。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

チェブ

ホー、ホケキョ!よみうりV通り。 (2019/04/29 訪問)

神奈川県 の「小沢城」です。
源 頼朝さんの家臣 稲毛 重成さんの息子、小沢 小太郎さんの居城です。
新田 義貞公の分倍河原合戦。
北条 早雲VS山内上杉氏。
北条 氏康公の初陣、小沢原合戦など「小沢城」もたくさん戦ってきました!
京王相模原線のよみうりランド駅から、よみうりV通りをグネ~っと坂を上がります。
その途中に「小沢城」の入口があります。
車は駅前にコインパーキングがありますので、そちらへ。そこから徒歩が良い選択です。
私、近くまで車で向かいましたが駐車できそうで、できない場所ばかりです。
ズルはいけません!
振り出しに戻ります。駅から歩きます。
「小沢城」入口は小さかったのですが、散策路もある緑地です。
曲輪や物見台がありました。(私は説明がなければ分かりませんでした)
4月の終わり、ウグイスがホー、ホケキョと鳴いてます。
ケキョケョケョケョ~と大フィーバーしていました。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

くろもり

相模の獅子初陣の城? (2013/09/14 訪問)

京王よみうりランド駅の東にある穴澤神社から登城しました。穴澤神社側の登城道は、旧城主の小沢重政公も通っていたとされる道で、雰囲気はありましたが、蜘蛛の巣が多かったので、晩秋から冬の登城の方が良さそうです。靴も滑りにくい物がいいと思います。

相模の獅子こと北条氏康が扇谷上杉氏を破り初陣を飾った小沢原の戦いで、北条氏康の陣城だった可能性が高いと言われている城なので、後北条氏の好きな方にお勧めです。

遺構は堀や伝・馬場や伝・物見台等の見所があり、城山から北の景色は多摩川を抑える眺望で、後北条氏が扇谷上杉氏を監視していたであろう往時の雰囲気を味わうことができました。個人的には城址に所々置かれた説明板が印象に残っています。小沢城址里山の会の語り部・宮崎翁(今もご健在なら94歳のはず)の実際に城山を見て来た昭和初期の話や、翁が聞き伝えている明治頃の城址の話等、地元に昔から住んでいないと知らない話ばかりで興味深いものでした。

小沢城址の隣が読売ジャイアンツの練習場なので、読売ランド駅から練習場までの坂道は「巨人への道」と呼ばれており、こちら側からも小沢城へ行けたと記憶していますので、巨人ファンの方はどうぞ。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

にのまる

こんなところにー⁉︎って感じでした。 (2018/02/20 訪問)

予定が早く終わった平日の午後に、近場でサクッと行けそうな気がしたので行ってみました。
結果的に、小さいけれど山越えをしたみたいです。
入ったところと違うところに出てしまったので命綱のナビタイムくんに帰り道を聞いたら「山道を戻って帰れ。」と言われてしまいました。冗談じゃない😤と思って山を見上げると(これを左手に巻きながら行くと帰れるんじゃないか?)という気がしてきたので、ナビくんに逆らって帰りました。無事に帰れました。よかったです。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 稲毛重成
築城年 平安時代後期
主な改修者 後北条氏
主な城主 小沢氏、後北条氏
遺構 曲輪、横堀(空堀)、堀切、土塁、井戸、物見台
再建造物 石碑、説明板
住所 神奈川県川崎市多摩区菅仙谷1-4
問い合わせ先 川崎市市民・こども局市民文化室
問い合わせ先電話番号 044-200-2029