あぶずりじょう

鐙摺城

神奈川県三浦郡

別名 : 軍見山、旗立山
旧国名 : 相模

投稿する
旗立山解説
口コミ・画像を投稿する

みんなの写真投稿

投稿する

みんなの口コミ

投稿する

カルビン

頼朝、またお前か~ (2016/06/04 訪問)

2016年には近場のお城は有る程度行き尽した感があって、主に神社仏閣巡りの方にウエイトを置いてまして。
そんな中鎌倉訪問した際に、近場に字の読めないお城があったのを思い出して行ってみました。

鎌倉駅よりJR線で逗子駅に行き、そこからちょっと距離ありますが徒歩で30分程で葉山アリーナに到着。
交差点から海岸線ではない道を少し入った、脇にある怪しい階段の先に鐙摺(あぶずり)城があります。
(解説がありますが、そこには史跡・旗立山とあります)

実際の鐙摺城の城域はこの小山を含めた海岸とは逆方向・道を挟んだ山側になりますが、こちらには立ち入る事が出来ず、遺構も残っていないとの事でしたので、この旗立山が今残っている鐙摺城の全てと言う事になりそうです。

旗立山には遺構は曲輪しかありません(もしかしたらそこまで登る道の途中に遺構があるor過去にはあった・・・かも)が、代わりに平家に従っていた伊東祐親の供養塚があります。


伊東祐親は三女を当時平家の罪人扱いだった源頼朝に寝取られ、敵対した挙句に征夷大将軍になった頼朝に斬首させられます。

また頼朝の小者っぷりを現す解説が・・・どうも源頼朝のエピソード見る度、なんでこんな器の小さい人間がここまで偉くなれたんだろう?と不思議でなりません(-"-;)

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

青春の巨匠

葉山マリーナの隣 (2018/04/30 訪問)

マリンスポーツを楽しむ人達が山程いる中で、一人で藪の中をウロウロすることが抵抗ある方には、冬に来られることをお勧めします。

+ 続きを読む

+ すべての写真を見る

城郭情報

分類・構造 山城
築城主 三浦氏
築城年 平安時代後期
主な城主 三浦氏
遺構 曲輪、土塁
指定文化財 町史跡
再建造物 説明板
住所 神奈川県三浦郡葉山町堀内